JR西日本、訪日客向けインターネット予約サービスを開始

JR西日本、訪日客向けインターネット予約サービスを開始

より便利で快適な旅を提供

2018年12月19日、西日本旅客鉄道株式会社は、訪日客が、海外からインターネットを通じて、訪日客向け専用商品を含むJRのきっぷを購入し、日本到着後には、みどりの券売機などできっぷを受け取れるサービス(以下、同サービス)を、2019年春から開始します。

同サービスは、訪日客が増加する中、より便利で快適な旅を提供することを目指したものです。

インターネット予約サービス

インターネット予約サービス

インターネット予約サービスの概要

同サービスの予約可能なエリアは、新幹線が北陸新幹線、東海道・山陽新幹線、九州新幹線、上越新幹線、東北新幹線(一部区間のみ)、特急がJR西日本、四国、九州、東海エリアと東日本一部エリアの在来特急で、取り扱い商品はサービスエリア内の通常のきっぷ(指定席・自由席)と、JR-WEST RAIL PASS、ICOCA&はるか、大阪・東京「北陸アーチパス」などの訪日客向け専用商品です。

また、同サービスは、英語・中国語(簡体字、繁体字)・韓国語に対応しており、決済手段は予約時のクレジットカード決済で、自由席タイプの商品については日本到着後に一部の駅でも支払い可能です。

受け取り箇所は、JR西日本・四国・九州において5489サービスの表示のあるみどりの券売機やみどりの窓口、JR東海において5489サービスの表示のある指定席券売機ときっぷ売り場、およびJR東日本の訪日旅行センター(東京駅、新宿駅、池袋駅、渋谷駅、上野駅、浜松町駅、東京モノレール羽田空港国際線ビル駅、成田空港駅、空港第2ビル駅)になります。

なお、同サービスの開始時期は、通常のきっぷ(指定席・自由席)が2019年3月、JR-WEST RAIL PASSなどの訪日客向け専用商品が2019年5月の予定で、JR東海では2019年4月からきっぷの乗車区間に東海エリアを含む予約の受け取りが可能となり、JR西日本ネット予約e5489も同様に受け取りが可能になります。

ただし、訪日客向け専用商品をみどりの券売機で受け取る際は、同社のパスポートリーダーの設置された券売機に限り、ICOCA&はるかなど一部商品はみどりの窓口での受け取りに限ります。

(画像はJR西日本公式ホームページより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

JR西日本 ニュースリリース
https://www.westjr.co.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!