JR西日本とパナソニック、大阪駅に立体的なナビゲーションシステムを導入

JR西日本とパナソニック、大阪駅に立体的なナビゲーションシステムを導入

快適な道案内を提供

2019年2月20日、西日本旅客鉄道株式会社とパナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社は、大阪駅・大阪ステーションシティ(以下、OSC)内に、スマートフォンによる立体的なナビゲーションシステム(以下、同システム)を、2019年3月中旬~末に導入すると発表しました。

従来は、GPS電波の届かない駅構内や地下などの屋内では、スマホ利用者の正確な位置を測定できないため、目的地までの案内ができないという課題がありました。

同システムを導入することにより、GPS電波が届かない地下エリアでも、目的地までのルートをスマートフォン上にAR(Augmented Reality)による「動く矢印」で描写し、国内外の旅行客に対する快適な道案内を提供できます。

立体的なナビゲーションシステム

立体的なナビゲーションシステム

立体的なナビゲーションシステムの概要

同システムは、パナソニック株式会社の可視光通信技術「LinkRay」を採用し、デジタルサイネージや導光板などのLED光源から送信される可視光のID信号をスマートフォンで受信して、情報を素早く入手できる、「ARナビゲーション」です。

同システムは、スマホ利用者の正確な位置を測定し、目的地までのルートをカメラ画面上で立体的にAR表示し、階段やエスカレータなどの高さの違いも表現でき、複数フロアーを経由するルートにも対応可能なため、スマホ利用者をスムーズに目的地まで誘導します。

OSC内では、専用のアプリケーション「OSAKA UMEDA ARナビ」(以下、同アプリ)により、OSC内9箇所に設置予定の専用筐体から発光される「LinkRay」の光をスマートフォンで読み取り、大阪駅・梅田エリアの主要施設・33箇所へ、立体的なナビゲーションで案内します。

また、同アプリは、日本語、英語、中国語、韓国語に対応する予定です。

(画像はプレスリリースより)

顧客満足度を上げる!旅ナカに有効なインバウンド対応を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「バイリンガル採用・派遣」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

パナソニック プレスリリース
https://news.panasonic.com/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。