【DMO】とやま観光推進機構とは?データ活用・地方創生・インバウンド誘致の取り組みとは

【DMO】とやま観光推進機構とは?データ活用・地方創生・インバウンド誘致の取り組みとは

地域連携DMOである公益社団法人とやま観光推進機構。観光客誘致やインバウンド誘致など、富山県全域の観光推進を担う組織です。

富山の食文化を活用した観光客誘致や、観光客向けスマートフォンアプリの開発など、様々な取り組みを行っています。

日本国内だけでなく海外からの観光客誘致を目指すインバウンド対策も積極的に行っており、外国人観光客向けのサービスにも積極的に取り組んでいます。

今回はそんな公益社団法人とやま観光推進機構の地方誘致やインバウンド誘致の取り組みについて詳しく見ていきます。


とやま観光推進機構とは?

とやま観光推進機構とはどのような組織なのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

とやま観光推進機構について

公益社団法人とやま観光推進機構は、2016年5月に登録された地域連携DMOです。地域連携DMOとは、複数の地方公共団体を一体とした観光地域づくり組織のことで、とやま観光推進機構は日本版DMO候補法人として登録されました。

富山県全域を対象区域都市マーケティング、マネジメントを行い、2017年2月時点では富山県を対象区域とする唯一のDMO組織です。

旅行者データベースを活用して観光客のニーズを把握

とやま観光推進機構は、公立大学法人富山県立大学と共同でICTを活用した旅行者データベースの構築・分析に関する研究を行っています。

具体的には、富山県内に宿泊する観光客を対象としたウェブアンケート調査を実施、さらにGPSアプリを開発し、観光客の移動経路を把握する取り組みを行っています。

ブランドブックや観光客向けアプリ「Discover TOYAMA」で集客率アップへ

とやま観光推進機構は、ブランドブックや観光客向けアプリ「Discover TOYAMA」を利用して、観光客の集客率アップを目指しています。

富山県の食のブランドブック「富山delicious」発行近年フードツーリズムに注目

「食」や「食文化」そのものを観光アトラクションとし、旅行中の食体験をSNSなどを通じて発信し、情報を共有し合うなど「食」との結びつきが強いのが特徴です。

富山県の観光といえば「食」というイメージが全国的にも広がっており、富山での美味しい食事を目当てに訪れる観光客も多くいます。

これらを背景に富山県では富山県の食のブランドブック「富山delicious」を発行し、東京都内のアンテナショップや都営地下鉄線など首都圏や関西、東海、北陸などで無料配布しています。

富士通と共同開発の観光客向けアプリ「Discover TOYAMA」の提供をスタート

とやま観光推進機構は、富山県立大学と富士通株式会社と共同で「Discover TOYAMA」を開発しました。

「Discover TOYAMA」は富山県を訪れる観光客向けのスマートフォンアプリです。

ダウンロード時に観光客の情報を入力する仕様となっていて、それらの情報やGPSでの位置情報 、日時の情報などをもとに場所やタイミングに合わせて、割引クーポンや観光情報などを観光客に提供するアプリです。

「食の街 魚津」ブランド化へ

とやま観光推進機構と魚津市は、「魚津の食磨き上げ支援プロジェクト」を進めることで、「食の街 魚津」のブランド化を測る取り組みを行っています。

魚津市の食は一般の旅行者にあまり知られてはいませんが、食に関するポテンシャルが高く、富山県の中でも特に美味しい食材が揃う街です。

そこで、「食の街 魚津」のブランド化の推進に取り組むことになりました。 

多言語にも対応!とやま観光推進機構が取り組むインバウンド対策

とやま観光推進機構は様々なインバウンド対策を行って外国人観光客誘致に取り組んでいます。

「富山×飛騨 新周遊ルートツアー」を運行

富山や飛騨地域では、手軽に広域観光ができる周遊バス「富山×飛騨 新周遊ルートツアー」が運行しています。

富山と高山の間を結ぶ三つのツアーが毎日運行されている同ツアーは、バスで効率よく観光地を巡ることができるため、初めて富山を観光する人や、広い範囲の様々な観光地へ行ってみたいという人におすすめのツアーです。

また、出発地と到着地が異なることから「北陸から飛騨」「飛騨から北陸」 に向かう移動手段として観光しながら移動することができます。

多言語対応のホームページ「とやま観光ナビ」で地域の魅力をPR

富山県の観光情報を発信する「とやま観光ナビ」では、他言語対応することで外国人にも富山県の情報を発信し魅力を伝えるインバウンド対策を行っています。

とやま観光ナビは富山県の観光スポットやグルメ、 イベント情報やモデルコースなど様々な情報を発信しています。

それらの情報を全て英語・中国語・タイ語など6ヶ国語に対応させることで、世界中に富山県の情報を発信することができるのです。

まとめ:富山の観光を促進しブランドを確立 

とやま観光推進機構は、スマートフォンのアプリの開発や周遊ルートツアーの運行、食のブランドブック「Discover TOYAMA」の発行など、日本国内のみならず海外へ向けて様々な観光客誘致の取り組みを行っています。

さらにおもてなしタクシードライバーの養成外国人対応サービスの人材育成など、多方面から様々な取り組みを行うことによって観光促進を目指しています。

日本国内からの観光客の呼び込みはもちろんのこと、外国人観光客の満足度をアップさせることができれば、リピーターの増加へとつながり、SNSなどでの情報の拡散も見込まれ、結果として世界中へ富山県の情報が発信されることへとつながっていくでしょう。

外国人観光客誘致によるインバウンド対策は、地域経済の活性化や地方創生に繋がっていくのです。


<参照>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!