訪日外国人に人気の体験ツアー3選とガイドマッチングサービス | インバウンドはモノ消費からコト消費へ

訪日外国人に人気の体験ツアー3選とガイドマッチングサービス | インバウンドはモノ消費からコト消費へ

近年、訪日外国人の消費傾向は、「爆買い」を代表とする商品に価値を見出す「モノ消費」から体験型観光やツアーといったような体験に価値を見出す「コト消費」に傾向がかわってきました。

そこでこの記事では、コト消費に焦点をあてた具体的なツアーやサービスを紹介しながらインバウンド対策を考えていきます。


インバウンド需要はモノ消費からコト消費に変化

訪日外国人の消費傾向は、「モノ消費」から「コト消費」へと移り変わってきています。ここでは「モノ消費」「コト消費」というキーワードについて今一度確認しましょう。

そもそもモノ消費・コト消費とは?

「モノ消費」とは「商品(モノ)」に価値を見出して消費することを言い、いわゆる中国人の爆買いはこのモノ消費にはいります。

一方で近年注目されている「コト消費」とは、商品やサービスを購入してそこから得られる体験や感動に価値を見出す消費のことを言います。具体的には、日本旅館に宿泊したり、お寺巡りや、イベントへの参加などです。一般的にその場所、その時間でしか体験することができないようなものにお金を使うという傾向があります。

「コト消費」については下記の記事をご覧ください。

モノ消費から「コト消費」に変化するインバウンド/理由と対策は?

訪日外国人観光客の数は年々右肩上がりに増加しており、飲食業界や旅行業界など多くの業界でもインバウンド対策をおこなっています。数年前にブームとなった訪日中国人による爆買いは落ち着きをみせ、訪日外国人観光客の消費行動は、「モノ消費」から「コト消費」へと変わりはじめています。そこで今回は、インバウンドの需要が「モノ消費」から「コト消費」へと変化した理由と今後の対策について紹介していきます。コト消費とは?インバウンド市場において、近年注目されるようになった「コト消費」とは、商品やサービスから得られ...

訪日リピーターは体験型コト消費が人気

コト消費の中でも特に人気なのが「純粋体験型コト消費」です。

純粋体験型コト消費はリゾートホテルや温泉旅館への宿泊、スキー・スノーボードなどのアクティビティといった、そこでしか味わえない特別な体験をすることです。他にもアニメやドラマ・映画などのロケ地をめぐる「聖地巡礼」や、お寺や神社に泊まって修行体験をする「宿坊」が人気です。

「純粋体験型コト消費」やその他コト消費の7つの分類やコト消費についてはこちらの記事を参考にしてください。

「モノ消費からコト消費へ」インバウンド市場の変化

訪日外国人観光客の数は年々右肩上がりに増加しており、飲食業界や旅行業界など多くの業界でもインバウンド対策をおこなっているはずです。数年前にブームとなった訪日中国人による爆買いムーブは落ち着きを見せ、訪日外国人観光客の消費行動は、「モノ消費」から「コト消費」へと変わりはじめています。そこで今回は、インバウンドの需要が「モノ消費」から「コト消費」の変わった理由と今後の対策について、今一度お話しましょう。インバウンド対策なにから始めたら良いかわからない?訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポ...


外国人観光客に人気の体験ツアー厳選3選

1. ゲームの世界観を堪能できる「マリカー」(東京都)

外国人観光客に人気の体験ツアーに、通称「マリカー」と呼ばれる公道用のカートで走行できるツアーがあります。

ゲームキャラクターの衣装を身に付けて小型カートに乗り都内の観光スポットを巡るツアーは、SNS映えや話題性があることなどから非常に人気です。

なぜ「マリカー」は訪日客を惹きつけるのか?東京の街を疾走するマリカー 体験してわかったインバウンドに刺さる理由【現地レポート】

観光庁が発表をしている「訪日外国人の一人あたりにおける消費動向調査」を見てみると、2015年〜2017年で、買物費目の消費額が7万4千円から5万7千円へと縮小しています。近年、円高も相まって訪日外国人がモノを買うことが少なくなり、それにともない、体験や宿泊にお金を使う傾向に変わってきています。このような、いわゆる「コト消費」が加速しつつあるなかで、変わった体験ができるツアーを体験する訪日外国人が増えてきています。その中の一つとして、訪日外国人から話題を呼んでいるのが「マリカー」です。今回、...


2. 日本の料理作りを体験できる「ユカズ ジャパニーズ クッキング」(東京都)

日本の「和食」は世界的にも評価が高く、非常に人気の料理です。

そんな和食や日本料理を作ることができるできるのが「YUCa’s Japanese Cooking Class」という料理教室です。

日本の家庭料理やラーメン、餃子、お好み焼き、弁当、寿司など様々なクラスを英語で受けることができる人気の体験教室です。

3. タクシーで観光名所を巡るツアー「MKタクシー」(京都)

京都では、タクシーで観光スポットをめぐる周遊ツアーが人気を集めています。

「MKタクシー」が提供する周遊ツアーでは、京都の観光地をよく知るドライバーが英語で京都の町をガイドします。京都の観光地を効率よくまわることができ、電車やバスなどと比べ乗り換えや路線の選択などがないので快適に観光できます。

訪日外国人のなかには荷物が多かったり、子ども連れだったりとさまざまな利用客がいますが、顧客の状況や希望にあわせて利用車種を変えるなどの柔軟な対応も人気の理由です。

なぜMKタクシーは訪日客からも愛されるのか:インバウンド需要にこたえて英語・中国語ドライバーを育成

インバウンド業界では、二次交通手段としてタクシーが注目されています。しかしながら、費用が高いため訪日外国人のタクシー利用は6割にとどまっているというデータもあります。一方、費用がかかっても、快適な移動手段を希望する訪日外国人もいます。そのような需要に応えようと英語ドライバーを育成するなどの取り組みをしている「MKタクシー」で知られ、京都に本社を構えるエムケイ株式会社(以下、MKタクシー)にお話を伺いました。インバウンド受け入れ環境整備の資料を無料でダウンロードする「翻訳・多言語化」の資料を...


地方の魅力発信に!おすすめの訪日外国人向けガイドマッチングサービスを紹介

日本人ガイドとインバウンドをつなぐ「travee」

2018年1月の法改正によって今まで通訳案内士の資格を持つ人しかできなかったガイド業務が、資格を持っていない人でも行えるようになりました。

そこで、地方の魅力を発信するのに、日本人ガイドと外国人観光客をマッチングするサービスとして「travee」が登場しました。

このサービスは通訳ガイドを探している訪日外国人観光客と日本在住の通訳ガイドをマッチングしてくれます。地方の魅力を発信したいという人はこのようなサービスを利用して積極的に海外に発信していくというのも良いのではないでしょうか。

なお、残念ながら「travee」は2019年2月28日をもってサイト閉鎖・サービス終了しています。

訪日外国人と地元の通訳ガイドをマッチング?

2018年1月4日に改正通訳案内士法が施行されました。 これにより国家資格を持たない一般人でも訪日外国人観光客向けに有料で通訳ガイドができるようになりました。大手旅行代理店のH.I.S.では、改正通訳案内士法の施行に乗じて新たな取り組み始めるようです。インバウンド受け入れ環境整備の資料を無料でダウンロードする「翻訳・多言語化」の資料を無料でダウンロードする「多言語サイト制作」の資料を無料でダウンロードする「多言語化表示サービス」の資料を無料でダウンロードする「テレビ電話型通訳サービス」の資...


旅行客の要望に合わせたプランを提案してくれる「トリップパートナー」

訪日外国人観光客が急増しており観光ガイドが不足しています。

「トリップパートナー」訪日外国人が訪日する目的や場所、期間に合わせて、ガイドが作った地域の魅力を体験できる体験プランを選んで地元を案内してもらうサービスです。

こちらも地域の魅力を発信できるとてもいい機会になるのではないでしょうか。

まとめ:日々変化する外国人観光客のニーズに対応

近年訪日外国人の消費は「モノ消費」から「コト消費」へと傾向が移り変わってきており、特に「純粋体験型コト消費」が人気で地方の日本ならではの体験型観光の人気が高まってきています。

今後は体験型の観光プランの作成やプロモーションをきちんと行っていくことが非常に重要になるでしょう。

<参照>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!