“0 分”会計を実現!?「Putmenu」が「WeChat Pay」と連携

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる


利便性の高い新しい決済手段に対応

プットメニュー株式会社は、4月10日、モバイルオーダーシステム「Putmenu」が、QRコードを使うことなく、「WeChat Pay」にて決済できる「新しい決済手段」に対応したことを発表しました。

「Putmenu」×「WeChat Pay」

「Putmenu」×「WeChat Pay」

インバウンド対策とキャッシュレス対策を同時に解決

モバイルオーダーシステム「Putmenu」は、注文、会計時間ともに“0 分”を実現した多言語対応のシステム。利用者は、スマートフォンにPutmenuアプリをダウンロードするだけでよく、会員登録は不要です。

一方、「WeChat Pay」は、多くの中国人が利用している電子決済サービス。これまで「WeChat Pay」を利用する際には、WeChatアプリを起動し、QRコードを提示する等の必要があったことから、レジやカウンターの業務自体は、クレジットカード決済時と同様に不可欠でした。

しかし、今回、両アプリが連携。利用者は、Putmenuアプリで商品を選択し、支払い方法に「WeChat Pay」を選択するだけで、決済完了となったことで、支払いのためにレジに行く、あるいは注文のために店員を呼ぶことは不要となりました。

同社は今後も、既成概念に捉われない先進的な取り組みを通じ、サービスの向上を目指す方針です。

※記載の会社名・団体名・製品名およびサービス名は、それぞれの会社・団体の商標もしくは登録商標です。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド最大の中国市場は「旅マエ」にアプローチするのが重要!おすすめのインバウンド対策を資料で詳しくみてみる

「中国向けインフルエンサープロモーション」を資料で詳しくみてみる

「中国向け広告運用」サービスを資料で詳しくみてみる

「Wechatを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「Weiboを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

プットメニュー株式会社 プレスリリース(ドリームニュース)
https://www.dreamnews.jp/press/0000192545/

Putmenu 製品URL
https://putmenu.com/

【2023年インバウンド最新動向を予測】国・地域別デジタルマーケティング戦略


2022年10月からついに入国者数の上限撤廃、短期滞在者のビザ免除等が実施され、訪日観光が本格的に再開されました。

未だ"完全回復"には至っていないものの、観光地によってはすでに多くの訪日外国人観光客が訪れているところもあり、「インバウンド対策」への関心が急速に高まっています。

では、今やるべきインバウンド対策とはなんでしょうか。そしてそれを国・地域別に見ると、どういった違いがあるのでしょうか。

インバウンド対策を何から始めたら良いか悩んでいる方や、インバウンドの最新動向を知りたい方向けに

  • 最新の訪日観光の状況や今後の予想
  • 国・地域別のデジタルマーケティング
  • 外国人向け情報発信の際に意識すべきこと

などがわかる資料を公開しています。

資料をダウンロードする(無料)

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。