1位「北海道」!夏休みの7月・8月のインバウンドに人気エリア調査

1位「北海道」!夏休みの7月・8月のインバウンドに人気エリア調査

Reluxトラベルラボのインバウンド調査

株式会社Loco Partnersは7月1日、夏休みに向け「2019年夏 インバウンド旅行動向調査」を発表。訪日外客の人気エリアは、第1位が北海道となっています。

2019年夏 インバウンド旅行動向調査

2019年夏 インバウンド旅行動向調査

訪日外国人の予約が多いのは「北海道」!

調査は、ホテル・旅館の宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」の宿泊分析チーム「Reluxトラベルラボ」が、英語・韓国語・中国語のカスタマー予約を集計し、人気エリアや国別の動向を調査しています。

それによると、1位は「北海道」、2位「東京都」、3位「沖縄県」、4位「大分県」、5位が「大阪府」となりました。

北海道は、雄大な景観と過ごしやすい気候だけでなく、ビザ発給要件の緩和、新たな国際線の就航などが背景にあると推測しています。国別では韓国、香港・台湾、英語圏で1位、中国で5位となっています。

また韓国・台湾・香港は九州・沖縄にも近く、LCCの新規就航や増便、高速船など交通の利便性から予約が集まっており、定番の大都市圏は中国・英語圏で人気となっています。

施設は通信環境や多言語、アクセスが重要

施設選びでは、通信環境や多言語対応など、インバウンド対策を行っているホテル、空港や観光地に近い宿泊施設がランクインしています。訪日外国人の観光は多様化しており、移動やアクセスを重視する傾向にあると分析しています。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

Loco Partnersのプレスリリース
https://loco-partners.com/2019/07/news/9650.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。