たった4つの操作で言葉の壁を壊す:AI翻訳機ポケトークが画期的である4つの理由

たった4つの操作で言葉の壁を壊す:AI翻訳機ポケトークが画期的である4つの理由

訪日外国人の増加に伴い、多言語でのサービス提供が必要なシーンも増えています。

ソースネクスト社が販売しているPOCKETALK(ポケトーク)は、ボタンを押して話しかけるだけの簡単な操作で2つの言語を行き来してくれる小型の翻訳機械です。日本国内で、ポケトークの導入事例は今年も多く報じられています。最近では、埼玉新都市交通株式会社の鉄道の各駅に配備されています。

操作のわかりやすさ、導入コストの小ささや、対応言語の幅広さ、そして何よりも翻訳精度の高さから、今後も様々な業界で採用されていくとみられています。

今回はそんなポケトークについて、基本機能、使い方、類似品と比べた場合の優位点を解説します。


POCKETALK(ポケトーク)とは?

▲[POCKETALK]:公式HPより引用
▲[POCKETALK]:公式HPより引用

POCKETALKとは、ソースネクスト社が販売しているAI翻訳機です。原型はオランダのトラビス社が開発したもので、トラビス社と協力して日本向けの端末を開発したのがソースネクスト社です。

日本語から外国語への翻訳をはじめ、外国語から日本語外国語から別の外国語への翻訳も可能です。ビジネス・海外旅行・訪日外国人への接客や語学学習など、様々な場面に対応しています。特定の言語や場面に特化した従来の翻訳機とは一線を画す翻訳機です。

現在の対応言語は74言語で、値段は1台24,880円です(記事執筆時点)。

シンプルなデザインで、スマホのように簡単に操作することができます。なお、初代モデル「POCKETALK」と2018年秋に発売された新型「POCKETALK W」の2つのモデルがあります。当記事では、後者の「POCKETALK W」について解説します。

モバイル通信/Wi-Fiともに使える

ポケトークにはモバイル通信機能(3G/4G)が搭載されています。モバイル通信機能は128の国と地域で対応しており、各国でモバイル通信契約を結ぶ必要がありません。

また、モバイル通信に加え、Wi-Fiやテザリングを利用して使うこともできます。SIMカードが入っているタイプと入っていないタイプがあり、SIMカードが入っている場合は、2年分の通信料が購入時の料金に含まれます。2年後は、1年ごとに5,000円追加することで、継続的に利用できます。

AI通訳機器「ポケトークW」はオフラインでは使えない!「グローバル通信付き」となしの違い・SIMの装着方法・Wi

手のひらサイズの翻訳機器「ポケトークW」は、ソースネクスト昨年9月に発売を開始した、初代の「ポケトーク」の改良版です。初代は2017年12月に発売していますが、この改良により大幅な機能向上を実現しています。家電量販店やECサイトの売り上げをもとにした翻訳機のシェアに関するある調査によれば、翻訳機の販売台数においてPOCKETALK(ポケトーク)シリーズ、つまりポケトークWとポケトークのシェアが圧倒的に大きくなっています。今年に入ってから、売上の95%はPOCKETALK(ポケトーク)シリー...

「まるで通訳機みたいな翻訳機」ポケトークWはレンタルと購入どっちがお得?手のひらサイズ・料金体系・新型「ポケトークW」の機能・インバウンド対

手のひらサイズの翻訳機器であるポケトークは、個人利用では海外旅行に活躍する便利なアイテムとして有名ですが、インバウンド対策としてポケトークW(POCKETALK W)を導入する企業、店舗もかなりの数に上ります。「まるで通訳がいるように対話できる音声翻訳機」というセールストークのとおり、長文でも即時に、精度高く翻訳できるのが特徴です。個人での利用だけでなく、インバウンド対策や業務上の目的で、交通機関や、Wi-Fiレンタル、化粧品・ドラッグストア、小売、飲食、サービス、旅行、宿泊施設、レンタル...

ポケトークの使い方は?4ステップで簡単に紹介

使い方は簡単です。ソフトウェアをアップデートすることで、使い勝手が随時改善されるので、不便に感じるケースは少ないでしょう。ポケトークの使い方を4ステップで簡単に解説します。

翻訳機"ポケトークW"使い方解説

外国人とのコミュニケーションで、一番困惑を感じるのは、言葉がわからない時ではないでしょうか。様々な技術の発展により、現在では翻訳ツールが多く存在します。その中でも、翻訳精度の高さや、持ち運びの便利さで注目されているのが「ポケトーク」です。POCKETALK(ポケトーク)は「ポケット」と「トーク」を合成した造語で、その名の通り手のひらに収まる大きさです。2017年12月に初代ポケトークが発売され、2018年9月には大幅に機能を向上した後続機「ポケトークW」がリリースされました。インバウンド客...

1. 電源を入れ、充電する

開封後、右側面の電源ボタンを押すと電源が入ります。最初にメイン言語(日本語)を選んで下さい。長く使わない時は、電源を切っておくと電池を節約できます。電池が少なくなったら、付属のUSBケーブルをつなぎ、充電します。

2. SIMカードなし端末のみ:Wi-Fiを設定する

SIMカードが入っていない端末の場合、Wi-Fiを設定する必要があります。やり方はパソコンやスマホなどのWi-Fi設定と同じです。

まず、左上のメニューを開き、真ん中の「Wi-Fi」を押します。次に、つなぎたいWi-FiのSSIDを選ぶとキーボードが表示されるので、パスワードを入力すると設定完了です。

3. 翻訳する

初回起動時には、メイン画面の左に「日本語」右に「English(US)」と表示されます。この場合、左ボタンを押しながら話すと日本語から英語に、右ボタンを押しながら話すと英語から日本語への翻訳ができます。

ボタンを押したあと、「話してください」という表示が出てから話しはじめます話している間はボタンを押したまま、話し終わったらボタンを離します。

4. 言語を変える

言語を変えたい時は、「日本語」「English(US)」などの表示部分をタッチします。言語は画面をスクロールして選ぶか、左上のマイクをタッチすると音声入力による切り替えが可能です。

ポケトークの4つの特徴

ポケトークには、他の翻訳機とは異なるいくつかの特徴があります。それでは、ポケトークの4つの特徴について紹介します。

1. 対応言語が多い

先述の通り、対応言語は74言語です。英語や中国語などのメジャーな外国語の翻訳しか対応していない翻訳機もあるなかで、圧倒的な言語数といえます。

対応言語が豊富な理由としては、海外発の翻訳機ということもあるでしょう。ポケトークは外国語から日本語に加え、外国語から他の外国語への翻訳もできます。そのため、様々な国の人々が一堂に集まる場においても、ポケトークは活躍するでしょう。

2. 双方向に翻訳できる

ポケトークは双方向での翻訳が可能です。自分が話すほうの言語が表示されている側のボタンを押すだけでいいので、毎回元の言語を左に、翻訳先の言語を右に設定する必要はありません

手間をかけずに双方向での翻訳ができます。そのため翻訳が正しいのかを確認できるだけでなく、語学学習にも利用できるでしょう。なお、翻訳履歴は1万件まで、クラウド上では無制限に保存できます。

3. マイクの性能が良い

ポケトークのマイクは、ノイズキャンセリング機能搭載です。人混みやBGMのかかった店内でも、しっかりと音を聞き取ることができます。実際に、周りの音が大きいCDショップや、ゲームセンター、美容室での導入事例があります。

4. アプリと連携して使える

ソースネクスト社が提供している無料の学習アプリ「POCKETALK Link(ポケトーク・リンク)」を連携して使うことができます。「ポケトーク・リンク」はポケトークの翻訳履歴を活用し、発音練習ができるアプリです。

世界的な語学プログラム「ロゼッタストーン」による発音判定機能「TruAccent」があるので、一人でも効果的な発音練習ができるでしょう。

クラウド上のポケトークセンターに蓄積された翻訳履歴をレッスン用の教材として読み込むため、個人に合わせたオリジナルコンテンツとなります。また、テキストを入力して翻訳することで、同様にレッスンすることも可能です。

アプリは現在13言語に対応しています。辞書機能も付いているため、単語の詳しい意味を確認することもできます。

ポケトークはインバウンド市場拡大の救世主となるか

ポケトークは様々な場面での翻訳に対応しているため、店舗や観光スポットなどでのインバウンド対策として活用できるでしょう。接客での活用や商品の翻訳等の翻訳に加えて、人材教育など、幅広い活躍が期待できます。

外国人旅行客が訪日旅行で感じる不満の一つに言語の問題がありますが、ポケトークはその問題を解消する手段としても有効でしょう。ポケトークがインバウンド市場拡大に広く貢献していく可能性も大いにあり、今後の展開に注目が集まります。


関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!