【速報】中国人気アプリ「小紅書(RED)」Androidから強制削除、当局指示で:アダルトコンテンツなどが原因か

7月30日朝、中国の人気アプリ「小紅書(RED)」がAndroidのアプリストアから削除されたことが報じられ、中国インターネットユーザーを震撼させました。


複数のAndroidストアでダウンロードが不可能に

小紅書(RED)は"中国版インスタ"とも呼ばれる、写真や動画をメインにしたコンテンツを共有するSNS機能を備えたECアプリです。コンテンツから商品ページへ簡単に遷移し購入できる、ソーシャルコマースの領域で大きな成功を収めつつあります。

今回、アプリのダウンロードが停止されたのは、複数のAndroidのアプリストアです。中国ではGoogleのサービスが原則利用できないため、Android向けのアプリはGoogle Playではなく、中国独自のアプリストアを利用してダウンロードします。

Huawei、Meizuといった中国の主要スマホメーカーのアプリストアでは昨日夕方の時点ですでにダウンロードできなくなっていたそうですが、同じく中国の大手電機メーカーXiaomi(小米)や、中国市場でも一定のシェアを確保しているサムスンのアプリストアではダウンロードできたことが報じられています。また、7月31日にはiOS版アプリのダウンロードも停止されるのでは、との予測を伝える現地メディアも見られました。

▲"「小紅書(RED)」はサービスの調整により、一時的にダウンロードを停止しています"の案内文が出る 出典:中国消费者报
▲"「小紅書(RED)」はサービスの調整により、一時的にダウンロードを停止しています"の案内文が出る 出典:中国消费者报

理由は?誇大広告、たばこ・医薬品等の禁止商品、アダルトコンテンツ

小紅書(RED)は2013年に創業し、現在までに複数回の資金調達に成功、今月5億USドル(約542.5億円)の新たな投資を受け企業価値は60億USドル(6,510億円)となったとの情報もありました。6月時点のMAUは8,500万、ユーザー数は2.5億に達したことが発表されています。

こうしてソーシャルコマースのプラットフォームとして順調な発展を遂げてきたかのように見える小紅書(RED)ですが、購入意欲をあおるための閲覧数の偽造や誇大表現、メーカーの指示通りの宣伝を行うコンテンツの数々は、以前から批判の的となってきていました。

今回のニュースを報じたあるメディアは、こうした嘘の情報や、たばこや薬といった宣伝が禁止されている商品の紹介、また扇情的な画像を配置したコンテンツが、プラットフォームの発展、拡大に伴い多く見られるようになったことを指摘しています。

▲禁止されている商品を宣伝するコンテンツ 出典:AI蓝媒汇
▲禁止されている商品を宣伝するコンテンツ 出典:AI蓝媒汇

小紅書(RED)は世界的女優でもあるファン・ビンビンがアカウントを開設したことにより一気に注目を集め、その後も著名KOLが次々と利用を開始したことでユーザーを伸ばしてきたいきさつがあります。現在も小紅書(RED)を舞台に活動するKOL(キーオピニオンリーダー、インフルエンサーの一類)は少なくありません。

今年5月に小紅書(RED)は、商品の宣伝を行うKOLに対して宣伝以外のオリジナルコンテンツの公開本数や閲覧数等に基準を設け、これに合致しないアカウントはプラットフォーム上での宣伝活動を許可しない方針を示しました。

小紅書(RED)で販売される商品には海外からの輸入品も多く、同アプリは越境ECプラットフォームとしても存在感の大きなサービスとなっています。インフルエンサーマーケティングの最前線をいくアプリが主要アプリストアでダウンロード停止の措置を受けたことで、市場にかなりの影響が出てくることも考えられ、今後の運営企業の対応に視線が集まります。

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!