中国国外初!「WeChat Pay スマート旗艦百貨店」に阪急阪神百貨店が認定される

エイチ・ツー・オーリテイリング株式会社の運営する阪急阪神百貨店は、2017年に中国テンセント(騰訊)の展開する月間アクティブユーザー約11億人のチャットアプリ「WeChat微信」の決済サービス「WeChat Pay(微信支付)」を導入し、この度「WeChat Pay スマート旗艦百貨店」の認定を受けました。WeChatは中国国内で最も用いられているチャットアプリで、WeChat Payを通して友達間の送金や商品代金の支払い等を利用することができます。

関連記事
Alipay(アリペイ・支付宝)とは
QR決済WeChat Payとは
AlipayとWeChat Payのシェア(2019年)
AlipayとPayPayの関係

阪急阪神百貨店が「WeChat Pay スマート旗艦百貨店」に認定

阪急阪神百貨店では2018年9月までに全国14店舗中9店舗にWeChat Payを導入し、訪日中国人が日本でも人民元で会計を済ませることのできる仕組みを整えました。また、阪急うめだ本店では訪日中国人向けに、レストランのテーブルにあらかじめ設置されているQRコードを読み取るとスマートフォン上に中国語に翻訳されたメニューが表示され、そこから注文を行うことで日本語の分からない訪日中国人でも店員を介さずに料理を注文できる「レストランQRコードオーダー」というシステムを導入しました。

2019年にはWeChat公式アカウントでAI(人工知能)が店内を案内するシステムや海外VIP顧客の会員カードをWeChat内で電子化するシステムなどを続けて導入し、WeChatフレンドリーな百貨店を目指しさまざまな試みを行っています。

そんな中、この度阪急阪神百貨店はテンセントにより「WeChat Pay スマート旗艦百貨店(微信支付智慧旗艦百貨)」として認定され、記者会見が行われました。

記者会見にはWeChat Pay副総裁フリーダム・リー氏も登壇

記者会見の様子
記者会見の様子

今回の記者会見は阪急うめだ本店13階ダイヤモンドホールにて開催され、阪急阪神百貨店の荒木直也社長WeChat Payのフリーダム・リー(李培庫)副総裁が登壇しました。記者会見の場にはLED TOKYOの大型LEDビジョンが導入され、動画での演出と共に荒木社長とリー副総裁が今後の戦略や展開について披露しました。

<参考>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!