訪日外国人を歓迎できないのはどの世代?欠かせない「食」「宿泊」発想転換で商機をつかんだラブホテル【JTB調査レポート2019】

公開日:2020年02月04日

昨年、JTB総合研究所が「進化し領域を拡大する日本人の国内旅行(2019)」の調査結果を発表しました。

このレポートでは現代社会の国内旅行者の動向についてまとめられており、増加傾向を見せる訪日観光客が与えた影響なども記述されています。

今回は訪日旅行がどの様に国内旅行者に影響を及ぼしているのか、インバウンド担当者目線で考察してみます。


JTB「日本人の国内旅行(2019)」レポート

消費者の消費行動と旅行の関連性をリサーチする目的で行われた本レポートは、JTB総合研究所が不定期に行っているアンケート調査で、昨今のテクノロジーの導入や新サービスがどの様に観光業界に影響を及ぼしているのかをみることができます。

進化し領域を拡大する日本人の国内旅行(2019)調査概要

調査方法:インターネットアンケート調査
対象者:過去 1 年間(2018 年 9 月以降 2019 年 9 月まで)に 1 泊以上の国内旅行(業務旅行も含む)をした、全国に居住する 20~69 歳の男女 30,000 人(スクリーニング)、2,062 人(本調査)
調査時期:2019 年 9 月 10 日~9 月 13 日

国内旅行人口と消費額は?「旅行者の減少」でも「消費額の増加」

国内の観光業界は、近年盛り上がりを見せている訪日外国人による観光需要だけでなく、国内旅行市場にも変化が現れています。

日本の人口は2008年をピークに減少し続けています。2019年1月の統計では1億2,632万人と前年同月比マイナス27万人であり、少子化高齢化が進んでいます。

そのあおりを受け、国内旅行を楽しむ旅行者も減っています。2018年は日帰り旅行と宿泊旅行を合わせた総数は5,617万人と、前年と比べ約860万人も減少しました。

しかしながら「国内旅行消費額」に焦点を当ててみると、旅行をする人は減少しても一人当たりの消費額は若干の上昇傾向のあることがわかります。

▲[日本人の国内延べ旅行者数の推移、日本人国内旅行消費額の推移]:JTB総合研究所・進化し領域を拡大する日本人の国内旅行(2019)より
▲[日本人の国内延べ旅行者数の推移、日本人国内旅行消費額の推移]:JTB総合研究所・進化し領域を拡大する日本人の国内旅行(2019)より

観光庁が11月に発表した最新情報によると、2019年7-9月期の日本人国内旅行消費額(速報)は6兆6,336億円(前年同期比3.0%増)で日本人国内旅行の1人1回当たり旅行単価(速報)は39,497円/人(前年同期比0.4%増)に上っています。

860万人もの旅行者数の減少にもかかわらず、前年同期と比べ若干の増加傾向を見せています。

訪日外国人に対して思うこと:40代はネガティブ、若年層では歓迎ムード

アンケートの中では「最近国内旅行で感じたこと」というアンケートも実施しています。

訪日外国人の増加に伴い、日本の良さを再認識し新たに観光したい場所を見付けるなどポジティブな意見がある中で、観光地の混雑具合や宿泊施設について不満に思う意見が上がりました。

ネガティブな意見は40代以降に多く、知的好奇心が盛んな若者世代は経済面、文化面ともにメリットがあるとして、訪日外国人にも比較的寛容な考えを持つことがわかりました。

▲[最近、国内旅行について感じること(訪日外国人旅行者の増加による影響)]:JTB総合研究所・進化し領域を拡大する日本人の国内旅行(2019)より
▲[最近、国内旅行について感じること(訪日外国人旅行者の増加による影響)]:JTB総合研究所・進化し領域を拡大する日本人の国内旅行(2019)より

訪日外国人増加で「食」「宿泊」に商機、ラブホテルが人気を博す?!

訪日外国人の増加で、国内旅行者にとって人気の観光地など旅行しづらくなったなどネガティブな声がよく聞かれます。

しかし訪日外国人の滞在は、日本国内の様々な業界にとって、売上の拡大につながる要因となります。

特に「食」「宿泊」については観光客にはかならず必要なものです。実際に訪日外国人の増加した2011年から2018年にかけて、客室稼働率は10%以上上昇しています。

▲[訪日外国人旅行者の増加による影響]:JTB総合研究所

なかでも「ラブホテル」産業は思わぬ形で恩恵を受けているようです。インバウンド客で連日にぎわう浅草では、その昔閉業に追い込まれたラブホテルが、インバウンド向けの宿泊施設として市場に復帰することとなりました。

会社の創業者は「外国人に日本を楽しんでもらいたい」ホステルの構想を練っていただけに、まさに目的とぴったりだった。そのため、あやしく緑に光るベッドの部屋はそのまま(この日、この部屋の予約はすでにはいっていた)。

さすがにベッドルームからスケスケのお風呂は、その窓ガラス部分はふさいだものの、純和風の派手な装飾も、もちろんそのまま。いろりも当時使用されていたもの。

(中略)

「インスタ映え」効果もあり、宿泊客のおよそ8割が外国人。いまでは冒頭のオーストラリア人一家のように、狙い通りに客の心をつかんでいる。

出典:FNN PRIME

日本人宿泊者には「オールドファッション」と受け止められていたホテルも、ターゲットが変われば「日本らしい」とポジティブに捉えられ宿泊客が急増するといった逆転劇が起きています。

まとめ

来年のオリンピックに向け盛り上がりを見せるインバウンド市場ですが、文化的背景の違いを理解がすすまず、時に不便や不都合を強いられていると感じる国内旅行者もいるようです。

しかし、少子高齢化により、国内消費だけでは先が細る日本経済において、大きなチャンスであることは間違いありません。

市場に関係するすべての人物が、なんの不満もなく利益やメリットだけを享受するのは、「異文化」が存在するインバウンド市場においては簡単なことではないのかもしれません。

今回紹介したような調査結果や、SNSの声を参考に、日本居住者や訪日外国人が「どこに疑問を感じるのか」「どこに不満を感じるのか」「何がうれしいのか」といった具体的なポイントをあぶりだし、解釈の手助けとなるような取り組みをすすめることで、今成長しているインバウンド市場の可能性はより高まるのではないでしょうか。

【W杯】外国人ファンで新宿が無法地帯化!?今こそ確認したい観光公害・トラブル予防のチェックシート7項目

今月10日、悲しいニュースが流れてきました。ラグビーワールドカップ(RWC)で盛り上がりを見せている中、新宿・歌舞伎町ゴールデン街で「明らかにラグビー観戦客」と思われる客が飲食店のドアを蹴破るなどして警察沙汰になったといいます。他にも訪日外国人による「観光被害」は後を絶えず、地域住民や昔からの馴染み客との間で軋轢が生じています。今回は訪日外国人が急増するとみられる一大イベント前に確認しておきたい「トラブル対策」について、事例を交えて紹介します。目次酔ったラグビーファン、ドアを蹴破る…警察沙...


ラブホは“ラブ”から”レジャー”の時代へ 実は訪日アメリカ人の過半数が利用 インバウンドで更にその位置づけを変えるラブホテルの未来とは

「インバウンド向け宿泊施設の不足」は日本のインバウンド市場が抱える大きな問題の一つです。インバウンド向け宿泊施設を増やす取り組みとして、古民家を再活用したり、お寺に宿泊しながら修行体験ができる「宿坊」と呼ばれる宿泊制度の導入を進めたりと、日本国内ではさまざまな取り組みが行われています。加えて、訪日外国人観光客が宿泊する場所としてラブホテルも今、注目を集めています。インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレ...

 


<参考>

JTB総合研究所 進化し領域を拡大する日本人の国内旅行(2019)

観光庁 2019年7-9月期(速報)旅行・観光消費動向調査

FNN PRIME あえて“華美な装飾”はそのまま 浅草の「元ラブホ」が外国人観光客に人気上昇中

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!