【速報】新型コロナで五輪の中止・延期「検討せず」「冷静に対応する」組織委 森会長

公開日:2020年02月13日

※新型コロナウイルスのパンデミックを受け、東京オリンピック(五輪)・パラリンピックは1年程度の延期が決定しました。詳細な日程、選考基準などは、公式情報が発表され次第、順次更新します。

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会(以下、組織委)の森喜朗会長は13日午前、新型コロナウイルスに関連し、大会の中止・延期は検討していないことを発表しました。

大会開催に向けた、国際オリンピック委員会(IOC)と組織委の第11回事務折衝の冒頭で「東京大会が中止されるなどと無責任なデマが流されたが、中止や延期は検討していない」と強調。

関連記事
専門家会議「完璧な感染防止は不可能」
【韓国】感染者数ワースト2位に驚愕
コロナウイルスでイベントが自粛傾向に

IOCのコーツ調整委員長は、感染が拡大する新型コロナウイルスについて、「予想外の課題」と指摘しました。そのうえで、「選手や日本にくる方々が影響を受けないように、必要な警戒が行われているかを確認したい」と今後の方針を示しています。

これに対し森会長は、前述の通り「中止や延期は検討していない」「政府と連携し、冷静に対応する」との姿勢を強調しました。

関連記事

厚労省イベントの自粛求めず、オリンピックどうなる

新型コロナウイルス感染者を時系列で振り返り:日本初感染から21例目まで

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!