【コロナウイルス】厚労省イベントの自粛求めず:東京オリンピックは本当に日本で開催できるのか?

公開日:2020年02月21日

2月20日夜、厚生労働大臣が新型コロナウイルス感染拡大に伴い、国内で開催予定の大規模イベントに関するガイドラインを発表しました。

関連記事
事業者を5,000億円規模で徹底⽀援
専門家会議「完璧な感染防止は不可能」
韓国が感染者数ワースト2位に
韓国版「コロナマップ」600万ビュー突破!

大規模イベントガイドラインは自粛求めない自己判断

厚生労働省が2月20日夜に発表した国内で開催予定の大規模イベントに関して、正式にな方針を発表しました。

イベント等の主催者においては、感染拡大の防止という観点から、感染の広がり、会場の状況等を踏まえ、開催の必要性を改めて検討していただくようお願いします。なお、イベント等の開催については、現時点で政府として一律の自粛要請を行うものではありません。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、イベントの自粛を求める内容が含まれるのか注目されていましたが、あくまで自粛要請はせずに個々の判断に委ねられました。

今回の発表でイベント開催の自粛を求められませんでしたが、すでに多くの大規模イベントが自主的に中止や延期の変更を行っています。

公式な自粛要請はないものの、企業や団体に対するマイナスの評価・評判が立たないよう、今後もイベントの中止や延期を行う企業や団体が増えると予想されます。

東京オリンピックは大丈夫?ロンドンが代替開催に立候補

国内感染の流行の兆しを見せている新型コロナウイルスの影響により、開催まで半年をきった東京オリンピック・パラリンピックへの不安も広がっています。

東京オリンピック開催に賛成・反対と意見が分かれる中、2月13日午前に東京オリンピック・パラリンピック組織委員会(以下、組織委)の森喜朗会長が大会の中止・延期は検討していないことを発表しました。

その一方で、2020年5月のロンドン市長選候補者のショーン・ベイリー氏は、Twitterで「ロンドンは2020年のオリンピックの受け入れができる」「我々にはインフラと経験があり、コロナウイルスがアウトブレイクし、世界はわれわれの介入を必要とするかもしれない」と投稿しました。

無事にオリンピックが開催されるのか、日本政府の対応に注目が集まります。

「東京オリンピック中止」全面否定:コロナウイルス流行で「#東京オリンピック中止」がトレンド入り…

※新型コロナウイルスのパンデミックを受け、東京オリンピック(五輪)・パラリンピックは1年程度の延期が決定しました。詳細な日程、選考基準などは、公式情報が発表され次第、順次更新します。新型コロナウイルスの感染拡大が広がる中、1月30日にTwitter上で「#東京オリンピック中止」というタグが作成され、トレンド入りする事態が起きました。しかし、1月31日の記者会見で小池東京都知事が否定をしています。さらに2月6日の記者会見で、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の武藤事...


中止または延期になったイベント

ここでは中止または延期になった大規模イベントに関してご紹介します。

東京マラソン

東京マラソンは一般参加者のエントリーを取りやめ、規模を縮小しました。

また沿道の応援や感染も自粛をするように呼びかけています。

【速報】「東京五輪ダメならロンドンで」ロンドン市長候補が提案:新型コロナで開催が心配される2020オリンピックに名乗り

新型コロナに関連した肺炎の感染拡大の影響で、2020年東京オリンピック・パラリンピックが開催できない場合、ロンドンで代わりに開催できるとして、今年5月のロンドン市長選候補者が名乗りを上げています。関連記事IOC「大会4か月以上前に決定を行う必要はない」新型コロナマップまとめ日本からの渡航制限や行動制限ありの国・地域まとめ【新型コロナ】東京オリンピックホストタウン受入中止が発生目次ショーン・ベイリー氏「我々はインフラと経験がある」ショーン・ベイリー氏「我々はインフラと経験がある」London...


関西インバウンド交流会2020

約2,000人の来場者数を見込んでいた大規模イベントでしたが、新型コロナウイルスの影響で延期となりました。

日程は現在未定となっており、実質中止の状況です。

【速報】「関西インバウンド交流会2020」延期:コロナウイルスでイベントが自粛傾向に

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で多くのイベントが、中止またはオンラインへの変更を余儀なくされています。関連記事事業者を5,000億円規模で徹底⽀援まだパンデミックではない?WHOの見解と社会との誤差専門家会議「完璧な感染防止は不可能」【韓国】感染者数ワースト2位に驚愕目次「関西インバウンド交流会2020」中止厚生労働省がTwitterでも大規模イベント言及「関西インバウンド交流会2020」中止関西インバウンド交流会実行委員会(一般財団法人関西観光本部、株式会社テレビ大阪エクス...


BEYOND STADIUM2020

2月24日に開催予定であった「BEYOND STADIUM2020」は、パラスポーツの応援プロジェクト 「TEAM BEYOND」の一環として行われる予定だったイベントです。

東京2020パラリンピック開会(8月25日)の6か月前に、パラスポーツ競技の観戦・体験、クイズラリー等を通じてパラスポーツの魅力を体感できるイベントでした。

イベントの実施・中止・延期は冷静に判断を

厚生労働省はイベントの実施について、自粛は要請せずにイベント開催の必要性を個々の判断に委ねました。

イベントを開催するのか中止にするのかは冷静な判断が必要であると同時に、中止や延期の場合は適切なタイミングで案内が求められます。

イベントを開催する場合は、参加者への手洗いの推奨やアルコール消毒薬の設置、風邪のような症状のある参加者には参加をしないよう依頼をすることなど、新型コロナウイルスの感染拡大防止の工夫が求められます。

<参照>

厚生労働省:イベントの開催に関する国民の皆様へのメッセージ

TEAM BEYOND TOKYO パラスポーツプロジェクト事務局:BEYOND STADIUM

関西インバウンド交流会実行委員会:第3回 関西インバウンド交流会2020

一般財団法人東京マラソン財団:東京マラソン2020

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!