コロナ隠しで「#感染隠し」がトレンド入り:事業者を襲う新型コロナウイルスの影響と対策

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシー、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンなど大手アミューズメントパークが続々と臨時休業を発表しています。

そんな中、新型コロナウイルス(COVID-19)と思われる症状が出ても検査を受けない、または感染を申告しない「感染隠し」が話題になっています。

SNS上での「感染隠し」のトレンドと、事業者がとるべき対応についてお伝えします。

関連記事
韓国版「マスクマップ」登場!
アメリカ、フランスのディズニーも続々閉鎖!
【速報】WHO「新型コロナウイルスはパンデミック」
コロナショックの今こそ明るい話をしよう

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

Twitter「#感染隠し」がトレンド入り:新型コロナ影響の苦悩

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が拡大しており、「いかに感染を防ぐか」にとどまらず、「感染したらどう対応するか」も問われる段階になっています。

これまでに飲食チェーン店や公共施設などでは自主的に関係者の感染を公表し、営業を停止するケースが見られました。

緊急時の英断として世間から高く評価する声が聞かれる一方で、人気店や公的機関という強みがあるからこそできる対応ではないかという指摘もあります。

従業員など関係者の感染を公表すれば、消毒や清掃対応のために営業停止を与儀なくされ、売上への影響が避けられません。

体力のない中小企業や小規模の店では、休業が長引けば倒産のリスクもあるでしょう。

もし感染が確認された場合、本来ならば公表した方が良いと思ってはいても、「怖くて従業員を検査させられない」と苦悩する経営者は少なくありません。

Twitter上では2月27日に「#感染隠し」のハッシュタグがトレンド入りし、さまざまな憶測が巻き起こっています。

感染隠しは個人や企業にとどまらず、政府が感染者を隠しているのではないかという憶測まで出ています。

新型コロナウイルス感染の検査を受けられる人が限られている現状では検査したくても検査を受けられなず、自分が感染しているのかしていないのか確かめる術はありません。

そのためせきやくしゃみをしている人を安易に新型コロナウイルス(COVID-19)に感染しているのではないか、と論じることはできません。

「#感染隠し」のハッシュタグが付けられたTwitterの投稿
▲「#感染隠し」のハッシュタグが付けられた投稿:Twitterより訪日ラボ編集部スクリーンショット

Twitter:「#感染隠し」のハッシュタグが付けられた投稿(https://twitter.com/MuchuTakabu/status/1232863406585040896)

「#感染隠し」のハッシュタグが付けられたTwitter投稿
▲「#感染隠し」のハッシュタグが付けられた投稿:Twitterより訪日ラボ編集部スクリーンショット

Twitter:「#感染隠し」のハッシュタグが付けられた投稿(https://twitter.com/mainichizannen/status/1232827936308264960)

事業者がとるべき対応

このような状況の中で、事業者として大切なのは感染を防ぐための取り組みを行うことです。

手洗いやうがいの徹底、可能であればテレワークや時差出勤の実行など、政府が呼びかけている基本的な対策を丁寧に行っていく必要があります。

政府は連日、新型コロナウイルス(COVID-19)に関するさまざまな方針を発表しており、逐次その動向に注目していくことが重要です。

また、経済産業省による事業者への支援策について知っておくと良いでしょう。

経済産業省は、新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業者に対し、5,000億円規模の支援策を打ち出しています。

経営状態が悪化している事業者に対して保証や貸付を行うほか、サプライチェーンの毀損等に対応するための設備投資等を支援します。

さらに経営環境整備のため、経営相談窓口の開設や雇用調整助成金などの支援が行われています。

事業者は日々の感染対策に加えて、経済産業省や自治体の支援制度をチェックし、必要な時にスムーズに申請ができるようにしておく必要があります。

新型コロナウイルス感染症対策の基本方針:「時差出勤」「テレワーク」が連日トレンド入り

感染の拡大が続く新型コロナウイルス(COVID-19)について、日本政府は2月25日、首相官邸で対策本部を開き、テレワークや時差出勤の推進を呼びかけるなどの基本方針を決定しました。イベント開催については一律での自粛は要請しないとしていたものの、翌26日には3月中旬までイベントの中止や延期を要請すると方針を転換しました。本記事では、日本政府による基本方針と、それに対する国内からの反応をご紹介します。関連記事韓国版「マスクマップ」登場!アメリカ、フランスのディズニーも続々閉鎖!【速報】WHO「...

事業者を5,000億円規模で徹底⽀援、経済産業省の新型コロナウイルス関連補助金制度

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、インバウンド事業者だけでなく他の事業者にもその影響が出始めています。そのため経済産業省は事業者の支援を5,000億円規模で行うこととしました。関連記事韓国版「マスクマップ」登場!アメリカ、フランスのディズニーも続々閉鎖!【速報】WHO「新型コロナウイルスはパンデミック」コロナショックの今こそ明るい話をしよう目次新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業者への⽀援策1. 徹底的な資⾦繰り⽀援2. サプライチェーン・観光など3. 経営環境...

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの


観光庁は、インバウンドの地方誘客を目的とし、「観光資源の磨き上げ」を推進しています。

これに沿って観光コンテンツの造成や発信力強化に取り組みたいと思うものの、「何からやればいいのかわからない」「やってはみたものの、まだ観光客を呼びこめていない」といった悩みを抱えている自治体・企業の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、食体験、ツアー造成、アクティビティ、アドベンチャートラベルなどを専門として第一線で活躍するスペシャリストたちが集結

「観光資源の磨き上げ」とは何なのか、外国人を惹き付ける観光コンテンツはどう作り、どう発信するべきなのか、徹底議論します!

詳しくはこちらをご覧ください。
専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの?

成功事例から見るインバウンド対策とは。外国人採用の実例から紐解く成長戦略

インバウンド(国際)市場の拡大に伴い、国内では大阪万博やインバウンドへの対応などでグローバルに対応できる環境が必要になっており、日本企業にとって国際市場での競争力確保は重要な課題の一つとなっています。

その鍵を握るのが、インバウンド対策と効果的な外国人採用です。外国人観光客やビジネスパートナーを惹きつけ、国際的な人材を活用することで、企業は新たな成長戦略を構築し、市場で競合に勝つことができます。

今回のセミナーでは、実際に行われた人材活用法を通じて、インバウンド対策と外国人採用が企業にもたらす効果について解説いたします。

実際の事例から学び、自社に適した戦略を見出すためのヒントを得ながら、日本企業がグローバルな舞台で勝ち抜くために必要なスキルや知識を共有し、新たなビジネスの可能性を発見できる機会となっています。

詳しくはこちらをご覧ください。
成功事例から見るインバウンド対策とは。外国人採用の実例から紐解く成長戦略

【インバウンド情報まとめ 2024年5月後半】「世界で最も成長している観光地」トップに東京他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年5月後版レポートから、5月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

※【インバウンド情報まとめ】は2024年5月より月2回発行いたします!最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
「世界で最も成長している観光地」トップに東京 / 富士山前のコンビニ、撮影防止の「黒幕・防護柵」設置【インバウンド情報まとめ 2024年5月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる4月から観光・インバウンドに関わる仕事に就いたり、関連部署へ異動となり、知識のインプットに追われていませんか? また、より一層事業を推進するために必要な学び直しの機会を設ける担当者も増えてきております。
このセミナーでは、
新担当になって、インバウンドの何から始めたらいいか分からない
インバウンド推進が本格化し、改めて情報やノウハウを学び直したい
そもそもインバウンドに興味があるが、情報を収集できていない
方にとって必要な基礎情報と、知っておきたい新情報をお届けする機会となっております!
詳しくはこちらをご覧ください。
→4月までに学んでおきたい!【基礎から始めるインバウンド対策】 〜ラーチーゴー & ジャパンガイドが教える市場別最新データ〜

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに