ついにマスク転売禁止へ「#転売ヤー死亡」タグが:17回目のコロナ対策会議は「入国拒否強化」「マスク不足解消」がポイント

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が止まらない中、マスクが依然として不足しています。

日本政府は3月5日、第17回新型コロナウイルス感染症対策本部を開き、マスクの転売を原則禁止する方針を明らかにしました。さらに中国と韓国からの入国者に対しても制限を強化する方針です。

この記事では、17回目のコロナ対策会議のポイント等、最新の情報をお伝えします。

関連記事
韓国版「マスクマップ」登場!
アメリカ、フランスのディズニーも続々閉鎖!
【速報】WHO「新型コロナウイルスはパンデミック」
【日韓】ビザ停止で何が困るコレからどうなる?

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

マスク高額取引に政府介入、転売行為が禁止へ

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴う需要の急増で、医療や介護施設などの現場でもマスクが足りなくなるなど、マスク不足が深刻な問題となっています。一方で、オークションサイトなどインターネット上では、マスクの高額転売が相次いでいます。

高額での転売を目的とした買い占めが、店頭でのマスクの品薄状態に拍車をかけている状況を受けて、政府は3月5日の新型コロナウイルス感染症対策本部(第17回)で、マスクの転売を禁止する方針を決めました。

国民生活安定緊急措置法の政令を10日にも閣議決定し、早ければ来週中に施行することとしています。

緊急措置法は、1973年の石油危機をきっかけに制定され、国民生活の安定への影響が大きい物資について、他人への譲り渡しを制限することができます。今回、その対象に初めてマスクを指定し、転売を防ぐ狙いがあります。

通常の仕入れや販売を行う小売業者は対象外として、インターネットを通じた転売は原則禁止されます。違反した場合の罰則は、5年以下の懲役または300万円以下の罰金の範囲内で設定されることとなっています。

転売禁止を受け、売り抜け目的の出品が増加

マスクの転売禁止の動きを受けて、オークションサイトなどでは販売禁止前に売り抜けようとマスクの出品が増えているようです。

大量に在庫を抱えた業者が現金化を急いでいるとみられ、供給量が増えることで価格が下がる可能性もあります。

Twitterでは「#転売ヤー死亡」タグが作成され、今回の対策を歓迎する声が多数上がっています。

Twitterで「#転売ヤー死亡」ハッシュタグが作成されるなど、転売に対して批判的な反応があった
▲Twitterでは「#転売ヤー死亡」タグが作成された:編集部スクリーンショット

参照:Twitter

ガーゼマスクの生産能力強化

「三次元マスク」などを販売する興和株式会社は、3月5日にプレスリリースを出し、国からの要請を受けてガーゼマスクの取り扱いを推進することを明らかにしました。

3月に1,500万枚規模、4月には5,000万枚規模の生産を目指して国内に供給していくということです。ガーゼマスクは、使い捨ての不織布マスクと異なり、洗って複数回使えるため、品薄の解消が期待されます。

従来の三次元マスクについても、新たに設備投資を行い生産能力を高めていくとしています。

中国・韓国・イランの入国拒否地域が追加

さらに3月5日の新型コロナウイルス感染症対策本部(第17回)では、中国・韓国・イランについて入国拒否地域を追加することも決定されました。

感染が拡大している韓国の慶尚北道の一部地域、およびイランのコム州等における滞在歴がある外国人について、3月7日の午前0時から新たに入国拒否の対象となります。

さらに、日本への人の流入が続く中国・韓国からの入国者に対する検疫を強化し、検疫所長が指定する場所で2週間待機、国内で公共交通機関を使用しないよう要請することとしました。

また両国からの航空機の到着を成田国際空港及び関西国際空港に限定するほか、船舶での旅客運送を停止し、発行済みの一次及び数次査証を無効にすることとしています。これらは周知期間をおいて3月9日午前0時から運用を開始し、まず3月末まで実施する予定です。

日本は新型コロナ汚染国?日本からの渡航制限や入国後の行動制限ありの国・地域まとめ

いまだ収束のめどが見えない状況の中、日本政府は本日3月5日に新型コロナウイルス(COVID-19)の水際対策として、中国と韓国からの入国者全員に対し検疫法に基づく「停留」措置を行う方針を固めたと報道されています。一方、海外では日本からの入国を制限する動きが広がりつつあります。この記事では日本からの渡航制限や入国後の行動制限など、日本に対する海外での入国制限について最新の情報をお伝えします。関連記事日銀が金融緩和強化を緊急決定台湾版「マスクマップ」で混乱を鎮静化韓国版「マスクマップ」登場!ア...

韓国の一部地域に対する感染症危険情報レベル引き上げ

また、外務省は3月5日、韓国の一部地域について感染症危険情報のレベルを引き上げました。

これまで外務省は、大邱広域市など一部地域に対して「渡航中止勧告」にあたる「レベル3」、慶尚北道に対し「不要不急の渡航自粛を勧告」する「レベル2」、その他の韓国全土について「レベル1」としていました。

しかし韓国全土で感染者が拡大を続けており、アメリカなど各国が韓国に対する渡航中止勧告等を発出してきている動きを勘案し、レベル3に該当する地域を除く韓国全土をレベル2へ引き上げることとしました。

<参考>

首相官邸:令和2年3月5日 新型コロナウイルス感染症対策本部(第17回)

興和株式会社プレスリリース:ガーゼマスクの取り組みについて

日本経済新聞:マスクの転売を原則禁止に 政府、違反には罰則

NHK NEWS WEB:転売禁止を前にオークションサイトにマスク出品増加

外務省海外安全ホームページ:韓国に対する感染症危険情報の発出(一部地域のレベル引き上げ)

共同通信:興和、ガーゼマスク5千万枚供給 海外生産で4月にも

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

日本のインバウンド事業者が知らない「中国現地の最新旅行トレンド」


コロナ禍の収束後、インバウンド需要が順調に回復を続ける中、唯一回復が大きく遅れていた中国市場。

一方、ここ数か月の間は訪日中国人客数が順調に回復してきており、訪日旅行消費額も2024年1〜3月期では台湾を抜き、1位となったことがわかっています。

今、中国市場がどのような動向になっていて、今後どうなっていくのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は訪日ラボから、複数の中国SNSで在日中国人インフルエンサーとしても活動中の熊 孟華(ユウ モウカ)と、中国最大級の店舗・施設検索プラットフォーム「大衆点評」などを活用した中国向けプロモーションのコンサルティングを行う金子 泰士が登壇。

中国SNSや訪日プロモーションの「プロ」である2人が、気になる中国市場の最新トレンドについて語り尽くすセミナーをお届けします。

中国向けのインバウンドプロモーションに取り組んでいる方や、これから取り組もうとしている方は必見です!

詳しくはこちらをご覧ください
日本のインバウンド事業者が知らない「中国現地の最新旅行トレンド」

【インバウンド情報まとめ 2024年4月】3月訪日外国人数「300万人」突破 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年4月版レポートから、3月〜4月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
3月訪日外国人数「300万人」突破 / 2月の世界航空需要、コロナ前から完全回復【インバウンド情報まとめ 2024年4月】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる4月から観光・インバウンドに関わる仕事に就いたり、関連部署へ異動となり、知識のインプットに追われていませんか? また、より一層事業を推進するために必要な学び直しの機会を設ける担当者も増えてきております。
このセミナーでは、
新担当になって、インバウンドの何から始めたらいいか分からない
インバウンド推進が本格化し、改めて情報やノウハウを学び直したい
そもそもインバウンドに興味があるが、情報を収集できていない
方にとって必要な基礎情報と、知っておきたい新情報をお届けする機会となっております!
詳しくはこちらをご覧ください。
→4月までに学んでおきたい!【基礎から始めるインバウンド対策】 〜ラーチーゴー & ジャパンガイドが教える市場別最新データ〜

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに