観光ボランティアガイド「後継者育成」に課題感/日本観光振興協会が観光ボランティアガイド団体調査を発表

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

外国人観光客のニーズは多様化しており、東京や関西といった多言語対応が万全でない観光施設や店舗へ足を運びたいというニーズも存在します。

こうした外国人とボランティアガイドをつなげるマッチングサービスも複数登場しています。

一方で、外国語対応が可能な観光ボランティアガイドを束ね、サービスを提供する組織も、日本の観光立国実現に貢献する存在の一つです。2019年度(令和元年度)の「観光ボランティアガイド団体調査」調査結果では、こうした組織の後継者育成への課題感が表れています。

都道府県や市町村の観光や地域活性を担当する部署の管轄する観光ボランティアガイドや、日本政府観光局JNTO)の管轄するグッドウィルガイド、公益財団法人東京都観光財団や大阪のNPO法人の大阪観光ボランティアガイド協会といった一般の団体に登録することで、観光ボランティアガイドとして活動することができます。

「訪日ラボ」の最新インバウンドノウハウが配信されるメルマガに登録する

ボランティアガイドを持つ組織の状況

公益社団法人日本観光振興協会は、令和元年度の「観光ボランティアガイド団体調査」の結果について報告。観光ボランティアガイドを行っている組織、約7割から得られた回答をまとめています。

観光ボランティアガイド団体調査

観光ボランティアガイド団体調査

外国人に対応している組織は約2割

全国の観光ボランティアガイドの組織数は1,728、ガイド数は46,147人となっています。1組織あたりの人数は、10人以上20人未満の割合が最も多く32.8%です。

外国人観光客に対応している組織は、17.9%、前回調査とほぼ同じ割合です。対応している言語は英語が最も多く、次いで中国と韓国語です。

年間の実績は、1組織あたり100人以上500人未満が最も多く、23.8%、1,000人以上5,000人未満が23.3%。そのうち外国人の割合は、11.0%です。

主な収入は「会員からの会費」「ガイド収入」「自治体などからの補助」で、支出は「事務費」「研修費」「備品購入費」などがあげられます。

ボランティアガイドの課題について

抱えている課題は、「後継者育成」が85.8%、「案内技術の向上」37.0%、「財源」29.5%、「外国人受け入れ」26.6%などがあげられます。

外国人受け入れ対策については、「外国人向けの案内を向上させる研修」が45.3%、「外国語ができる人材の確保」が38.7%、「外国語研修」が36.2%となっています。

通訳案内士法の改正により、ガイドの有料化に取り組んでいる組織は約4割となっています。

(画像は写真ACより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

公益社団法人日本観光振興協会のプレスリリース
https://www.nihon-kankou.or.jp/home/activity/1585882234/

訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介

インバウンド市場の最新動向がわかる訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介します。

2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

昨年12月、JTBが2024年の旅行動向見通しを発表し、 訪日外国人旅行者がコロナ前の2019年を上回る過去最多の3,310万人に達するとの予測を立てました。

インバウンド市場が回復の動きを見せる中、訪日外国人を集客するために、どのような対策をすべきかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで本セミナーでは、訪日外国人の集客支援を行う2社にて、 2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション成功のポイントを独自の視点から紐解いていきます。

【訪日外国人の行動データと口コミデータで紐解く】2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに