Instagramでの料理注文機能が日本でも開始!コロナ影響で経営厳しい飲食店の売上アップなるか

新型コロナウイルスによる外出自粛の影響で、家の中で過ごす方が増えています。それに伴い、外食産業は売上が減少し、経営の継続が危ぶまれる店舗も多くみられます。

そこで、多くの飲食店は店舗内営業だけでなく、テイクアウトやデリバリーサービスを始めています。

このような形態の店舗が増えたことを受け、Instagram上で料理を注文できる機能が新たに追加されました。

関連記事
今更ながら解説 Instagram活用がインバウンドに効果的な3つの理由と4つのハッシュタグ活用法

Instagramに料理注文ができる新機能追加

Instagramは米国とカナダで先行導入されている、スタンプやアクションを通して料理を注文できるサービスを日本でも随時導入していくことを発表しました。

今回の新機能は、飲食店がストーリーを投稿する際に「料理を注文」スタンプを、プロフィールにアクションボタンを追加できる機能です。また、ユーザーは飲食店がストーリーに使用している「料理を注文」スタンプを自分の投稿でもシェアし、フォロワーに広められます。

この機能は、ビジネスアカウントで、かつUber Eatsの加盟店という条件を満たせば無料で利用できます。

▲スタンプやアクションを利用して料理が注文できる:Facebookニュースルーム
▲スタンプやアクションを利用して料理が注文できる:Facebookニュースルーム

Instagramは飲食店の集客に効果的

2019年3月時点でのInstagram国内の月間アクティブアカウント数は3,300万人であり、周辺地域へのポスティングなどでは対象とならない人に対して訴求できるチャンスがあります。

また、Instagramはユーザーの多さ以外にも、集客ツールとしてのメリットがあります。

料理をテキストだけでなく画像でアピールできる

Instagramは写真がメインのSNSなので、文章だけでは伝えにくい料理やお店の雰囲気を簡単に伝えられます

2017年に「インスタ映え」という言葉が流行したように、おしゃれな写真を撮ることによって多くの人から注目を受けることによって、新たな顧客を獲得できる可能性が広がります。

無料で利用できるため始めやすい

Instagramはグルメサイトのように掲載料が必要ではなく、ビジネスアカウントであっても無料で使用できます

また、特に若い世代ではGoogle検索などの代わりにInstagramのハッシュタグで検索をする人も多く、そういったターゲットに写真を使用してアピールできます。さらに、アカウントをフォローしてもらえれば適宜情報を受け取ってもらえるため、リピーター獲得へとつなげることも可能です。

Instagramはインバウンド集客にも活用できる

Instagramは世界的に使われているSNSであるため、ハッシュタグを利用して、訪日外国人観光客を取り込むことも可能です。

例えば、「#japan」とタグ付けをして観光地の写真、そこの特産品を掲載します。すると、旅マエ(訪日旅行前)のフェーズにいる外国人が「#japan」と検索した際にヒットするため、魅力を上手く伝えられれば旅行の目的地にしてもらえるでしょう。

また、旅ナカ(訪日旅行中)でも食事の場所を決めるために利用することが考えられるので、店舗名だけでなく地域や料理名、「#travel」といった簡潔な英語でタグ付けするといいでしょう。

まとめ:Instagramの料理注文機能、飲食店の売上アップに貢献なるか

Instagram自体は無料なので、経営難に陥っている飲食店でも気軽に始められるため、画像を使ったユーザーへのアピールが簡単にできます。

また、今回新しく追加された料理注文機能を利用すれば、ただ画像をアップするよりも売上につながる可能性が高くなります。新型コロナウイルスの収束後に訪日外国人が戻ってくれば、インバウンドの顧客獲得ツールとして活用することもできるでしょう。

今更ながら解説 Instagram活用がインバウンドに効果的な3つの理由と4つのハッシュタグ活用法

インバウンド対策の集客施策として、もはや必須科目のSNS対応。TwitterやFacebookだけではなく、インスタグラム(Instagram)もインバウンド対策に効果的です。撮影した風景や自分の写真や動画に、ハッシュタグをつけてポストするだけで、言葉の壁を越え世界へ各地の情報をリアルタイムで発信することができるのです。そのため、日本各地ではインスタグラムを利用したキャンペーンを実施する観光地や自治体、企業も増えています。そこで今回は、インバウンドに役立つインスタグラムの活用法をご紹介しま...

飲食店でのインバウンド集客のポイントは?世界最大級の旅行プラットフォーム「トリップアドバイザー」がぐるなびとの連携を強化!

2019年の訪日外国人客数は3,188万人を突破し、毎年過去最高を記録しています。もともと2020年は、オリンピックの開催が予定されていたこともあり、訪日外国人客数の目標は4,000万人となっていました。オリンピックは来年に延期となりましたが、今後もこの機運をとらえるべく、海外の旅行博出展といった形で政府からの後押しが続いていくでしょう。訪日外国人の訪日の動機付けや、滞在中の楽しみとして「日本食を食べること」があります。海外の日本ファンの中では日本にはおいしいものがたくさんあるというイメー...



<参照>

Facebook:Instagram、飲食店から料理を注文できる機能を日本でも導入開始

Facebook:Instagramの国内月間アクティブアカウント数が3300万を突破

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!