浮き彫りになる「Zoom危険説」…中国要請で“天安門“リモート会議を遮断、米・台湾政府は使用禁止も

公開日:2020年06月16日

政府は、新型コロナウイルスの感染防止策としてテレワークを推進しています。テレワークではインターネット上で会議を開く「Web会議システム」が広く活用されていますが、その中でも「Zoom」は特に有名です。

Zoomは2013年1月にアメリカでサービスを開始したWeb会議システムです。無料で利用できることや扱いやすさが人気を呼び、2020年5月には1日あたりの会議参加者数が3億人を突破したと発表されています。一方で、中国政府の要求に応じてアカウントを停止させていることや、セキュリティの脆弱さが問題となっています。

関連記事
あなたのスマホにも実は入っている?実はそれ「中華製アプリ」です:TikTok、Simeji、荒野行動そしてアズレン

天安門事件に言及したアカウントに停止措置

2020年5月31日、人権団体「Humanitarian China」は、天安門事件を振り返る会議をZoom上で開催しました。その後、この会議に用いられたアカウントは停止され、Zoomもアカウント停止措置の事実を認めました。

Zoomはアメリカ・カリフォルニア州に本社を置く企業です。今回の措置について同社は、中国においてもサービスを展開しているため、中国の法律に従うための措置をとったとの説明をしています。

また、Zoomは声明で、天安門事件が起きた6月4日に関わるとして、中国政府の要求に応じて上記のほか2つの会議を終了させたと発表しており、Zoomで交わされる会話は中国政府により監視される可能性があることが明らかになりました。

アカウント停止の措置に対し、香港やアメリカなどからは言論の自由が侵害されているとして抗議の声が寄せられているものの、中国外交部(外務省)はこの問題を把握しておらず、外交問題には当たらないとの立場を示しています。

Zoom創業者は中国出身の袁征氏ですが、この件との関連性は明らかになっていません。

グレートファイアウォールとは?中国のネット規制・回避方法・インバウンドでの対策についても解説

グレートファイアウォール(金盾)とは中国国内でネット検閲を行うために構築されているシステムを指し、中国ではグレートファイアウォールによってGoogleをはじめとしたさまざまなWebサイトやSNSへのアクセスが制限されています。この記事では、グレートファイアウォールの概要と、中国におけるネット規制の詳細、VPNを利用した検閲回避の方法や中国人をターゲットとしたオンライン型インバウンド対策の注意点について解説します。インバウンド対策にお困りですか?「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタ...


Zoomのセキュリティは穴だらけ?多くの問題が浮上

中国政府によりデータが監視されていることが明らかになったZoomですが、以前から数度にわたってセキュリティ上の懸念が浮上していました。

Zoomの通信は暗号化されており、外部へのデータ漏洩を防いでいます。この暗号化に用いられる鍵(AES)の長さは公式には256ビットだとされていました。しかし実際の長さは128ビットであったことが分かり、ハッキングに対する耐性が比較的弱いものであるとして問題になりました。この他にも、ECBというセキュリティが問題視されている暗号の設定が使われていたことがわかっています。

同時に、暗号鍵の保管場所が中国であったことやWindowsとmacOSのZoomクライアントに脆弱性が存在したことも判明しています。

また、いくつかのZoomアカウントはすでにハッキングされており、ハッキングを専門に扱うWebサイトでこれらのアカウントが取引されていることも、Zoomの信頼性が揺らいだ原因のひとつです。

各国政府でZoom使用を規制する動きが相次いでいる

先述の通り、Zoomでは数々のセキュリティ上の懸念が報告されています。これらを受け、世界各国の政府機関ではWeb会議でのZoomの使用を禁止する動きが相次いでいます。

アメリカでは、合衆国上院の守衛官が議員に対しZoomの使用を避けるよう呼びかけています。他にもニューヨーク市教育庁やネバダ州クラーク郡の公立高校などでZoomの使用を禁止する通達が出ています。

また、ドイツ外務省は、国が所有する端末でZoomを使用することを禁止しています。ドイツ自由民主党(FDP)のデジタル政策広報を担当する議員もZoomが安全なソフトウェアだと証明されない限りは使用を控えるべきだと呼びかけており、ドイツでは多くの機関でZoomの使用が控えられているようです。

この他にも、台湾では全ての政府機関におけるZoomの使用を控えるよう勧告が出されており、オーストラリアでは国防軍と議会におけるZoomの使用が禁止されました。

インドでは政府のサイバーセキュリティ部門(CyCord)がZoomの危険性を指摘しており、政府職員に業務でZoomを使用しないよう求めています。

浮き彫りになる中国製サービスの危険性、どう向き合うか

Zoomはアメリカで開発されたサービスであるものの、中国政府により会話の内容が監視されていることを受け、多くの国の政府機関で使用を控えるよう通達されています。

一方、WeChatWeiboなど、中国で作られたサービスは中国国内の法律が適応されるため、各利用者のデータを監視したり中国の政府機関にデータを送信する機能があらかじめ搭載されている場合が多くあります。中国国外からこれらのサービスを利用している場合でも通信の内容は中国政府に共有される可能性があります。

こうした体制はどのようなリスクをはらんでいるのでしょうか。まずは、習近平主席の批判など中国政府にとって好ましくない発言をしたり、天安門事件など中国国内でタブーとなっている物事に触れた場合に、アカウントが停止される可能性があります。SNSのアカウントは今やビジネスでも使われるものであり、そのつながりを寸断されることによる不利益は小さくはないでしょう。

次に、機密情報が筒抜けになってしまうリスクがあります。情報がもたらす商業的利益、国家的利益は当然ながら大きなものです。こうした情報をオンラインで披歴する際には、共有の場となるサービス、プラットフォームが信用できるものなのかどうか、情報の機密性の程度に応じて、精査の必要があるでしょう。

中国製のサービスで有名なものとしては、チャットサービスではWeChatやQQ、SNSではWeiboやTikTok、ゲームでは荒野行動やアズールレーンなどが挙げられます。これらのサービスが全ての情報を中国政府に送信しているかどうか、確たる情報はありません。そうではあっても、業務で重要な情報を扱う場合は、なるべく中国製のサービスやソフトウェアを避けるといったリスクヘッジが必要なケースがあるのは確かでしょう。

あなたのスマホにも...実はそれ「中国製アプリ」です:TikTok、Simeji、荒野行動そしてアズレン

中国では数多くのスマートフォンアプリが開発されており、その一部は日本はじめ各国のApp StoreやGoogle Playなどにも公開されています。若年層を中心に多大な人気を持つショートムービーSNS「TikTok」やスマートフォン向けTPSゲーム「荒野行動」なども中国産アプリの一つです。2020年に入り、中国やインド、アメリカとの政府間の対立が深まっています。こうした関係悪化を背景に、インドでは6月末に国内でのTioTokの使用禁止を発表しています。インドで使用禁止となった中国製アプリは...


WeChatは危険って本当?個人情報の漏えい防止・安全性向上のセキュリティ対策・設定

メッセージや画像のやりとり、 無料通話など、中国人の生活に欠かせないSNSとなっているWeChat(微信)。しかし今、WeChat(微信)の危険性を不安視する声が数多く上がっています。 中国政府が検閲をしているという情報もありますが、WeChatを安全に利用するにはどのようなセキュリティ対策が必要なのでしょうか?今回は、WeChat(微信)の危険性や、利用する際の注意点、安全に利用するためのセキュリティ設定について詳しく見ていきます。インバウンド最大の中国市場は「旅マエ」にアプローチするの...

在宅勤務「PCがあればいつでも・どこでも」は意外と難しかった!?リモートワークで使えるツール&気を付けるべきこと

昨年2019年より、働き方改革、そしてオリンピック開催時の交通機関の混雑緩和を狙いに、各企業ではリモートワーク導入の積極的な検討が進んでいました。こうした風潮の中でも、首都圏の通勤ラッシュの劇的な改善は残念ながら特に見られなかったようです。ところが、年が変わり2020年、中国での惨状が報じられていた新型コロナウイルスの流行が、日本でも始まってしまいました。感染拡大を防止することの重要さは、日々報道やSNSで伝えられています。こうした中で、大手も含め、多数の企業が在宅勤務やリモートワークに踏...



<参照>

Axios:https://www.axios.com/zoom-closes-chinese-user-account-tiananmen-square-f218fed1-69af-4bdd-aac4-7eaf67f34084.html

The Times of India:https://timesofindia.indiatimes.com/gadgets-news/zoom-responds-to-supreme-court-notice-on-plea-to-ban-the-video-conferencing-app/articleshow/75921438.cms

ZDNet:https://www.zdnet.com/article/zooms-q1-lives-up-to-hype-crushes-estimates-and-outlook-doubles-wall-street-view/

ZDNet:https://www.zdnet.com/article/us-senate-german-government-tell-staff-not-to-use-zoom/

日系XTECH:https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/cpbook/18/00057/00005/

聯合新聞網:https://udn.com/news/story/7331/4629889

36Kr Japan:https://36kr.jp/11229/

NHK:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200612/k10012468271000.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!