5月免税売上7.7億円に「回復」4月の5億円から:前年比では97.5%減、入国制限影響【日本百貨店協会】

公開日:2020年06月26日

6月23日、日本百貨店協会・インバウンド推進委員会は、2020年5月免税売上高・来店動向の速報を発表しました。

免税総売上高は前年同月比から97.5%減、購買客数は前年同月比から99.3%減にまで落ち込みました。4月に引き続き低水準が続いており、新型コロナウイルスによる入国制限の影響で5月の訪日外客数がわずか1,700人となったことが大きな要因であるといえます 。

一人あたりの購買額は、前年同月が約9万円だったところから約24万1,000円と大きく増加しました。

《注目ポイント》

  1. 免税総売上高は前年同月比から97.5%減、購買客数は99.3%減に
  2. 一人あたりの購買単価は前年同月から大きく増加し約24万円に
  3. 免税手続きカウンターの来店数、中国は入国制限でも1位をキープ

関連記事
免税売上高・来店動向2020年4月分速報

免税総売上高は前年同月比97.5%減、購買客数は99.3%減

日本百貨店協会・インバウンド推進委員会2020年5月分の百貨店免税売上高・来店動向の速報が発表されました。この調査は、90店舗の「インバウンド推進委員店」を対象として行われたものです。

免税購買客数および免税総売上動向の推移を表したグラフ
▲[免税購買客数および免税総売上動向]:日本百貨店協会、免税売上高・来店動向より訪日ラボ作成

5月分の免税総売上高は約7億7,000万円、購買客数は約3,200人でした。

前年同月比では免税総売上高が97.5%減、購買客数が99.3%減とどちらも大きく落ち込みましたが、4月はそれぞれ約5億円、約2,400人であったことから、前月と比較すると若干回復しているともとれます。

5月中も多くの国が入国制限の対象になっていたことを考えると、これら購買の多くは5月中に訪日した観光客によるものとは考えにくいでしょう。

入国から6か月経過していなければ免税の対象となるため、入国制限が始まる前に訪日し、日本に滞在し続けている外国人が免税売上高を支えていると推測できます。

一人あたり購買単価は24万円突破

一人あたり購買単価については、前年同月が約9万円、前月が約21万円だったところから、5月は約24万1,000円とさらに上昇しました。

長期間日本に滞在している外国人のうち、経済的に余裕のある層がインバウンドによる購買の中心を占めており、それによって購買単価に上昇傾向がみられたと考えられます。

化粧品・ハイエンドブランド人気が継続

人気のあった商品は以下の通りです。

順位 商品カテゴリー
1位 化粧品
2位 ハイエンドブランド
3位 婦人服・洋品
4位 婦人服飾雑貨
5位 食料品

4月と比較すると、婦人服飾雑貨と子供服・雑貨の順位が下がり、婦人服・洋品や食料品の順位が上昇しました。

化粧品の1位が継続している理由として、免税手続きカウンターの来店数1位である中国国内で日本の化粧品に対する「安全・安心」というイメージが浸透していることや、「中国版Instagram」といわれる中国のSNS「小紅書(RED)」などで口コミが広がっていることが挙げられます。

小紅書(RED)とは?「中国版Instagram」の概要・登録方法・プロモーション手法を紹介

ネット上での海外サイトへの通信ができない中国では、国内で独自のSNSが発達しています。その中の一つが「小紅書(RED)」です。「小紅書(RED)」はInstagramに似た構造をしているSNSで、日本からでもダウンロード、登録を行うことができます。今回の記事では、「小紅書(RED)」のダウンロード方法と、使用方法をご紹介します。目次小紅書(RED)の登録と注意点は?小紅書の特徴と利用するメリットとは?口コミサイトとEC機能が統合国内最大級のユーザーを保有厳しいチェック体制が敷かれているユー...

中国1位は継続

5月の免税手続きカウンターの来店国別順位は、以下の通りです。

順位
1位 中国
2位 台湾
3位 韓国
4位 香港
5位 マレーシア
6位 タイ
7位 シンガポール

4月と比較すると、台湾と韓国が入れ替わったほかは順位に変動はありませんでした。

中国全土に対する入国制限は3月から始まっていましたが、それにもかかわらず中国はいまだ1位を維持しています。その要因としては、日本に引き続き滞在している訪日中国人が免税手続きカウンターを利用していることが考えられます。

インバウンド受け入れ再開は7月から/6月分も低水準続く見通し

6月26日現在、日本は111の国・地域からの入国を拒否しています。そのため、6月分の免税売上高も低迷すると予想されます。

政府は7月から4か国への入国制限を緩和する方針を打ち出し、6月25日にはベトナムとの相互の入国制限緩和に合意しました。

今後徐々に緩和が進められていくと予想されますが、現時点で対象者はビジネス目的の客に、受け入れ人数は1日250人程度に限るとされており、観光客の受け入れ再開はかなり先となる見通しです。7月も免税売上の大幅回復は見込めないでしょう。

国内外における、一日も早い新型コロナウイルス感染拡大の収束が待たれます。

【無料レポートプレゼント】140社以上!新型コロナへの企業対応 総まとめ:業種別・支援策も

緊急事態宣言の解除を受け、各業界で通常営業再開に向けた動きが出てきました。一方で、業種ごとにガイドラインが定められるなど、政府が提唱する「新しい生活様式」に沿った営業形態への移行が迫られています。今回のレポートでは、各種業界の緊急事態宣言下での取り組みや今後に向けた施策、企業による支援の動きなどをまとめました。新型コロナウイルス業種別対応・支援まとめ 完全版(無料)をご希望の方は、下記フォームにて必要事項をご記入ください。レポート完全版(無料)を希望の方はこちら目次緊急事態宣言を受けた対応...

世界各地で「第2波」発生?米では1日3万人感染も...拡大抑止と経済活動、両立の困難さ極まる

新型コロナウイルスを早い時期に経験したヨーロッパやアジア諸国では、5月初めには感染者数が一旦減少する傾向が見られました。しかし、そうした国の中には5月下旬から局地的に再び感染者が増えているところもあります。この記事ではコロナウイルスの感染拡大の第2波の可能性と経済活動再開の両立の難しさについて、世界各国の様子を踏まえながら紹介します。目次世界各地で第2波の兆候が同時に日本やEUでは渡航制限の緩和が協議中五輪は「簡素化」か「再延期」か、調整つづく感染拡大防止と経済活動の両立の道を探る世界各地...

<参照>

日本百貨店協会:2020年5月の免税売上高・来店動向【速報】

JNTO:訪日外客統計 2020年5月推計値

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!