東京商工会議所、「GoToトラベル」期間延長などの重点要望を政府・関係機関に提出へ

東京商工会議所観光委員会は、2021年4月8日、「コロナ禍からの復活に向けた、わが国の観光振興に関する重点要望」を発表しました。未来の観光復活実現を図る上で特に推進すべき施策を6つの柱にまとめています。

特に、観光産業・観光需要の回復に向けた支援、経済活動と感染拡大防止策の両立、持続的発展に向けたレスポンシブル・ツーリズムの推進について重点的に要望しています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

観光復活のための6つの柱とは

東京商工会議所観光委員会が取りまとめた、観光振興に関する重点要望の6つの柱は次のようになっています。

  • 観光産業・観光需要の本格的な回復に向けた強力な支援

Go To トラベルの効果的な実施および期間延長、ブレジャー、ワーケーションを推進することを求めています。

  • 経済活動との両立に向けた感染拡大防止策の徹底

ワクチン接種体制を構築することと混雑を避ける取り組みを促進すべきだと述べています。

  • 観光のデジタル対応(スマート・ツーリズム)に対する支援

デジタル技術を利用した新しい観光体験やキャッシュレスを推進することをあげています。

  • 地域の持続的発展に向けたレスポンシブル・ツーリズムの推進

旅行者と住民の相互理解を促進させる取り組みを求めています。

  • 公共交通機関の利用促進

MaaSの普及の促進や、公共交通機関の安全性をアピールすることを求めています。

  • 観光立国の実現に向けた大会レガシーの着実な形成・継承

東京五輪開催を機に、受け入れ環境整備や関連施設の観光業利用を促進することを求めています。

東京商工会議所観光委員会は、この要望を政府をはじめ関係各方面に提出し、要望内容の実現に向けた働きかけを行っていくとしています。

関連記事
Go To トラベル事業とは
ブレジャーとは
ワーケーションとは
MaaSとは
東京五輪の意義とは

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
東京商工会議所:コロナ禍からの復活に向けた、わが国の観光振興に関する重点要望について

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!