エスビージャパン、「道の駅」のインバウンド対応サポートを開始 デジタル・紙媒体のコンテンツを制作

ニュースメディアや国内在住外国人ネットワークを活用

エスビージャパン株式会社(以下、エスビージャパン)が、道の駅におけるインバウンド対応のサポートを開始したと、4月6日に発表しました。

エスビージャパンは、日本全国の観光・地域トピックスの最新ニュースを、英語・中国語・タイ語・フランス語など、多言語で発信するサイト「みんなの観光協会」を運営中です。

現在、全国の道の駅で、観光庁が進める「道の駅インバウンド対応拠点化整備事業」などを活用したインバウンド対応をしています。これにエスビージャパンが国内外向けニュースメディアや、国内在住外国人ネットワークを活用し、多言語対応に関するコンテンツ開発・展開をサポートしていきます。

道の駅インバウンド対応拠点化整備事業

道の駅インバウンド対応拠点化整備事業

ポスターやパンフレットといった多言語ツールなどを制作

エスビージャパンは、コンテンツ開発・展開をサポートの例として、「ポスターやパンフレットといった多言語ツールの制作」や、「デジタルサイネージで発信する動画コンテンツの制作」などを挙げています。

観光庁は同事業において、インバウンドを含めた旅行者向けの「無料Wi-Fi環境整備」や「多言語対応キャッシュレス決済対応」など、各観光地の旅行環境整備を集中的に支援します。

補助対象事業者は地方公共団体や民間事業者、協議会などで、補助率は補助対象経費の2分の1以内です。補助支援の応募受付機関は2021年3月26日から7月30日(17時必着)となっています。

(画像はエスビージャパン株式会社 ホームページより)

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

▼外部リンク

エスビージャパン株式会社
https://sb-ja.jp/

みんなの観光協会
https://minna-kanko.jp/

エスビージャパン株式会社のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000121.000017401.html

観光庁 トピックス
https://www.mlit.go.jp/kankocho/topics08_000176.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。