【速報】新総裁は岸田氏に 観光復興政策に注目

9月29日(水)、時期の首相を決める自民党総裁選が実施され、河野太郎規制改革担当相と岸田文雄前政調会長の決選投票の結果、岸田文雄前政調会長が新総裁に選出されました。

国会議員票と党員票の開票の結果、4人の候補者のいずれも過半数を獲得できなかった自民党総裁選ですが、決選投票は、岸田文雄氏が257票、河野太郎氏が170票という結果となりました。

新総裁に岸田氏、「Go To 2.0」など観光復興政策に注目

観光政策分野への岸田氏の過去の発言にて、「Go To トラベル」をバージョンアップさせた「Go To 2.0」に取り組みたいとかねてからコメントしていました。

「大型店・高級店に殺到しないよう中小、旅館などに行ってもらえるようプレミア率をあげる」ほか、地域共通クーポンに関してもデジタル化したいと発言しています。

富裕層の観光誘致については、日本ならではの強みを生かした体験型観光に一層力を入れていきたいとしています。

また、ワクチンパスポート保持者、陰性証明保持者には、プレミア率を上げることも検討しているということです。

観光に関わる経済対策に積極的な岸田氏の今後の動向、政策に注目が集まります。

関連記事
自民総裁選、4候補とも「観光需要回復」に意欲 「Go To 2.0」やデジタル活用にも言及
総裁選、4候補者の飲食・観光事業者支援に関する発言まとめ 岸田氏「再支給」、野田氏「GoTo早期再開」など

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる



関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!