2024年、訪日外国人数は「過去最高」3,310万人に? JTB推計

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

株式会社JTBは12月20日、2024年(1月~12月)の旅行動向見通しを発表しました。

訪日外国人数は、過去最高の3,310万人(対前年131.3%、対2019年103.8%)と推計されています。

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)


JTB、2024年の旅行動向見通しを発表

同調査は、1泊以上の日本人の旅行(ビジネス・帰省を含む)と訪日外国人旅行について、各種経済指標や消費者行動調査、運輸・観光関連データ、JTBグループが実施したアンケート調査などから推計したものです。

2024年の旅行動向見通し
▲2024年の旅行動向見通し:株式会社JTBニュースリリースより

国内旅行者数は2億7,300万人、海外旅行者数は1,450万人、訪日外国人旅行者数は3,310万人とそれぞれ推計されています。

訪日外国人数「3,310万人」本当に達成できる?

では、果たしてこの「3,310万人」という数字、本当に達成可能なのでしょうか。

やはりまず気になるのは、2019年には約70万人が日本を訪れ、訪日外客数全体の約3割を占めていた中国の動向でしょう。2023年11月は、全体の約10.6%となる25.8万人にとどまっており、2019年水準から50万人近く落ち込んでいる状況です。

今後の訪日中国人客数の動向について考えてみましょう。訪日数に大きく影響する国際線の就航状況(国土交通省集計:2023年冬ダイヤ)を見てみると、全体が2019年同期の84.9%まで回復しているのに対し、中国便は46.7%となっています。

関連記事:国際線冬ダイヤ、コロナ前「84.9%」まで回復 中国便は46.7%にとどまる【航空便動向まとめ】

航空便が少ない状況では、航空券が取りづらく、価格も高くなる傾向にあるため、ここが回復しないと訪日中国人はなかなか戻ってこないと考えられます。2月には大型連休「春節」もありますが、航空便が回復するにもある程度の時間がかかることを考えると、春先の桜のシーズンや、毎年最も多くの中国人が訪れる7〜8月がターニングポイントとなりそうです。

また、中国国内の景気や、円安の動向なども関係してきます。引き続き様々な視点から、中国の動きを注視していく必要があるでしょう。

一方で、日本政府観光局JNTO)の訪日外客統計によれば、2023年10月には訪日外客数全体が2019年水準を超え、251万人に。次の11月の数値も244万人と、6か月連続で200万人を超えています。未だ中国が少ない中でも、月別で2019年の水準を超えている状況です。

関連記事:11月の訪日外客数244万人、年間累計2,000万人超える

このままいけば2019年の水準を超えそうにも見えますが、2019年後半は韓国における不買運動で、前半よりも訪日外客数が落ち込んだ点に注意が必要です。2019年前半の水準まで戻るには、やはり中国市場の回復が必要となるでしょう。

まとめると、2024年は特に航空便の動き次第で、訪日中国人が少しずつ戻ってくるはずです。他の市場も今の水準を維持・拡大できれば、年間で2019年を超え、「3,310万人」に到達する可能性も十分にあると言えるでしょう。

オーバーツーリズム対策が必須に

すでに政府も示している通り、今後訪日中国人が回復し、訪日外客数が年間を通して2019年の水準を超えるとなると、「オーバーツーリズム」が多くの観光地で問題となるおそれがあります。すでに人気の観光地ではオーバーツーリズムが顕在化しているところもあり、対策が急がれています。行政だけでなく民間も含め、地域が一体となって考えていく必要がある問題だと言えるでしょう。

観光庁は10月、オーバーツーリズムについて具体策を盛り込んだパッケージ案をまとめています。詳細は以下の記事をご覧ください。

関連記事:オーバーツーリズム対策パッケージ案とは

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!

訪日ラボに相談してみる

<参照>

株式会社JTB:2024年(1月~12月)の旅行動向見通し

日本政府観光局(JNTO):訪日外客統計

国土交通省:国際線就航状況(2023年)

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜

初回から人気を博した「訪日ラボ トレンドLIVE!」シリーズの第二弾を開催!

TVや新聞などでも日々取り上げられているインバウンドの動向ですが、業界が盛り上がるにつれて情報把握が難しくなっています。

「訪日ラボ トレンドLIVE!」では、訪日ラボとして取材や情報収集を行っている中で、これこそは把握しておきたいという情報をまとめてお伝えしています。

今回も、インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」副編集長が、今月6月のインバウンドトレンド情報や、独自の取材で気づいたことについてお話ししていきますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

<本セミナーのポイント>

  • 毎月インバウンドの最新動向がわかる!
  • インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」を運営する副編集長 石橋が登壇!
  • 30分間でサクッと学べる!

詳しくはこちらをご覧ください。
訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜


【インバウンド情報まとめ 2024年5月後半】「世界で最も成長している観光地」トップに東京 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年5月後半版レポートから、5月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

※【インバウンド情報まとめ】は2024年5月より月2回発行いたします!最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

「世界で最も成長している観光地」トップに東京 / 富士山前のコンビニ、撮影防止の「黒幕・防護柵」設置【インバウンド情報まとめ 2024年5月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる


完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに