徐々に回復しつつある中国市場、最新データに基づく見解をJNTO北京事務所長 茶谷氏に聞く

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

日本政府観光局JNTO)は3月19日、2024年2月の訪日外客数推計値を発表しました。2月の訪日外客数は278万8,000人で、2019年同月比7.1%増を記録。その中で比較的回復が遅れている中国市場でも、先月1月と比較して2月は4万3,500人増加し、約46万人となったことがわかっています。

この回復基調は、果たして今後も続くのでしょうか?今回は、最新データに基づく中国市場の動向について、日本政府観光局JNTO)北京事務所長 茶谷 晋太郎氏に取材しました。

関連記事:「"爆買い"はもう昔の話」 今、中国人が訪日旅行に求めていることは

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)


中国からの訪日者数は順調な回復傾向に

訪日ラボ編集部:訪日外客統計の2月分データを拝見いたしました。中国市場は45万9,400人まで回復し先月から4万人以上の増加となっており、引き続きポジティブな動きを見せている状況かと思います。

本データに関する所感や、春節期間における動向などお聞かせください。

中国からの2月の訪日者数は約46万人、2019年同月比約64%となり、昨年12月の約31万人(同約44%)、1月の約42万人(同約55%)から順調な回復傾向にあります。

2月は春節休暇期間があり、その日数も2019年よりも若干長かったことも影響していると思われますが、春節期間中、中国人観光客が各地の観光地に戻ってきたという報道もあり、徐々に地方部にも再び足を向け始めたのかなと感じています。


編集部:一方で12月→1月の10万人増と比較し、1月→2月は4万人増と回復ペースがダウンしており、春節が2月にあった中で思ったより動きが鈍いのではないかとも取れる数字となっています。

この数字について茶谷様の方ではどう見ていますでしょうか。

2019年以前の状況を見ても、春節期間があるとは言え、2月は基本的には観光のオフシーズンであり、訪日客数が他の月から顕著に増えるということはありませんでした。先ほど述べたように、2019年同月比では、昨年12月、1月の回復率を上回っており、順調な回復状況にあると考えています。

また、中国の大手OTAの調査でも、春節期間の人気渡航先ランキングの上位に挙げられており、訪日旅行に対する期待は引き続き継続していると考えています。

今後の期待感は:夏休みシーズン前後に訪日のピーク、1〜2か月先を見越したプロモーションを

編集部:中国の訪日外客数が力強く回復する一方で、インバウンド観光にこれから取り組もうとする現場の方々と話すと、処理水問題の報道などもあったためか、今後の中国市場の盛り上がりについて懐疑的な声も一部見受けられます。

今後の動きの見立て・期待感についてお聞かせください。

まず処理水問題について申し上げると、基本的には訪日旅行に対する影響はすでにありません。中国市場の回復には、中国経済全体の先行きの不透明感が増していることや、中国国内旅行に比べ海外旅行全体の回復が遅れていることなど、考慮すべきポイントはありますが、海外渡航先としての人気や日中間の復増便の継続などにより、基本的には今後も順調な回復が見込まれるのではないかと考えています。

先日、北京の旅行会社の方とお話ししましたが、直近では桜シーズンの訪日旅行商品の販売が順調で、顧客からの関する問い合わせなども以前よりかなり増えてきたと伺いました。

今後については、特に例年夏休みシーズン前後に訪日のピークをつけており、2024年も同様の傾向となると思いますので、訪日までのリードタイムを考慮し、1~2か月先を見越したプロモーションが重要ではないかと考えています。

一方で、訪日客数だけではなく、消費額や地方宿泊数などを伸ばしていくことも重要です。中国人観光客のFIT化の進展、「モノ消費」から「コト消費」への嗜好変化、動画・SNSによる旅行情報収集の拡大などを踏まえた上で、それぞれの地域において魅力や観光資源の磨き上げ、中国SNSを活用したプロモーションなどはもちろんのこと、中国語を含む多言語対応キャッシュレス対応といった受入環境の整備を進めていく必要があろうかと考えています。

JNTOとしても、引き続き地方誘客に特に力を入れ、オンライン・オフライン両面でのプロモーションにより、訪日旅行の魅力発信に取り組んでいきます。


インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!

訪日ラボに相談してみる

訪日ラボ 最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめの記事をご紹介します。

永山卓也氏・mov共著『Googleビジネスプロフィールですごい集客力を手に入れる』8月5日発売

訪日ラボを運営する株式会社movは、株式会社ユニットティ 代表取締役で、日本初のGoogle ビジネスプロフィール ダイアモンドプロダクトエキスパートとしても活躍する永山 卓也氏とともに、Googleビジネスプロフィール専門の解説書『Googleビジネスプロフィールですごい集客力を手に入れる』を青春出版社より8月5日から発売いたします。

本書は、小売・飲食・宿泊業、観光業のマーケティング、マネジメント支援を中心に豊富な支援実績を持つ永山氏、そして口コミ対策・ローカルSEO(MEO)、インバウンド領域に知見を持つmovがタッグを組み、Googleビジネスプロフィールに関わる店舗集客施策を解説したものです。

全国の書店及びAmazonなどのオンライン書店、電子書籍での販売を予定しております。事前予約については以下のページをご確認ください。
https://amzn.asia/d/06xjqsYU

詳しくはこちらをご覧ください。
永山卓也氏・mov共著『Googleビジネスプロフィールですごい集客力を手に入れる』8月5日発売


【インバウンド情報まとめ 2024年7月前編】「もう一度行きたい国」日本が1位に、その背景は? 他

 


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、主に7月前半のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

「もう一度行きたい国」日本が1位に、その背景は? / 4月の国別宿泊者数 中国が再び1位に【インバウンドまとめ 2024年7月前編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる


完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに