訪日中国人観光客に人気の宿泊先とは?:団体旅行が多く、ホテル需要が高い

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

訪日中国人観光客の数は急増中。旅館業などの宿泊施設を営む事業者にとっては、どこを宿泊先に選んでいるのか気になるのではないでしょうか。

このような訪日中国人観光客の宿泊事情について解説するとともに、来訪者が多い時期についても併せて一緒に見ていきましょう。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!

訪日ラボに相談してみる

「訪日ラボ」の最新インバウンドノウハウが配信されるメルマガに登録する

訪日中国人観光客はホテル利用が多い

訪日中国人観光客の1訪日あたりのタイプ別宿泊施設利用率

訪日中国人観光客の1訪日あたりのタイプ別宿泊施設利用率

訪日中国人観光客は、宿泊先として洋室中心のホテルを宿泊先として選ぶことが多いです。1訪日旅行あたりのホテル利用率は88%で、訪日外国人観光客全体より3.6ポイント高い傾向にあります。

旅館利用率はぐっと低くなり、34.7%。しかしながら、訪日外国人全体よりは12.5ポイント高く、意外と旅館の利用が多いことも特徴です。

訪日中国人観光客が宿泊先にホテルを選ぶ理由

観光目的の訪日中国人観光客の個人旅行・団体旅行割合:日本政府観光局(JNTO)より引用

観光目的の訪日中国人観光客の個人旅行・団体旅行割合:日本政府観光局(JNTO)より引用

ホテルが訪日中国人観光客に好まれるのには理由があります。それは、訪日中国人観光客は団体旅行で訪日観光をすることが多いためです。

団体旅行においては、基本的にツアー会社が旅程を組みます。団体であるがゆえに、集団で泊まれる客室数を確保できるホテルの方が好まれています。

しかしながら、近年の傾向では、訪日中国人観光客の個人旅行(FIT)客が増加しており、個人の嗜好が宿泊先の選択に入るようになると、現在の比率から大幅に変わる可能性もあります。

<関連記事>

個人旅行と団体旅行の割合から見る今後の訪日中国人観光客の展望:個人旅行化が進み、wechatやweiboなどで個人へアプローチが必要

「爆買い」という言葉が大流行しました。訪日中国人観光客が団体旅行で日本を訪れ、家電製品などを中心に大量に購入していく姿は、もはやおなじみのものとなりました。また、ゴールデンルートを主軸にして、日本の観光地を訪日中国人観光客が団体旅行で回る光景もよく目にします。それでは、訪日中国人観光客の中で、団体旅行客と個人旅行客は、どのくらいの割合なのでしょうか。<関連記事>インバウンド最大の中国市場は「旅マエ」にアプローチするが重要!おすすめのインバウンド対策についてより詳しい資料のダウンロードはこち...

訪日中国人観光客の宿泊事情

また、訪日中国人観光客は、親族・知人宅を宿泊先にするということはほとんどないという特徴もあります。訪日中国人観光客の親族・知人宅への宿泊率は6.3%。そして同様にユースホテルやゲストハウスの宿泊率も低く、6.0%。いずれも、訪日外国人観光客全体の利用率と比較して低い傾向にあります。

こちらも、上記の通り、現状では団体旅行の割合が多いことが主な理由となります。そのため、今後個人旅行(FIT)が増加すると、特にユースホテル・ゲストハウス民泊などの利用が増加していく可能性が高いものとみられます。

<関連記事>

民泊は取り締まりの対象!? グレーゾーンから違法との見方が強くなった「闇民泊」について解説

訪日ラボでも何度か触れている「民泊」。2016年4月に民泊に対応すべく旅館業法の緩和を行ったり、6月には民泊新法に関する最終報告書が提出されたりしたことは記憶にあたらしいです。<民泊に関する規制緩和についてはこちら>そのような規制緩和がおこなわれつつも、そもそも旅館業法においては民泊の形式は想定しておらず、民泊に関してダイレクトに定めたルールがないのが現状です。そこで問題となっている、いわゆる「闇民泊(ヤミ民泊)」の問題点について解説していきます。目次闇民泊とは、旅館業法の制限を受けずに営...

訪日中国人観光客が宿泊する県

訪日中国人が宿泊した都道府県TOP10

訪日中国人が宿泊した都道府県TOP10

観光庁 訪日外国人消費動向調査によれば、昨年2015年はおそよ350万人の訪日中国人観光客が東京都に宿泊しています。同年の訪日中国人観光客数はおおよそ500万人ですから、7割近くの訪日中国人観光客が、1訪日旅行あたり最低1泊東京都ですごしていることになります。

その他、軒並みゴールデンルートにあが東京都を日本滞在中に訪れたといった結果が出ています。これと関連して、東京都に宿泊する訪日中国人観光客の割合も高くなっています。東京都以外では、大阪府なども訪日中国人観光客には人気の宿泊先です。

<関連記事>

訪日中国人観光客に人気の都道府県ランキング

訪日中国人観光客は、日本のインバウンド市場で人数、消費額ともに最も大きな比率を占めています。訪日中国人観光客に人気の目的地は主に東京や大阪といった大都市ですが、近年リピーターの増加や、地方空港と中国核都市を結ぶ直行便の増加、体験の希少性を求める旅行者のトレンドを背景に、日本全国の各都市に対する関心も高まっています。2019年の訪日外国人数は全国籍3,188万人で、そのうち訪日中国人数は959万4,300万人を記録しました。訪日外国人市場全体で、950万人を超えたのは初めてのことです。また中...

訪日中国人観光客が多くなる時期

訪日中国人観光客向けの宿泊施設不足が取り沙汰されていますが、そんな訪日中国人観光客のピークは7月、8月の夏休み時期です。この時期には特に宿泊施設が少なくなり、民泊などを宿泊先として利用する訪日中国人観光客も増加する傾向にあります。

4月に訪日中国人観光客が増えるわけ

また、4月に日本を訪れる訪日中国人観光客も多い時期です。これは花見が影響しています。訪日中国人観光客に花見は大人気であり、4月に日本にやってくる訪日中国人観光客が多いのは、日本の桜の花を見たいからなのです。

<関連記事>

インバウンド・外国人観光客が多い時期がひと目でわかる「インバウンドカレンダー」:全国籍&アジア(中国、台湾、香港、韓国、タイ)編

インバウンド市場

まとめ:訪日中国人観光客と人気の宿泊先

訪日中国人観光客が日本に来た際には、ほとんどの人がホテルを宿泊先としています。これには団体旅行で日本観光をする訪日中国人観光客が多いことが関係しています。他にも、訪日中国人観光客は夏休みの時期や花見の時期に数が増えることも訪日中国人観光客ならではの特徴となっています。

訪日中国人観光客インバウンドデータ集

データでわかる訪日中国人観光客

爆買いという流行も後押しし、2015年の中国人訪日外客数は前年の約2倍となる499万人となりました。また、2015年の訪日中国人によるインバウンド消費額は約23万円で前年比10%増程度ですが、訪日外客数増加の後押しをうけ、訪日中国人全体のインバウンド消費額はなんと5,583億円。

訪日中国人観光客の特徴

'爆買い'という流行語が現れるほどに存在感を放っている訪日中国人観光客。日本国内でも大きな注目が集まっており、彼らに関するニュースやコラムを目にする機会は少なくありません。

訪日中国人観光客が中国国内でよく見る人気のWEBサイト一覧・解説

中国はご存じのとおり、facebookやtwitterが閲覧できないほど非常に厳しいネット規制があります。中国国外のWEBサイトの検閲規制がかかっていたり、サーバードメインも現地法人がないと取得できなかったりと、様々な壁が存在します。

訪日中国人観光客が愛用するスマホSNSアプリ事情(1):WeChat(微信)

訪日中国人観光客の増加に伴い、インターネットを活用したインバウンドマーケティングへの関心が高まっています。しかし、中国のネット事情は日本とは大きく異なります。

訪日中国人観光客が愛用するスマホSNSアプリ事情(2):テンセントQQ

訪日中国人観光客が必携としているコミュニケーションツールをWeChat(微信)のほかにひとつだけ挙げるとしたら、それはテンセントQQ( 騰訊QQ、Tencent QQ; 以下、QQと略)だといえるでしょう。

訪日中国人観光客が愛用するスマホSNSアプリ事情(3):Weibo(微博)

訪日中国人観光客が常用するアプリとしてWeChat(微信)とQQを取り上げましたが、Weibo(微博)も忘れてはなりません。「微博」は中国語で“ウェイボー"と読み、ミニブログ、マイクロブログという意味です。

訪日中国人観光客が愛用するスマホSNSアプリ事情(4):人人網(レンレンワン)

訪日中国人観光客が常用するサービスとして、WeChat(微信)、QQ、Weibo(微博)をご紹介してきました。いずれもTwitter(ツイッター)、Facebook(フェイスブック)の良い所どりをしながら機能の充実を図ってきており、若干の不確定要素をはらみながらも、中国の3大SNSとして大きな存在感を誇示しています

訪日中国人観光客が愛用するスマホSNSアプリ事情(番外編1):ネット規制のアプリへの影響&ニュースアプリ篇

昨年(2015年)以来、中国経済を語るうえで重要なキーワードとなっているものに「互聯網(フーリエンワン)+」(インターネットプラス)があります。これは中国国務院(日本の内閣に相当)総理の李克強氏が唱えたコンセプトです。

訪日中国人観光客が愛用するスマホSNSアプリ事情(番外編2):ネットラジオ篇

「読みたい記事」が自在にカスタマイズできる「今日頭条(ジンジートウティアオ)」がニュースアプリの定番となる一方、「聞きたい番組」を自由自在に取捨選択できるネットラジオアプリも人気を集めています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介

インバウンド市場の最新動向がわかる訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介します。

2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

昨年12月、JTBが2024年の旅行動向見通しを発表し、 訪日外国人旅行者がコロナ前の2019年を上回る過去最多の3,310万人に達するとの予測を立てました。

インバウンド市場が回復の動きを見せる中、訪日外国人を集客するために、どのような対策をすべきかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで本セミナーでは、訪日外国人の集客支援を行う2社にて、 2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション成功のポイントを独自の視点から紐解いていきます。

【訪日外国人の行動データと口コミデータで紐解く】2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに