好調アドアーズ。インバウンド×アウトバウンド対策が鍵?アジア進出から訪日外国人客を確保へ

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

メダルゲーム場など遊技施設チェーンを経営する「株式会社アドアーズ」が好調の模様です。オンラインニュースサイト「財経新聞」によると第1四半期は、総合エンターテインメント事業の利益が回復したことで黒字転換。4月から7月まで前年同月比ベースを全て上回る売上高を記録。これからも利益増大が見込まれそうです。

そんなアドアーズ。どうやらインバウンド対策とアウトバウンド対策の組み合わせが成長の鍵となっているようです。

 

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

訪日外国人観光客に向けたインバウンド対策とアジア圏進出へのアウトバウンド対策が成長の鍵

今年2月3日の同社によるニュースリリースによると、アドアーズは訪日外国人観光客の増加に対するインバウンド対策として外国人観光客向けの新サービスの提供を開始。さらに、アウトバウンドを見込んで海外進出も視野に入れているようです。

インバウンド対策①:訪日外国人観光客へのサービス円滑化を目指し、マルチリンガルコンタクトセンターサービスを開始

インバウンド 通訳

アドアーズ:外国人観光客向けの新サービスの提供を開始 より引用

訪日外国人観光客のゲームセンター来店時に、主要7か国語の通訳を始めました。現段階で英語、中国語、韓国語、タイ語、ポルトガル語、スペイン語、ベトナム語の通訳が可能です。24時間365日いつでも利用可能で、電話を通じて受け入れるサービスです。
設置店舗は秋葉原地区 5 店舗、池袋地区 4店舗、上野地区 2 店舗、渋谷店、浅草店の合計 13 店舗。ゲームセンターのみにとどまらず、カラオケ施設、カフェ施設などの各業態別にサービスが導入されています。

インバウンド対策②:訪日中国人観光客をターゲットとし、WeChat ペイメント・WeChat シェイクの導入

インバウンド WeChat

アドアーズ:外国人観光客向けの新サービスの提供を開始 より引用

また、中国最大のLINE型SNS「WeChat」の提供サービスとの連携も発表されました。今回対象となるのは、「WeChat Payment」と「WeChat」のシェイク機能の2種類。前者の「WeChat Payment」は中国で普及しているオンライン決済サービス。後者のシェイク機能については特定の店舗やスポットで端末を振ると関連した情報やお得なクーポンなどが手に入るサービスです。どちらも訪日中国人観光客を呼び込むうえで必須のツールとなっています。導入店舗としてサービスが開始されているのは秋葉原2号店。訪日中国人観光客の来店頻度が高い店舗です。

さらに、ゲームの遊び方について店内で多言語化表示することも検討中。英語や中国語などの言語に対応可能なスタッフの数の増加も進んでいます。オンライン上のみのインバウンド対策に限らず、あらゆる角度から訪日中国人観光客を中心とした顧客を呼び込む姿勢です。

<関連記事>

訪日中国人観光客が愛用するスマホSNSアプリ事情(1):WeChat(微信)

訪日中国人観光客の増加に伴い、インターネットを活用したインバウンドマーケティングへの関心が高まっています。しかし、中国のネット事情は日本とは大きく異なります。

取引額153兆円の中国電子決済サービスとは:Alipay、WeChat Payの2大巨頭

中国では驚異的な速さで電子マネーが普及しています。その中でもAlipay(支付宝)とWeChat Pay(微信支付)という2つの電子決済サービスが市場争いを繰り広げています。ネット通販から始まった決済サービスが実店舗へも広がり、取引額はおよそ日本の30倍以上。今回は、現在中国で支払いのスタンダードとなりつつある電子決済サービスについてご紹介します。関連記事Alipay(アリペイ・支付宝)とはQR決済WeChat PayとはAlipayとWeChat Payのシェア(2019年)Alipay...

アウトバウンド対策:香港に子会社を設立 アジア進出への足掛かりに

先ほどご紹介したインバウンド対策と合わせ、アドアーズはアウトバウンド対策にも注力しています。アドアーズは今年の5月10日に同企業の連結子会社である株式会社ブレイクが、香港特別行政区に子会社「BREAK ASIA LIMITED」を設立することも発表しています。ブレイクは、主にアドアーズの総合エンターテインメント事業においてアミューズメント用景品等の製造、または販売に従事。これまでに中国や香港など中国語圏の様々なメーカーとの取引を通じて、業績を拡大してきました。

インバウンドを見込んだアウトバウンドの流れ。中国語圏との強力なコネクションを目指す

今回の子会社設立にあたった経緯に至ってアドアーズは、
> アジア地域における日本キャラクターの根強い人気から、日本ライセンス商品の販売の可能性を感じており、本件孫会社設立により、ブレイク及び当社のライセンス事業で培ったノウハウ及び実績を基に、アジア地域での日本ライセンス商品の販売を拡大し、主力事業である総合エンターテインメント事業の業容拡大を目指してまいります。ー連結子会社による子会社(当社の孫会社)の設立に関するお知らせ:株式会社アドアーズ ホームページより引用
とコメントしました。中国語圏での日本ライセンス商品の販売の拡大、総合エンターテインメント事業の業容拡大により中長期的な視点から見れば国内店舗へのインバウンド効果も期待できるのではないかと推測できます。

きっかけはアジア圏での根強い日本のキャラクター人気。訪日中国人観光客×アニメ・ゲームはこれからのインバウンド対策のキーワードに

日本貿易振興機構(ジェトロ)上海事務所が2015年に発表した中国アニメ市場調査によると、
> 『名探偵コナン』、『ドラえもん』、『ワンピース』、『ちびまる子ちゃん』などの日本アニメや『ハロー・キティ』などは中国でキャラクターとしての人気が高い。ファーストフードやコンビニのプレゼントキャンペーンや、「微信(WeChat)」のスタンプなどで日本のキャラクターが登場するケースも増えている。またディズニー作品やハリウッドアニメ映画も幅広い層に人気だ。ーアニメ市場調査:日本貿易振興機構(ジェトロ)上海事務所より引用

中国最大級のゲーム見本市、ChinaJoy(チャイナジョイ) ツーチャイナより引用

中国最大級のゲーム見本市、ChinaJoy(チャイナジョイ) ツーチャイナより引用

日本発祥のキャラクターが中国でもある程度の市民権を得ていることが伺えます。

また、2015年の来場者数27.3万人を記録した中国最大級のゲーム展示会であるチャイナジョイ(正式名称:China Digital Entertainment Expo&Conference)でも日本のキャラクターの人気が見て取れました。

会場内ではバンダイのガンダムプラモデルの即売会が行われ、人気を博したそうです。また、中国人のなかにも日本マニアックなフィギュアの世界にお金をかける人が多くいる模様。中国国内でもこれだけの影響をもつ日本のアニメやゲームキャラクター。同様に訪日中国人観光客×アニメにはずいぶんと大きなポテンシャルがありそうです。

<関連記事>

日本のアニメ・漫画の訪日中国人観光客への影響力

目次日本の「忍者」が好きな人に大人気 「NARUTO」 の影響力クオリティーの低いアニメ関連グッズを嫌う訪日中国人観光客どうしてそんなに日本のアニメ・漫画が好き?見るなと言われるほど見たくなる心理訪日中国人観光客のお目当てとなる日本アニメ・漫画の聖地巡礼地方を舞台にした日本の近代アニメ・漫画まとめ:日本固有のものとコラボしたものが訪日中国人観光客の人気訪日中国人観光客インバウンドデータ集日本の「忍者」が好きな人に大人気 「NARUTO」 の影響力海外での「忍者」人気は中国でもあります。中で...

 

まとめ:アウトバウンドからインバウンドへ。中国での地盤固めがインバウンド収益として還元されるか

以上の流れを踏まえるとアドアーズは

  1. ターゲット層を徐々に訪日中国人観光客へと移行。
  2. 付随するインバウンド対策に着手。
  3. アウトバウンド対策として香港での子会社設立。
  4. それによる中国での地盤強化から中国での知名度上昇。
  5. 国内でのインバウンド効果へ還元。

という計画の進行の最中なのではないかと予測されます。インバウンド×アウトバウンド、この相乗効果には、大きな可能性がありそうです。

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜


初回から人気を博した「訪日ラボ トレンドLIVE!」シリーズの第二弾を開催!

TVや新聞などでも日々取り上げられているインバウンドの動向ですが、業界が盛り上がるにつれて情報把握が難しくなっています。

「訪日ラボ トレンドLIVE!」では、訪日ラボとして取材や情報収集を行っている中で、これこそは把握しておきたいという情報をまとめてお伝えしています。

今回も、インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」副編集長が、今月6月のインバウンドトレンド情報や、独自の取材で気づいたことについてお話ししていきますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

<本セミナーのポイント>

  • 毎月インバウンドの最新動向がわかる!
  • インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」を運営する副編集長 石橋が登壇!
  • 30分間でサクッと学べる!

詳しくはこちらをご覧ください。
訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜

【インバウンド情報まとめ 2024年5月後半】「世界で最も成長している観光地」トップに東京 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年5月後半版レポートから、5月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

※【インバウンド情報まとめ】は2024年5月より月2回発行いたします!最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

「世界で最も成長している観光地」トップに東京 / 富士山前のコンビニ、撮影防止の「黒幕・防護柵」設置【インバウンド情報まとめ 2024年5月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに