セブンイレブンら 大手コンビニの訪日外国人観光客向けサービス:社会インフラとして電子決済、多言語対応など多様な取り組み

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

セブン‐イレブン・ジャパンとトランスコスモスが平成28年(2016年)8月31日、コールセンターによる多言語対応サービスを開始することを発表しました。専用のコールセンターにより、セブン-イレブン加盟店の運営を支援する「店舗サポートサービス」を実施するもの。訪日外国人が来店した際、トランスコスモスの「多言語コンタクトセンター」を通じて、逐次翻訳を行います。対応言語は英語、中国語で、時間は午前9時から午後9時まで。状況に応じて、サービスを拡大することも検討しています。

現在、各地にあまたと存在するコンビニを社会インフラの一種とみなす考え方が広まっています。コンビニの利便性を向上させる取り組みはインバウンドビジネスのみならず、少子高齢化、トラックドライバー不足の解決など幅広い分野で行われています。全国各地に店舗があり、大企業が統括するコンビニは、新たなサービスを次々と取り入れ、進化を続けているのです。

今回は、特に訪日外国人観光客向けに行われている、大手コンビニによるサービスの動向についてご紹介します。

 

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

コンビニは小売店から、日々の活動を支える社会インフラに

コンビニが社会インフラとして認識されるようになった大きなきっかけは、平成20年(2008年)に経済産業省が主導して「社会インフラとしてのコンビニエンスストアのあり方研究会」が発足したこと。買物弱者、防犯、防災、行政サービス、認知症対応、物流……などさまざまな分野に関連して、これからのコンビニのあり方について検討が行われました。

インバウンドビジネスについても取り上げられ、資料の中では「観光庁観光立国実現に向けたアクション・プログラム2014において訪日外国人旅行数2,000万人(2013年の約2倍)の高みを目指すとしている中で、外国人が安心して利用できるコンビニエンスストアとはどのようなものであるか」と問題提起されています。今やコンビニはただの小売店ではなく、訪日外国人観光客を含む日本にいるすべての人たちの活動を支える存在だと考えられているのです。

翌平成21年(2009年)には本フランチャイズチェーン協会が「社会インフラとしてのコンビニエンスストア宣言」を発表。以下のような目標を掲げ、ただの小売店ではなく、社会インフラとしての機能を果たすことを明言しています。

  • わたしたちは、「環境にやさしいコンビニエンスストア」を実現します。
  • わたしたちは、「まちの安全・安心」に貢献します。
  • わたしたちは、「地域経済の活性化」に貢献します。
  • わたしたちは、「消費者の利便性向上」を追求します。

その後、この宣言に基づいて、各企業が取り組みを行っています。今や社会インフラとしての役割をはたすことは、コンビニ業界の共通目標、社会的責任になっています。

 

コンビニで行われている訪日外国人観光客向けのサービス

では、具体的にはどのような取り組みが実施されているのでしょうか。

免税手続き:免税対象となる商品の広がりを受け

セブン‐イレブン・ジャパンは平成27年(2015年)7月9日、訪日外国人観光客免税手続きをスピーディーにできる「免税サービス」の対象店舗数を、拡大していくことを発表。免税店制度の変化により、食料品、化粧品などの消耗品が対象になったことで、これらの商品を扱うコンビニは訪日外国人観光客にとって使いやすいお店になっていたためです。

免税手続きの対応は、他の大手コンビニでも、訪日外国人観光客の多い場所を中心に実施されています。

電子決済:財布を持ち歩く習慣のない訪日外国人観光客に対応

海外では、日本以上に電子決済が広く浸透しています。お金を持ち歩く習慣がない人も多いと言われており、訪日中国人観光客をはじめとした訪日外国人観光客向けに対応することは非常に重要です。

ファミリーマート、ローソン、セブン-イレブンをはじめとしたコンビニでは、微信支付(WechatPayment)などの導入が進んでいます。

多言語対応:日本語が分からなくても使いやすい環境づくり

多言語対応はさまざまなところで行われています。

  • 接客:冒頭で取り上げたセブン-イレブンのような取り組み、各国語を記載した指差しシートの用意など
  • アプリ:スマートフォンをかざすと、商品情報が多言語で表示されるアプリの開発など
  • Wi-Fi:コンビニや交通機関で使える無料のWi-Fiアプリの多言語対応など

 

まとめ:コンビニは訪日外国人観光客にも欠かせない存在

日本各地に店舗を構えるコンビニは現在、さまざまな問題を解決する社会インフラとして見られています。少子高齢化、買い物弱者、トラックドライバー不足といった国内の問題のみならず、日本を訪れた訪日外国人観光客も対象となっています。

訪日外国人観光客の困り事を解決するために、電子決済の導入、免税手続きの対応、多言語対応など、多種多様な取り組みが行われています。

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


訪日外国人数は過去最大を見込んでいる2024年ですが、一方で誘客する企業や地域、自治体などでは今でも多くの課題に臨んでいます。

訪日ラボでも、山梨県(富士山)のオーバーツーリズム対策について、対策の重要性とそれに取り組む関係者の姿勢について取材をしてきたばかりです。

そこで今回は、地域産業や関係者を巻き込むことによって起きた地域活性化について最新のデータや情報をお届けします。

  • "巻き込み力"とは何か
  • 組織や地域で創り上げるコンテンツはどのようなメリットをもたらすのか

など、国内最大級の遊び予約サイト「アソビュー!」の専門家とともにこれからのポイントを徹底解説します!

詳しくはこちらをご覧ください。
観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


【インバウンド情報まとめ 2024年6月後編】富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年6月後半版レポートから、6月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 / 5月の訪日外国人数304万人、3か月連続で300万人超え【インバウンドまとめ 2024年6月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに