民泊専門の知恵袋「HOST BOARD」:民泊ホストが民泊運営での疑問を解決できるプラットフォーム

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

法規制の緩和やインバウンド向け宿泊施設の不足、比較的手軽に始めることができるという特性を背景に、Airbnb(エアビーアンドビー)など「民泊ビジネス」が日本でも急速に広まりつつあります。

民泊ビジネス」とは、一軒家やマンション、オフィスなどの空室を民泊用の宿泊施設として貸し出し、収入を得るビジネス形態を指します。

しかし、民泊ビジネスを検討している国内の不動産業界や一般人にとって、空き室を所有していても、ノウハウがない限り、それらを宿泊施設を効率的に民泊として活用するのは難しいことです。

こうした背景をもとに、民泊業界のホストや民泊関連事業者向けに、新しいコミュニティーサイトが誕生します。

<関連記事>

人気を集める民泊ビジネス:民泊運用代行サービスAirbnb Lifeのサービス内容をご紹介 フレキシブルな民泊運営が可能に

Airbnbなどの民泊サービスを活用して観光客などに自らの所有する物件を貸し出して収益をあげる「民泊ビジネス」。民泊ビジネスを効率的にサポートするものとして民泊運用代行サービスが挙げられます。今回は、株式会社クークーアンドコーの提供する民泊で収益を最大化する運営代行サービス「Airbnb Life」についてご紹介。<関連記事> 目次フルマネージドプラン、業務委託プラン、コンサルティング、の3つに分けた民泊運用代行サービスを提供[特徴①]フルマネージドプラン:民泊運用に関する作業をすべて委託...

 

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

民泊のホストのためのコミュニティーサイト:HOST BOARDが誕生!

トーキョーサンマルナナ株式会社は、2017年1月19日より、民泊のホストのためのコミュニティーサイト「HOST BOARD」を開設します。

今回ご紹介しているウェブサイト「HOST BOARD」。一体どのようなサービスなのでしょうか?

民泊ホスト同士や民泊関連事業者が情報共有するためのコミュニティーサイト

「HOST BOARD」は、民泊を運営しているホスト(宿泊施設提供者)や、民泊関連事業者(民泊運用代行サービスなど)が民泊に関連する情報を共有することができるコミュニティーサイトです。

「HOST BOARD」は、これらの民泊ホスト同士や、民泊ホストと民泊関連事業者を繋げることができ、現状の民泊事業における課題の多くを解決することができるとのこと。

先述の通り、2017年1月19日がサイトのオープン日となりますが、それに先駆け、2016年12月19日より「HOST BOARD」を利用したいホストの登録受付を開始しています。

民泊のホストのためのコミュニティーサイト「HOST BOARD」には、具体的にどのような特徴があるのでしょうか?

 

民泊ホストのための情報共有サイト HOST BOARD:一体どのような特徴が?

登録しているホスト同士で民泊に関する課題を解決

ホスト同士での問題解決例:「HOST BOARD」より

ホスト同士での問題解決例:「HOST BOARD」より

「HOST BOARD」では、登録しているホストが民泊運営に関する質問を投稿することができ、またそれに対する回答も投稿することができます。

「HOST BOARD」に寄せられた「質問及び回答」は、サイト上に蓄積され、後ほど質問内容をジャンル分けすることで、同様の課題を抱えているホストが瞬時に自らの課題の回答を検索できるような仕組みになるとのこと。

民泊関連業者からのプロフェッショナルな回答ももらうことが可能

専門家を通じた問題解決例:「HOST BOARD」より

専門家を通じた問題解決例:「HOST BOARD」より

また、「HOST BOARD」では、公式アカウントとして民泊関連事業者のアカウントも、審査のうえ発行します。

これにより、一般の民泊を運営するホスト同士では解決できないような課題に関しても、専門的な知識・経験をもつプロフェッショナルな民泊関連事業者から、無料で回答をもらうことができるようになります。

多岐にわたる機能を提供:質問投稿 回答のお気に入り保存 回答者レビューなど

民泊のホストのためのコミュニティーサイト「HOST BOARD」では、機能の一部として、

  • 質問投稿
  • 通常投稿
  • 回答のお気に入り保存
  • LINEからの質問・回答

などが導入されるとのこと。

また、回答者を5段階評価でレビューすることもできます。

民泊運用代行サービスとの併用が可能か:それぞれに合った民泊運用が可能に

今回取り上げている民泊のホストのためのコミュニティーサイト「HOST BOARD」は、訪日ラボでもご紹介している各種民泊運用代行サービスとの併用が可能です。

例えば、個人ではなかなか手の回らないAirbnbなど民泊サービスのアカウント登録や宿泊ゲストへの対応、物件のリスティング化、収益の最大化などは、民泊運用代行サービスに委託して、個人でも対応しうる家電・備品などアメニティの購入に関する相談、クリーニング作業やハウスルールの作成、その他民泊運営に関する悩みごとについては、「HOST BOARD」を活用する、といった使い方も可能。

そのため、各種民泊運用代行サービスの提供する代行オプション(一部のみ代行など)+「HOST BOARD」を活用することにより、比較的安く民泊運用を行うことができます。

<関連記事>

人気を集める民泊ビジネス:民泊運用代行サービスHOST LINKのサービス内容をご紹介

法規制の緩和やインバウンド向け宿泊施設の不足などを理由に、Airbnb(エアビーアンドビー)などの民泊プラットフォームを活用した「民泊ビジネス」が日本でも急速に普及しています。それに加え民泊ホストの運用業務を代行する「民泊運用代行サービス」は、より効率的に民泊ビジネスを行うための一種のツールであり注目されています。この記事では人気民泊運用代行サービス「HOST LINK」の具体的なサービス内容や料金形態、特徴などをご紹介します。<関連記事>  目次[運用実績]300件以上の民泊代行運用を実...

人気を集める民泊ビジネス:多彩なサービスがウリの民泊運用代行サービスfaminectのサービス内容をご紹介

Airbnb(エアビーアンドビー)などの民泊サイトを活用した「民泊ビジネス」は日本で盛り上がりを見せています。しかし、民泊ビジネスを検討している人にとって、空き室を所有していても、運用ノウハウがない限り、それらを宿泊施設として訪日外国人観光客に貸し出すのは難しいことです。こうした問題を解決してくれるのが「民泊運用代行サービス」。民泊運営に必要な業務を代行してくれるサービスです。株式会社ファミリアリンクの提供するAirbnb・民泊代行サービス「faminect」(以下、ファミネクト)は代表的...

人気を集める民泊ビジネス:ビックデータ解析が特徴の民泊運用代行サービス「エアリノベ」のサービス内容をご紹介

近年注目を集める「民泊ビジネス」。民泊ビジネスを効率的に運用に乗せてくれるサービスとして民泊運用代行サービスの需要が国内で高まっています。株式会社メタップスのグループ会社である株式会社VSbiasが提供する民泊運用代行サービス「エアリノベ」は人気の民泊運用代行サービスとして知られており、今回の記事では同サービスの概要、料金体系などをご紹介します。<関連記事> 目次[特徴①]最大の特徴はビックデータ解析に基づく高収益な民泊運用サポート[特徴②]エアリノベでは民泊運用前・後にわけたサービスを提...

 

まとめ:民泊ホストに便利なコミュニティーサイトが誕生

民泊運営を行うホストに便利なコミュニティーサイト「HOST BOARD」が来年1月よりオープンします。

今までであれば、多くの民泊ホストが抱く疑問・質問を集積したプラットフォームは存在していなかったため、「HOST BOARD」は、インバウンド需要が高まる日本の民泊ビジネスにとって革新的なサービスとなるかもしれません。

<参照>

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜


初回から人気を博した「訪日ラボ トレンドLIVE!」シリーズの第二弾を開催!

TVや新聞などでも日々取り上げられているインバウンドの動向ですが、業界が盛り上がるにつれて情報把握が難しくなっています。

「訪日ラボ トレンドLIVE!」では、訪日ラボとして取材や情報収集を行っている中で、これこそは把握しておきたいという情報をまとめてお伝えしています。

今回も、インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」副編集長が、今月6月のインバウンドトレンド情報や、独自の取材で気づいたことについてお話ししていきますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

<本セミナーのポイント>

  • 毎月インバウンドの最新動向がわかる!
  • インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」を運営する副編集長 石橋が登壇!
  • 30分間でサクッと学べる!

詳しくはこちらをご覧ください。
訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜

【インバウンド情報まとめ 2024年6月前編】日中韓サミット開催、2025〜26年が「日中韓文化交流年」に 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年6月前半版レポートから、5月後半~6月前半のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

日中韓サミット開催、2025〜26年が「日中韓文化交流年」に / 4月外国人宿泊数は1,315万人泊、国籍別「台湾」が1位に【インバウンドまとめ 2024年6月前編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに