飲食店のインバウンド集客を支える決済機能付き予約ポータルサイト「TableCheck」とは

飲食店のインバウンド集客を支える決済機能付き予約ポータルサイト「TableCheck」とは

観光庁が発表する「訪日外国人消費動向調査(2016年)」によれば、訪日前に期待していたこととして71.2%(複数回答)の訪日外国人観光客が、また、訪日前に最も期待していたこととして26.0%(単一回答)が、「日本食を食べること」をあげています。

つまり、訪日客の4人に3人が訪日旅行における日本食に少なからず期待 をしており、さらに4人に1人は、もっとも日本食に期待して おり、日本食や日本の飲食店は、実はインバウンド市場における最重要ポイントだとも言えます。

Favicon訪日ラボ

 

訪日客の70%が楽しみにしている「日本食」 最も満足度が高いのは「寿司」次は意外にも「肉料理」

日本を訪れる訪日外国人観光客は、そもそも何を目的に日本を訪れているのでしょうか?日本は海外には珍しい明確な四季、季節とともに移り変わる自然風景、大都市部でのショッピング、豊かな伝統文化などがありますが、実はその中で最も注目を集めているのは日本の料理なんです。訪日外国人は日本を訪れる際に何を期待しているのか?訪日外国人観光客が旅行前に期待していたこと:観光庁訪日外国人消費動向調査より引用観光庁が発表している「訪日外国人の消費動向 平成28年10-12月期報告書」によると、訪...

しかしながら、現在日本の飲食店はインバウンド対策に困りがちです。どうやってメニューを多言語化したらよいのか、カード決済が出来るようにすべきなのか、ハラル対応ベジタリアン対応はすべきなのか……そのなかでも「どうやったら訪日外国人観光客が来てくれるのか」、つまりインバウンド集客に悩む飲食店は多いのではないでしょうか。

今回は、インバウンド集客に悩む飲食店向けに、インバウンド集客を支える事前決済機能付き予約ポータルサイト「TableCheck(テーブルチェック)」をご紹介します。

「TableCheck(テーブルチェック)」についてより詳しい資料のダウンロードはこちら

「TableCheck(テーブルチェック)」の資料をDLして詳しく見てみる

インバウンド集客を支える決済機能付き予約ポータルサイト「TableCheck(テーブルチェック)」とは

インバウンド集客を支える決済機能付き予約ポータルサイト「TableCheck(テーブルチェック)」とは

「TableCheck(テーブルチェック)」とは、インバウンド向けのレストラン利用者が使える予約ポータルサイト、およびアプリケーションサービス の総称です。株式会社VESPERが提供する飲食店向け予約管理システム「TableSolution(テーブルソリューション)」を導入している人気店のネット予約を集約しています。

「TableSolution(テーブルソリューション)」についてより詳しい資料のダウンロードはこちら

「TableSolution(テーブルソリューション)」の資料をDLして詳しく見てみる

急増するインバウンドへの対応として、日本語、英語、中国語の3カ国語に対応した店舗紹介ページを掲載、店舗の魅力を国内外に向けて発信しています。掲載店舗には、大手グルメサイトには載っていない人気店を始め、星付きレストランや外資系グループホテル内の高級店まで、日本の飲食業界を牽引する名店が名を連ねています。

特徴としては、業界初となる、ネット予約時のクレジットカード決済機能「キャンセルプロテクション」を標準機能として利用することができ、初期導入費用や月々の固定費用なしで無断キャンセルへの対策を講ずることができます。

インバウンド向け飲食店予約サービス「TableCheck(テーブルチェック)」の特徴その1:カード事前決済&キャンセルプロテクション機能を標準装備

「TableCheck(テーブルチェック)」では、業界で唯一、ネット予約成立時のクレジットカード決済や利用金額に応じたクレジットカード利用枠の一部仮押さえ(与信)を実現 しています。

飲食店の予約を直前または無断でキャンセルする方や団体は未だに後を絶たず、キャンセルによって生じる食材費や人件費のロス、売上の減少は、飲食店を経営する上での死活問題ともなるリスクとなっています。さらに、インバウンドにおいては、訪日外国人観光客の予約キャンセル率は、日本人のそれと比べてやく2倍近い (株式会社VESPER調べ)結果となっています。

このリスクを回避できるのが、「TableCheck(テーブルチェック)」の「キャンセルプロテクション」機能です。この機能は、予約時に決済まで済ませる「事前決済型」、予約時にカード情報の入力のみを必須とする「与信(仮押さえ)型」、プレゼントディナーや決済による割引特典などを付与する「任意利用型」 の3種のパターンから設定することが可能で、これらのクレジットカードでの事前決済により、無断キャンセルを防ぐことができます。初期費用や月額固定費を掛けずに利用することができ、お手軽に無断キャンセルへ対策として活用することができます。

インバウンド向け飲食店予約サービス「TableCheck(テーブルチェック)」の特徴その2:掲載料&送客手数料0円

「TableCheck(テーブルチェック)」への掲載は、飲食店向け予約台帳システム「TableSolution(テーブルソリューション)」の導入店舗であれば無料で掲載することができます。 さらに、飲食店予約サイトでは発生する予約毎の送客手数料も0円 となっています。

インバウンド向け飲食店予約サービス「TableCheck(テーブルチェック)」の特徴その3:お店の紹介を日英中3カ国語で掲載

「TableCheck(テーブルチェック)」では、日英中の3カ国語に対応したお店の紹介ページ 展開することができます。インバウンド向け多言語化対応の基本となる英語、さらに最重要インバウンド市場である中国語圏をカバーすることで、効果的に店鋪のインバウンドプロモーションをすることができます。

インバウンド向け飲食店予約サービス「TableCheck(テーブルチェック)」の特徴その4:「TableSolution(テーブルソリューション)」とのシームレスな連携

「TableCheck(テーブルチェック)」は、飲食店向け予約台帳システム「TableSolution(テーブルソリューション)」と連携しており、予約サイトと台帳システムのシームレスな連携が実現 できます。

そのため、予約サイトから台帳システムへの入力漏れや、それに伴うオーバーブッキングのリスクを回避 することができます。さらに、「TableSolution(テーブルソリューション)」・「TableCheck(テーブルチェック)」間で、リアルタイムで席の空席状況を連携しているため、オンラインでの即時予約に対応でき、機会損失の心配もなくなります。

まとめ:飲食店のインバウンド集客には「旅ナカ」施策が重要

飲食店が講ずるべきインバウンド施策の中には、メニューの多言語化やハラル・ベジタリアン対応、クレジットカード対応やインバウンド集客施策などがあります。そのなかでも、まずは訪日外国人観光客の集客をしなければ、他の施策の効果はあまりない とも言えます。

また、インバウンド集客においては、「旅マエ」および「旅ナカ」でのプロモーション展開が重要になりますが、飲食店においては、その性質上「旅ナカ」での集客施策が重要 となります。

そのようななかで、今回ご紹介した「TableCheck(テーブルチェック)」は、多言語対応はもちろんのこと、リアルタイムでの空席状況連携ができ、さらにクレジットカード決済にも対応し、それにより無断キャンセルの防止もすることができ 、飲食店のインバウンド集客施策としてトータルでサポートします。

飲食店でインバウンド対策を検討する際には、一度「TableCheck(テーブルチェック)」の資料を見てみてはいかがでしょうか。

「TableCheck(テーブルチェック)」についてより詳しい資料のダウンロードはこちら

「TableCheck(テーブルチェック)」の資料をDLして詳しく見てみる

<関連>

Favicon訪日ラボ

 

【すべて無料】飲食店の料理メニューを多言語化できるサイトまとめ13選:コストを抑えて始めるインバウンド対応

飲食店にとってインバウンド対策としてメニューの多言語対応は現在は必須とも言えるものですが、自分で辞書や翻訳サイトを参考にしながら翻訳していくのも大変です。有料のメニュー作成サービスを展開する企業も多数存在しますが、飲食店のインバウンド対応をサポートするため、各都道府県や地方自治体ではウェブ上で簡単に無料で多言語対応メニューを作成出来るようにしています。そうした無料の多言語メニュー作成サイトを一挙にご紹介しましょう。インバウンド対策の第一歩多言語対応についてより詳しい資料のダウンロ...

Favicon訪日ラボ

 

「世界で最もクレジットカードが使いやすい国」の実現に必要なこととは?

海外旅行で便利なクレジットカードですが、訪日外国人観光客にとってもそれは同様で、様々な場面でクレジットカードの利用場面があります。日本クレジットカード協会は日本を「世界で最もクレジットカードが使いやすい国」にするという目標を掲げており、2014年に訪日外国人観光客を対象としたカードの利用環境に関するアンケート調査を行っています。訪日外国人観光客が日本でクレジットカードを利用しなかった理由:観光立国実現に向けたクレジットカード業界としての取り組み要約版 より引用この調査の中でク...

Favicon訪日ラボ

 

「ローカルハラル」「ムスリムフレンドリー」ってなに? ムスリム対応の前に抑えておきたいハラルの考え方

経済発展が著しく、増加が見込まれる東南アジアからの訪日外国人観光客。厳しい食事制限のあるイスラム教徒が多いことから、その対応のためにはハラル認証が必要だと言われています。ODAなどにより途上国支援を行う日本は、イスラム圏の国々からポジティブに捉えられていると言われていますが、残念ながら、イスラムの教えを理解し配慮を行う飲食店などが少なく、旅行しにくいの現状です。他の事業者に先んじてイスラム教徒が利用しやすい環境づくりを行えば、大きなビジネスチャンスになるのではないでしょうか。しかし...

Favicon訪日ラボ

 

飲食店でのインバウンド対策で必須知識!訪日外国人に多い「ベジタリアン」とは?

飲食店が訪日外国人観光客を接客する場合、別の記事でご説明したそれぞれの国ごとの食習慣・マナーの違いのほか、嗜好や宗教によって「食べることが出来ないもの」「食べてはいけないもの」「食べたくないもの」があることに注意が必要です。この記事では訪日外国人観光客の嗜好によって気をつけるべきポイントとして、海外では多い「ベジタリアン」についてご紹介します。 ベジタリアンとは?日本ベジタリアン協会によると、ベジタリアンの定義は下記のようになっています。>ベジタリアン(Vegetarian...

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!