民泊予約サイト「STAY JAPAN」、東北夏祭りの“イベント民泊”を提供

―地域のイベント時の宿泊施設不足を解決し、地方創生に貢献―

[株式会社百戦錬磨]

株式会社百戦錬磨(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:上山康博)は、東北の伝統的な夏祭りである、「相馬野馬追(福島県南相馬市)」、「弘前ねぷたまつり(青森県弘前市)」、「五所川原立佞武多(青森県五所川原市)」において、各自治体と連携し、運営する民泊予約サイト「STAY JAPAN」(https://stayjapan.com/)にて宿泊施設の掲載および旅行者の募集を開始いたしました。相馬野馬追、五所川原立佞武多は昨年に続き2度目の実施です。
STAY JAPANイベント民泊特設ページ:http://mag.stayjapan.com/lp/event_minpaku/)

 「イベント民泊」とは、年1回のイベント開催時に自治体の要請等により自宅を旅行者に提供する仕組みであり、多数の集客が見込まれるイベントの開催時に宿泊施設が不足する地域において、その不足を解消する有効な手段であるといわれています。
当社は、これまでも「イベント民泊」をはじめとする民泊農泊の推進を通じて、地域の住民の方と旅行者の交流による新たな旅行の価値提供を行ってまいりました。旅行者が日帰りではなく地域に宿泊することで、交流人口や消費の拡大による地域経済の活性につながります。当社は今後も、全国のスポーツイベントから地域のまつりなど、「イベント民泊」をきっかけとする地域創生に貢献してまいります。

【イベント民泊予約受付ページURL】

■相馬野馬追
宿泊可能期間:2017年7月28日(金)~31日(月)
URL:https://stayjapan.com/event/Soma%20Nomaoi

■弘前ねぷたまつり
宿泊可能期間:2017年7月31日(月)~8月7日(月)
URL:https://stayjapan.com/event/HirosakiNeputa

■五所川原立佞武多
宿泊可能期間:2017年8月3日(木)~8月8日(火)
URL:https://stayjapan.com/event/GoshogawaraTachineputa

※予約済みの施設・イベントもございますのでご注意ください。

◆参考URL

公認民泊仲介サイト「STAY JAPAN(ステイジャパン)」
URL:https://stayjapan.com/
STAY JAPAN(ステイジャパン)」は、今までにない宿泊スタイルを提供する民泊・宿泊・イベント民泊予約サイトです。民家・アパート・マンション、古民家などの空き部屋やユニークな場所に宿泊することができます。都市部の生活空間に暮らすように滞在したり、地方で日本の伝統文化や田舎体験を通じて現地の方と交流したり、「日本」をもっと深く知ることのできる旅の拠点を提供します。国家戦略特別区域法や旅館業法など、国の定める法律に則り、自治体の認可を受けた公認民泊のみを取り扱っています。また、宿泊保険への加入や日本語・英語で対応可能な24時間コールセンターのサポートなど、民泊を安心して利用できる仕組み・環境づくりにも取り組んでいます。

◆株式会社百戦錬磨について

社名:株式会社百戦錬磨
URL:http://www.hyakuren.org/
所在地:宮城県仙台市青葉区本町2-17-17(本社所在地)
    東京都千代田区外神田2-18-20(東京事務所)
    大阪府大阪市西区靭本町2-4-6 SJ OSAKA CENTRAL303 (大阪事務所)
代表者:代表取締役社長 上山康博
設立:2012年6月19日
資本金:784百万円(2017年3月現在)

<関連>

青森県のインバウンド需要

青森県は他の東北地方各県と同様、訪日外国人訪問率、訪問数、インバウンド宿泊人泊数など前提的に伸び悩んでいる数値が多く、インバウンド需要においては課題が多いと言えます。

青森県では訪日客宿泊者数80%増に:復興庁による新しい東北事業を軸とした民間・自治体からのインバウンド対策をおさらい

三大都市圏及び地方部における外国人延べ宿泊者数比較:観光庁より引用訪日外国人観光客に人気の旅行先は、以前であればゴールデンルートに偏っていましたが、最近では地方にもスポットライトが当たり始めています。観光庁が2016年11月30日にリリースした宿泊旅行統計調査によると、三大都市圏に宿泊した訪日外国人観光客数は、去年と比べて約1.4%アップと微増を記録。一方、地方部に宿泊した訪日外国人観光客数は、去年と比べ約7.8%アップとなっており、地方部を滞在先として選ぶ訪日外国人観光客が増えていること...

台湾は前年比153%増で倍増以上 急速にインバウンドで成長を見せる東北6県 平成29年3月延べ外国人宿泊者数では前年同月比47%増

東北を訪れる訪日外国人観光客の数も増加傾向にありますが、この数値について東北運輸局観光部がまとめています。これは観光庁の宿泊旅行統計調査の平成29年3月分(第2次速報値)がとりまとめられたことを受け、東北運輸局管内(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県及び福島県)の集計結果としてまとめられたものとなります。訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションについてより詳しい資料のダウンロードはこちらコト消費に対応!インバウンド動画プロモーション...

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!