青森県では訪日客宿泊者数80%増に:復興庁による新しい東北事業を軸とした民間・自治体からのインバウンド対策をおさらい

青森県では訪日客宿泊者数80%増に:復興庁による新しい東北事業を軸とした民間・自治体からのインバウンド対策をおさらい

三大都市圏及び地方部における外国人延べ宿泊者数比較:観光庁より引用
三大都市圏及び地方部における外国人延べ宿泊者数比較:観光庁より引用

訪日外国人観光客に人気の旅行先は、以前であればゴールデンルートに偏っていましたが、最近では地方にもスポットライトが当たり始めています。

観光庁が2016年11月30日にリリースした宿泊旅行統計調査によると、三大都市圏に宿泊した訪日外国人観光客数は、去年と比べて約1.4%アップと微増を記録。

一方、地方部に宿泊した訪日外国人観光客数は、去年と比べ約7.8%アップとなっており、地方部を滞在先として選ぶ訪日外国人観光客が増えていることがわかります。

このような状況の中、地方の中でも東北地方がインバウンド業界において注目を集めています。

<関連記事>

Favicon訪日ラボ

 

日本観光の王道?ゴールデンルートとは

みなさんは日本横断ゴールデンルートという言葉を聞いた事がありますか?今回は訪日旅行客向け日本観光の王道、ゴールデンルートについて解説します。インバウンド対策なにから始めたら良いかわからない?訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を詳しく見てみる「インバウンドコンサル」の資料を無料でダウンロードする「調査・リサーチ」の資料を無料でダウンロードする「インバウンドデータ」の資料を無料でダウンロードするインバウンドの王道観光ルート「ゴールデンルート」とは?ゴー...

訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションについてより詳しい資料のダウンロードはこちら

訪日客宿泊数 青森県では前年比80%増を記録:他県でも軒並み好調



都道府県別外国人延べ宿泊者数:観光庁より引用
都道府県別外国人延べ宿泊者数:観光庁より引用

同データ内では、2016年9月における「都道府県別外国人延べ宿泊者数」に関しての記載があります。

訪日外国人観光客の延べ宿泊者数において、青森県では、前年同月比80.4%増、岩手県では53.1%増、宮城県では16.8%増、秋田県では4.6%増、山形県では60.2%増を記録しています。

福島県のみ、22.6%減となっていますが、ほとんどの東北地方の県において、訪日外国人観光客における宿泊者数が増加していることが把握できます。

インバウンド誘致を進めるにあたり、東北地方ではどのような取り組みが行われてきたのでしょうか?これまでの取り組みをおさらいします。

VISIT東北が「東北路」を開始:訪日韓国人観光客に向け東北をPR

TOHOKURO(東北路)サイトイメージ:パソナグループ プレスリリースより引用
TOHOKURO(東北路)サイトイメージ:パソナグループ プレスリリースより引用

パソナグループの企業・VISIT東北では、訪日韓国人観光客を東北地方に集客することを目的とした事業「東北路」を2016年8月11日からスタートさせています。

東北路とは、VISIT東北、アール・ピー・アイ、韓国に本社を置くKyusyuro Co,Ltdが提携し、実施する事業。個人旅行者の割合が高い訪日韓国人観光客を対象に、東北6県のモデルコースを旅行商品として販売します。

2016年12月1日からは、訪日韓国人観光客向け旅館予約サイト「TOHOKURO(東北路)」を開設。東北地方の宿泊施設や豊富な観光資材を訪日韓国人観光客に紹介しています。

また、訪日外国人観光客の受入れに関するセミナーも定期的に開催。これからは、訪日韓国人観光客のみならず、訪日台湾人観光客、訪日香港人観光客などの誘致にも注力していくとのこと。

VISIT東北の東北地方におけるインバウンド誘致の取り組みは復興庁による「新しい東北・交流拡大モデル事業」にも認定されています。

*新しい東北・交流拡大モデル事業:個人で観光をしている訪日外国人観光客が東北を体験することのできる機会を提供する事業を支援する復興庁による取り組み

<関連記事>

Favicon訪日ラボ

 

訪日韓国人観光客を誘致する「東北路」:震災の影響が続く東北地方にインバウンド需要を

パソナグループの企業・VISIT東北が、訪日韓国人観光客を東北地方に集客することを目的とした事業「東北路」を平成28年(2016年)8月11日からスタートすることを発表しました。この事業には、復興庁による事業「新しい東北」がかかわっており、震災からの復興にも影響があると思われます。今回は「東北路」を中心に、「新しい東北」についてご紹介します。 東北地方のインバウンド観光の現状:震災以後、苦しい状況にまずは復興庁が平成28年(2016年)1月22日に発表した資料「東北の観光復...

ALL ABOUTと復興庁がコラボ:インバウンド向けサイトALL ABOUT TOHOKU RESORTSを開設

All About TOHOKU Resortsホームページより引用
All About TOHOKU Resortsホームページより引用

総合情報サイトを運営する「株式会社オールアバウト」は、復興庁の(*)「新しい東北・情報発信事業」の委託をうけ、情報サイト「All About TOHOKU Resorts」を開設しています。

「All About TOHOKU Resorts」とは、東北に詳しい外国人(通称、東北ツウアンバサダー)の独自の視点から、リゾート地、豊富な観光資材など東北地方の魅力を、海外に向けて発信する情報サイト。

東北ツウアンバサダーが、東北地方の「食」「雪」「お祭り」「温泉」「自然」の5テーマに関して取材し、自らの体験・経験などを訪日旅行を検討している外国人、または日本滞在中の訪日外国人観光客に向けて、記事形式で紹介しています。

*新しい東北情報発信事業:東北地方の活性化に向けた事業を行う民間などとコラボし、新しい東北地方の魅力を国内外に発信するための復興庁による取り組み

<関連記事>

Favicon訪日ラボ

 

All Aboutと復興庁がコラボ:外国人目線で東北の魅力を発信する訪日客向けサイト All About TOHOKU Resortsを開設

2016年11月2日、日本政府観光局(JNTO)により、2016年1月から10月までの訪日外国人観光客数が2,000万人を超えたとの報道発表がありました。訪日外国人観光客数は異例のペースで増えており、JNTOは2020年の訪日外国人観光客数4,000万人誘致を目指して、これからもインバウンド誘致に向けた取り組みを加速させていくとしています。訪日外国人観光客の訪問先として、依然ゴールデンルートは人気の観光スポットとなっていますが、最近では少しずつ地方にもスポットライトが当たり始めてい...

JR東日本ではインバウンド誘致に「行くぜ、東北。」キャンペーンを実施:今年で6回目&冬の東北を海外に売り込み

JR東日本は、東北6県の観光キャンペーン「行くぜ、東北。SPECIAL 冬のごほうび」を2016年12月1日より開始。このキャンペーンは4カ月間続きます。

「行くぜ、東北。」は、東日本大震災からの復興を観光振興によって後押しするキャンペーン。2011年11月から始まり、今年で6回目になります。

今回からは、訪日外国人観光客誘致に向けた取り組みも行うとしており、海外に「冬の東北」の売り込みを強化。

また、びゅうトラベルサービスが受託している日本政府観光局(JNTO)の東北プロモーション事業では、来年1月から2月にかけて中国やタイからメディアや旅行会社などを東北エリアに招致するとのこと。

さらに、東北エリアをターゲットとした鉄道パスとオプショナルツアー、宿泊制度を組み合わせたインバウンド向けパッケージ商品「TOHOKU BUFFET(東北ブッフェ)」に関しては冬商品の発売も開始。

他にもさまざまなインバウンド誘致に向けた取り組みを推進することにより、キャンペーン中の4カ月において20万人の訪日外国人観光客誘致を目指すとしています。

<関連記事>

Favicon訪日ラボ

 

東武鉄道、インバウンド向け「1日着物レンタル」サービスを開始 訪日外国人の「地方へ」の流れを背景に

訪日旅行のトレンドが「消費」から「体験」に移行しつつあります。そのため、ショッピングが主な目的となる首都圏に集中していたインバウンド需要が、より「日本らしい」ものを体験できる地方にも広がるようになりました。<関連記事>[blogcardurl=https://honichi.com/9248][blogcardurl=https://honichi.com/9987]それに伴って、鉄道会社は地方のインバウンド効果を目的に各地域の観光素材を活用して様々な取り組みを...

H.I.Sでは仙台空港にインバウンド向け施設を開業:訪日客に東北の観光情報を提供

施設概要:株式会社H.I.S.プレスリリースより引用
施設概要:株式会社H.I.S.プレスリリースより引用

株式会社エイチ・アイ・エスの支部である「H.I.S.東北・北海道・新潟事業部」では、仙台空港にインバウンド向け観光案内所「TOHOKU TOURIST SUPPORT COUNTER」を開設しました。

また、訪日外国人観光客からの問い合わせに対応する「コールセンター」も設置。訪日外国人観光客に幅広い東北の観光情報の提供が可能になりました。

このH.I.Sの取り組みも、復興庁による「新しい東北・交流拡大モデル事業」に認定されています。

<関連記事>

Favicon訪日ラボ

 

FITの増加から地方空港のインバウンド対策が進む:HIS 仙台空港にインバウンド向け施設開業&政府からも支援

中国や東南アジア諸国などを対象にしたビザの条件緩和や、格安航空会社(LCC)の普及、また円安が進んだことなどを理由に、近年、訪日外国人観光客の数が増え続けています。このような背景を受け、政府は今年、訪日外国人観光客数を2020年に4,000万人とする新たな目標を発表しています。航空路線の拡大やクルーズ船の寄航増加などもあり、2016年度も1月から8月までの期間で、訪日外国人観光客数は初めて1,600万人を超えるなど、訪日外国人観光客数は引き続き好調に伸びています。そんな追い風を受け...

岩手県釜石市ではAirbnbと提携:震災復興&インバウンド誘致に世界最大の民泊サービス活用

釜石市長 野田武則さんとAirbnb共同創設者兼CPOジョー・ゲビアさん:Airbnb Japanプレスリリースより引用
釜石市長 野田武則さんとAirbnb共同創設者兼CPOジョー・ゲビアさん:Airbnb Japanプレスリリースより引用

2016年10月20日、Airbnb Japan(以下、Airbnb)は岩手県釜石市との提携を発表しています。

具体的な提携内容として、

  • 民泊(ホームシェアリング)の推進に加え、釜石市の観光振興を促進
  • 2019年のラグビーワールドカップなど大きなイベント開催時の来訪客に対応するために、釜石市内の人々にAirbnbなど新サービスへの適応を促進
  • 災害時などに利用する非常用宿泊施設として、Airbnbを活用する地域災害対応プログラムを策定。釜石市の地域防災計画を支援

などが実施されます。

東日本大震災以降、落ち込んだ観光客数を元に戻すため、岩手県の沿岸部に位置する釜石市ではインバウンド誘致に着目。世界的に利用されている民泊サービスであるAirbnbとの提携を開始しました。

<関連記事>

Favicon訪日ラボ

 

釜石市、民泊サービスAirbnbと提携しインバウンド誘致:震災復興にAirbnb活用は起爆剤となるか

格安航空会社(LCC)の普及や、中国や東南アジア諸国などを対象にしたビザの条件緩和、また円安が進んだことなどを理由に、訪日外国人観光客の数が増え続けています。また、2019年のラグビーワールドカップや2020年の東京オリンピック・パラリンピックなど、世界的なスポーツ大会が日本で開催されることも加味すると、これからも訪日外国人観光客数は増えていくことが予測され、インバウンド受け入れ環境の整備は急務であるといえます。このような流れから、3年後のラグビーワールドカップの試合会場地である岩...

Favicon訪日ラボ

 

10分で理解する民泊サービス その実態とは?背景や法的要件、課題などを解説

民泊サービスとは?:Airbnb(エアービーアンドビー)を例に日本でも急速に広まりつつある民泊ビジネス。業界の中でも最も有名なAirbnb(エアビーアンドビー)を例に見てみましょう。Airbnb(エアビーアンドビー)は2015年11月時点で全世界191カ国、3万4000都市に200万物件を誇る民泊サービスです。日本でも知らぬ人がいないほどに知名度が高まってきましたが、Airbnb(エアビーアンドビー)はアメリカのカリフォルニア州で生まれた企業で、創業は2008年。生き馬の目を抜く厳しさ...

Favicon訪日ラボ

 

300万人の訪日客が利用:国内で普及が進む民泊サービスAirbnbの利用実態をわかりやすくご紹介

2016年11月2日、日本政府観光局(JNTO)により、2016年1月から10月までの訪日外国人観光客数が2,000万人を超えたとの報道発表がありました。訪日外国人観光客数が異例のペースで増えている中、国内ではインバウンド向け宿泊施設の不足が問題となっていますが、最近では訪日外国人観光客の間で世界最大の民泊サービスであるAirbnbの普及が日本においても進んでいます。AirbnbJapan株式会社のプレスリリースによると、2016年1月から10月の間にAirbnbを利用した訪日外...

まとめ:復興庁による「新しい東北」事業を中心としたインバウンド対策が進む東北地方

ご紹介してきたように、復興庁による「新しい東北」事業を軸とした、民間企業のインバウンド対策により、東北地方では多くの訪日外国人観光客誘致を実現してきたことがわかります。

東日本大震災以降、落ち込んだ観光客数も現在では回復傾向にあり、これからは東北の魅力を海外に向けてアピールする段階に来ています。

訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションについてより詳しい資料のダウンロードはこちら

コト消費に対応する「インバウンド動画プロモーション」の資料をDLして詳しく見てみる

ネット上の有名人を活用した「インフルエンサープロモーション」の資料をDLして詳しく見てみる

インバウンドでは口コミが重要!「SNSプロモーション」の資料をDLして詳しく見てみる

人気インバウンドメディアを活用して情報発信!「インバウンドメディア」の資料をDLして詳しく見てみる

<関連記事>

Favicon訪日ラボ

 

東北地方の広域観光周遊ルートの特徴:日本海側、太平洋側の豊富な観光資源を活用

訪日外国人観光客による周遊旅行の拡大を目的に、テーマ、ストーリー性を持った形で観光ルートをまとめ、海外へ積極的な発信を行う「広域観光周遊ルート形成促進事業」。日本各地で、それぞれの地域の魅力を活かした個性的なモデルコースが設定されており、想定されるターゲット層、ニーズまで掲げられています。今回は、欧米からアジアまで幅広い客層の獲得を目指す東北地方の広域観光周遊ルートについて見ていきましょう。 日本の奥の院・東北探訪ルート東北地方の広域観光周遊ルートの名称は「日本の奥の院・東...

<参照>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!