デジタルガレージとテンセント、モバイルQQにおける訪日中国人向け公式コンテンツ「QQお出かけ日本」を共同開発し提供開始

公開日:2017年10月02日

〜位置情報型メッセージ通知等により、インバウンドマーケティングを支援〜

[株式会社デジタルガレージ]

株式会社デジタルガレージ(東証一部 4819、本社:東京都渋谷区、代表取締役 兼 社長執行役員グループCEO:林 郁、以下:DG)と、中国のインターネット企業であるTencent Holdings Ltd(中国語名:騰訊控股有限会社、本社:中国広東省深圳、CEO:馬化騰、以下:テンセント)は、テンセントが提供する多機能チャットアプリ「モバイルQQ」向けに、訪日中国人向け公式コンテンツ「QQお出かけ日本(QQ出行日本)」を共同で開発し、2017年10月より提供を開始します。これに伴いDGは、コンテンツ内の広告サービスも提供します。

 月間アクティブユーザー数約6.62億人の中国のチャットアプリ「モバイルQQ」内に、訪日中国人ユーザーに向けて観光情報を発信するコンテンツ「QQお出かけ日本」をテンセントとDGが共同で開発しました。テンセントが運営するアカウント「QQお出かけ」からのメッセージ通知等によりユーザーの集客を行い、DGはコンテンツの運営と国内企業に対する広告サービスの提供を行います。「QQお出かけ日本」のシステム開発において、DGはEDOCODE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:田村 鷹正)と連携しています。

 「QQお出かけ日本」には都道府県ごとの食事・買物・観光情報を掲載。訪日中国人ユーザーは地図機能により目的地までのルート検索や周辺検索ができます。また、インバウンド消費の拡大を狙う国内の小売やメーカー企業は、訪日中国人ユーザーに対して広告配信が可能となります。サービスや商品、店舗などに関する幅広い自社情報の掲載やクーポンの登録により、訪日中国人ユーザーへ効果的なプロモーションが可能になります。

 「QQお出かけ」を通じてスマートフォンの位置情報やIPアドレスにより、日本に到着直後から訪日中国人ユーザーに利用を促すメッセージを配信するため、広範囲へのリーチと高精度なターゲティングを実現します。以前実施したトライアルキャンペーンの結果より、「QQお出かけ日本」は訪日中国人ユーザーの約20%以上の利用が見込め、最大級の訪日中国人向けメディアといえます。今後もDGは、訪日中国人に対するブランド認知拡大や来店誘導を通じ、企業のインバウンドマーケティングを支援します。

※「QQお出かけ日本」は中国人ユーザー向けに中国で公開されているアプリ「QQ手机版」内のコンテンツのため、当リリース上でのコンテンツページの公開はございません。

インバウンド最大の中国市場は「旅マエ」にアプローチするが重要!おすすめのインバウンド対策についてより詳しい資料のダウンロードはこちら

ネット上の有名人を活用した「中国向けインフルエンサープロモーション」の資料をDLして詳しく見てみる

特殊なインターネット事情の中国に対応した「中国向け広告運用」サービスの資料をDLして詳しく見てみる

インバウンドでは口コミが重要!中国最大のSNS「Wechat」についての資料をDLして詳しく見てみる

Wechatに並ぶ人気の中国版Twitter、「Weibo」の資料をDLして詳しく見てみる

<関連>

訪日中国人を中心に8億人超が利用!「WeChat」を活用したインバウンド対策事例

FacebookやTwitter、Instagramなどが人気を博している世界とは異なり、独自の発展を遂げている中国のIT業界。8億超のアクティブユーザー数を誇り、「中国版LINE」と評されているメッセンジャーアプリ「WeChat(微信)(ウィーチャット/微信/ウェイシン)」をご存知でしょうか。日本人ユーザーが利用しているという話を耳にする機会はあまりありませんが、インバウンド業界では積極的に活用していこうとする動きが見られ、徐々に存在感が強まっています。たとえば、大手免税店のラオックスは...

まさに三国志状態 中国3大決済サービスWeChat Payment、Alipay、銀聯カードの日本でのシェア争い始まる

国内で巨大な市場になっている「インバウンド市場」企業・店舗が訪日外国人観光客を集客、もしくは誘致する際に、大きなターゲットになってくるのは「爆買い」とのキーワードでも知られる訪日中国人観光客。「爆買い」は失速したとの情報も耳に入りますが、観光庁による2016年のインバウンド消費額における内訳を確認してみると、訪日中国人観光客によるインバウンド消費は、ダントツの1位である1兆4,754億円を記録しており、2位が訪日台湾人観光客、4位が訪日香港人観光客であることを加味すると、中国語圏からの訪日...

【実際どう使われているの?】インバウンドで注目の中国電子決済 「Alipay」対「WeChatPayment」で機能面・使用シーンを比較

こんにちは。アレンジの筑波です。最近、決済系のベンチャーも続々と立ち上がりつつある日本ですが、中国では圧倒的な2大巨頭によって、市場が独占されています。そう、Alibaba(アリババ)が運営しているAlipay(アリペイ)とTencent(テンセント)が運営しているWeChatPayment(ウィーチャットペイメント)。これらが、どういう感じで使われているかも含めて考察を書こうと思います。 目次Alipay vs. WeChatPayment比較その1:シェア割合は?Alipay vs. ...

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!