シンガポールで巻き起こる北海道ブーム その理由が意外!シンガポール人の75人に1人がわざわざ見に来る日本の〇〇とは

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

Made In Japanは一種のブランドとしての地位を確立しつつあり、海外で日本製品は人気となっています。こうした背景から「爆買い」に代表されるように日本で大量に商品を購入する訪日外国人観光客も多くいます。インバウンド需要の取り込みに成功しているお店として、筆頭に挙げられるのがドン・キホーテ。最近では外国人向けのビジネスに可能性を感じ、海外にも展開しだしているようです。

ドン・キホーテはなぜ訪日外国人観光客に超人気なのか?:4つの戦略から見える旅行者目線と地域連携の徹底

訪日外国人観光客で賑わうドン・キホーテ大手ディスカウントストアとして日本人にも人気の「ドン・キホーテ」。インバウンド需要への対応の動き出しが早く、今では訪日外国人観光客にとって定番観光スポットとなっています。ドン・キホーテのインバウンド需要に対する取り組みは、「ドン・キホーテ」というブランド、店鋪の訪日外国人観光客に対する周知(PR)はもちろんのこと、多言語対応、免税対応など多岐にわたります。今回は、そのドン・キホーテがどのような戦略・対応で訪日外国人観光客のハートをがっちり掴んでいるのか...

訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションの資料を無料でダウンロードする

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

ドン・キホーテがシンガポールに2店舗をオープン!開業に併せて北海道フェアを開催

ドン・キホーテは12月1日にシンガポールのOrchard Centralに新規店舗をオープンしました。東南アジアでの新規店舗オープンは初めて のことです。また、来年2018年の6月にはTanjong Pagarにてシンガポール2号店をオープンします。ドン・キホーテはシンガポールを皮切りに海外進出を進めていくとのことで、タイにも店舗を開業する予定です。

また、今回のシンガポールでの新規店舗オープン関して特筆すべき点は、シンガポール人に人気の北海道食品フェアが開催されるという点。 この背景には何があるのでしょうか。

シンガポール人は北海道がお好き?国内で雪が降らないことから日本のスノーリゾートはシンガポール人の憧れ?

シンガポール4大旅行代理店の1つであるDynasty Travelのアリシアさんによると、シンガポール人の間で 北海道旅行は大きな人気を集めています。 理由としては、雪への関心が高い ことが挙げられるとのこと。例えば、月間約180万人が閲覧する訪日外国人観光客向け情報ポータルサイト「ジャパンガイド」のアクセスデータによると、シンガポール人全国籍の中でもっとも「Snow destination (雪が見られる観光スポット)」に関するページへのアクセス率が高い結果に なりました。雪が降らないシンガポールでは、雪に対して一種のあこがれがある のかもしれません。また、北海道では広大なラベンダー畑をシンガポール人向けにPR。シンガポール人の間で好評だったとのこと。ご紹介してきたように、シンガポールでは「雪」に関心が高いため、日本で最も有名なスノーリゾートが位置する北海道の人気が高いことが把握できます。ドン・キホーテのの北海道フェア開催の裏にもこうした背景があると予測できます。訪日旅行、中でも北海道に対しての関心が非常に高いことが予測できるシンガポール人 インバウンド市場の規模はどうなっているのでしょうか。

シンガポール大手旅行会社が語る訪日旅行の現実「前篇」:果たして成熟市場であるシンガポールの今とは…

昨今インバウンドへの関心が高まり、世界各国における旅行博やファムトリップ、ローカルメディアとのタイアップなど、日本の各自治体や企業が訪日客誘致に向けた様々な施策を行っております。そんな中、皆様は自信をもって正しいアプローチを企画、実行できていますでしょうか。 プロモーションしている内容は本当にターゲットの訪日観光客が求めているものでしょうか。このシリーズでは訪日旅行ビジネスに精通しているシンガポール現地のスペシャリストにインタビューを行い、今のシンガポール市場の現状や訪日観光に関するリアル...

シンガポール大手旅行会社が語る訪日旅行の現実「後篇」:シンガポールの訪日旅行市場の今と課題

このシリーズでは日本旅行ビジネスに精通している現地のスペシャリストにインタビューを行い、今のシンガポール市場の現状や訪日観光に関するリアルボイスをお伝えします。シンガポール4大旅行代理店の1つであるDynasty Travel(ダイナスティ・トラベル) の広報責任者であるアリシアさんに話を伺ってきました。アジアの中でも特に競争の激しいシンガポール旅行業界をけん引する現場のリアルボイスに迫りたいと思います。前回はシンガポールの旅行市場についてお伝えをしましたが、後篇の今回は、訪日旅行について...

好調のシンガポール人市場 2016年には36万人が訪日:やはり冬の訪日率が高い傾向に

訪日シンガポール人観光客数(2012年~2015年):JNTO(日本政府観光局)より数値を引用

訪日シンガポール人観光客数(2012年~2015年):JNTO(日本政府観光局)より数値を引用

上記のグラフで確認できるように、訪日シンガポール人市場は好調であり、ここ5年連続で訪日シンガポール人観光客数は史上最高値を更新し続けています。2016年には2012年の倍以上となる36万人のシンガポール人が日本を旅行しました。

月別・訪日シンガポール人観光客数(2012年~2015年):JNTO(日本政府観光局)より数値を引用

月別・訪日シンガポール人観光客数(2012年~2015年):JNTO(日本政府観光局)より数値を引用

また、訪日シンガポール人観光客数を月別にみてみると、12月の訪日率が圧倒的に高い ことがわかります。2016年には約75,000人が12月に集中して訪日。シンガポールの人口は560万人なので、全人口の約75人に1人が12月に訪日した 計算になります。冬場はシンガポール人にとって人気の訪日シーズンであり、「日本の冬」を楽しみに来ている ことがわかります。シンガポール人にとって、人気の訪日旅行時に「日本の冬・雪」が楽しめるベストスポットとして北海道は認知されていることが予測できます。

訪日シンガポール人観光客のインバウンド

訪日シンガポール人は、2016年の訪日外客数で前年比17.2%増となる 361,800人 となりました。2012年が142,201人でしたので、シンガポール市場のインバウンド需要は 4年前の約2.54倍まで成長 しています。

まとめ:北海道のインバウンド観光においてシンガポール人は最重視すべきターゲットに?

ドン・キホーテシンガポールに新規店舗をオープンしました。オープンに際して北海道フェアを開催しており、これはシンガポール人の間で北海道が人気となっていることが理由です。雪が降らないシンガポールでは「雪」に対して関心が高く、近年人気の訪日旅行時に「日本の冬・雪」が楽しめるベストスポットとして北海道は認知されています。 北海道で訪日外国人観光客を誘致・集客する際にはシンガポール人は面白いターゲットになってくるかもしれません。

北海道地方のインバウンド需要

北海道地方は北海道が所属しており、スキー・スノーボードを中心に冬のアクティビティが人気の観光エリアです。2016年の訪問率が7.8%と国内で8番目の人気となっています。母国では雪の降らない地域の東南アジアからの訪日外国人やスノーアクティビティの好きな欧米圏の人たちに人気のエリアです。

訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションの資料を無料でダウンロードする

「インバウンド動画プロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「インフルエンサープロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「SNSプロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「インバウンドメディア」の資料を無料でダウンロードする

<参照>

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの


観光庁は、インバウンドの地方誘客を目的とし、「観光資源の磨き上げ」を推進しています。

これに沿って観光コンテンツの造成や発信力強化に取り組みたいと思うものの、「何からやればいいのかわからない」「やってはみたものの、まだ観光客を呼びこめていない」といった悩みを抱えている自治体・企業の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、食体験、ツアー造成、アクティビティ、アドベンチャートラベルなどを専門として第一線で活躍するスペシャリストたちが集結

「観光資源の磨き上げ」とは何なのか、外国人を惹き付ける観光コンテンツはどう作り、どう発信するべきなのか、徹底議論します!

詳しくはこちらをご覧ください。
専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの?

成功事例から見るインバウンド対策とは。外国人採用の実例から紐解く成長戦略

インバウンド(国際)市場の拡大に伴い、国内では大阪万博やインバウンドへの対応などでグローバルに対応できる環境が必要になっており、日本企業にとって国際市場での競争力確保は重要な課題の一つとなっています。

その鍵を握るのが、インバウンド対策と効果的な外国人採用です。外国人観光客やビジネスパートナーを惹きつけ、国際的な人材を活用することで、企業は新たな成長戦略を構築し、市場で競合に勝つことができます。

今回のセミナーでは、実際に行われた人材活用法を通じて、インバウンド対策と外国人採用が企業にもたらす効果について解説いたします。

実際の事例から学び、自社に適した戦略を見出すためのヒントを得ながら、日本企業がグローバルな舞台で勝ち抜くために必要なスキルや知識を共有し、新たなビジネスの可能性を発見できる機会となっています。

詳しくはこちらをご覧ください。
成功事例から見るインバウンド対策とは。外国人採用の実例から紐解く成長戦略

【インバウンド情報まとめ 2024年5月前半】外国人宿泊者数「中国」がコロナ後初の1位に 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年5月版レポートから、4月~5月前半のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

※【インバウンド情報まとめ】は2024年5月より月2回発行いたします!最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
岸田首相「2030年に訪日客6,000万人」改めて言及 / 外国人宿泊者数「中国」がコロナ後初の1位に【インバウンド情報まとめ 2024年5月前編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる4月から観光・インバウンドに関わる仕事に就いたり、関連部署へ異動となり、知識のインプットに追われていませんか? また、より一層事業を推進するために必要な学び直しの機会を設ける担当者も増えてきております。
このセミナーでは、
新担当になって、インバウンドの何から始めたらいいか分からない
インバウンド推進が本格化し、改めて情報やノウハウを学び直したい
そもそもインバウンドに興味があるが、情報を収集できていない
方にとって必要な基礎情報と、知っておきたい新情報をお届けする機会となっております!
詳しくはこちらをご覧ください。
→4月までに学んでおきたい!【基礎から始めるインバウンド対策】 〜ラーチーゴー & ジャパンガイドが教える市場別最新データ〜

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに