平成28年 京都を訪れた外国人の満足度 驚異の96%以上!最も満足度が高い項目は「街の清潔さ」一方、「物価の高さ」が最も不満に

公開日:2018年07月30日

京都市は平成28年に実施した「京都観光総合調査結果」の中で外国人観光客満足度調査を行っています。この中で京都観光に関しては実に多くの国や地域出身が「満足」と回答しており、京都観光の満足度が引き続き高いのだということがわかります。また、残念という回答に関しても「時間が足りなかった」という回答が最多となり、京都観光の高い人気を改めて示す結果となりました。

前回は、この平成28年「京都観光総合調査結果」より、消費額などの数値についてご紹介しましたが、今回は満足度に関する評価について解説します。

<平成28年「京都観光総合調査結果」に関する前回の記事はこちら>

観光消費額

京都市は平成28年(2016年)の京都観光総合調査の結果を公表しています。これによると京都を訪れた観光客は3年連続で5,500万人を突破しており、外国人宿泊客数も2年連続で300万人を突破、観光消費額は「京都観光振興計画2020」1兆円の大台を超えています。今回はこの「京都観光総合調査」の調査結果を詳しく見ていきましょう。インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を詳しく見てみる「調査・リサーチ」...

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

平成28年に京都観光を「大変満足〜やや満足」と回答した外国人は96.9%

平成28年に京都を訪れた訪日外国人「大変満足」と回答した方が41.1%、「満足」と回答した方が48.1%、「やや満足」と回答した方が7.7%でした。「大変満足〜やや満足」と回答した方を合計すると全体で96.9%となり、平成27年の98.1%、平成26年の98.35より僅かに減少。

しかし依然として、全体の97%近くが京都観光に満足していることがわかりました。7点満点の評価では、平成28年の京都観光にもっとも満足していたのは北米、欧州からの旅行、中国、台湾などの後にオセアニアが続き、最も評価が低かったのは韓国でした。

平成28年「京都観光総合調査結果」より

平成28年「京都観光総合調査結果」より

最も満足度が低いものはの物価という結果に

個別満足で最多は「街の綺麗さ」、続いて「治安」となり、「寺院・神社・名所」となります。満足度が低い項目としては「物価」が圧倒的で「ナイトライフ」、「美術館・博物館」といった回答も多く、「Wi-Fi接続環境という回答も未だに多く見られました。」

『夜の』インバウンド需要:訪日客のナイトライフへの不満を満たすサービスが東京、大阪などで登場 改正風営法も追い風に

訪日外国人観光客が日本で観光を楽しむ場合の観光地として、どのような場所を訪れているのだろうか?と考える時、普段意識するのは、訪日外国人観光客は 日中にどのような場所に訪れるのか? といった内容でしょう。しかし、意外と注目されていないのが訪日外国人観光客は 夜にどのような場所を訪れているのか? という点です。こうした訪日外国人観光客のナイトライフという部分で、ナイトクラブに注目したサービスがいくつか登場しています。インバウンド受け入れ環境整備の資料を無料でダウンロードする「翻訳・多言語化」の...

平成28年「京都観光総合調査結果」より

平成28年「京都観光総合調査結果」より

京都観光の中に残念さを感じているのは中国人が最多

京都観光に関して、残念だと感じているのが最も多いのは圧倒的に中国という結果となり、北米、欧州がこれに続いています。

残念だったこととして、最も多かったのが「時間が足りなかった」という回答で、「時間が足りずに行きたいところを全部回れなかった」というポジティブな意味での「満足ではなかった」という回答が最多となりました。

ついで多かったのが「言語、案内、標識」に関する不満で、これは「英語を話せる人が少ない」「英語の表示が少ない」といった理由からによるものです。また「電車・バスなどの公共交通」の価格の高さに関しても不安として上げられています。

意外と多い 訪日客の10人に1人が神社仏閣の多言語表示に不満:観光地に訪日客呼びこむために知っておくべき多言語対応 4つのポイント

2017年の訪日外国人観光客数は史上最多となる2,870万人を突破。国内有数のインバウンド市場は成長市場として注目を集めています。こうした背景から、国内のあらゆる業界でインバウンド対策が進められています。観光庁の「訪日外国人旅行者の受入環境整備における国内の多言語対応に関するアンケート調査」によると、2017年に訪日した外国人観光客のうち、34.8%が「訪日旅行中に困ったことはなかった」と回答するなど、日本のインバウンド対策は訪日外国人観光客から一定の評価を受けていますが、「多言語表示・コ...

平成28年「京都観光総合調査結果」より

平成28年「京都観光総合調査結果」より

平成28年「京都観光総合調査結果」より

平成28年「京都観光総合調査結果」より

北米、オセアニアの訪日外国人は京都観光に感動

京都観光で感動したかどうかという点については、平成28年には8割を超える訪日外国人が「感動があった」と回答。方面別では北米、オセアニア出身の観光客が感動したと回答する割合が多く、感動はなかったと回答したのが最も多かったのは香港となりました。

平成28年「京都観光総合調査結果」より

平成28年「京都観光総合調査結果」より

訪日外国人が評価しているのは日本文化、それにまつわる建造物など

訪日外国人が感動したこととして挙げていたものとしてトップは「寺院・神社、名所・旧跡」でした。また「歴史、伝統文化」という回答も多く、日本らしい伝統文化や歴史への評価が高いことが伺えます。また「自然・風景」に関する評価も高くなっています。

平成28年「京都観光総合調査結果」より

平成28年「京都観光総合調査結果」より

9割が京都への再訪意欲を感じている

京都への再訪意欲に関しては「大変そう思う〜ややそう思う」と回答した人が合計で9割を超えており、「大変そう思う」と回答した人だけでも6割近くとなっています。また京都に訪れることを紹介したいかという問には「大変そう思う〜ややそう思う」と回答した方も96.4%となっています。

平成28年「京都観光総合調査結果」より

平成28年「京都観光総合調査結果」より

方面別で見ると京都への再訪、紹介意欲、おもてなしを感じたという方は、北米、オセアニア、欧州、中国、台湾、韓国、香港と全地域で「そう思う」と回答した方が対多数となっています。

平成28年「京都観光総合調査結果」より

平成28年「京都観光総合調査結果」より

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<前年平成27年の調査はこちら>

京都のインバウンド満足度 脅威の98.1%、不満点は「観光名所全部見きれない」:京都観光総合調査から見る京都のインバウンド 前編

日本人だけでなくインバウンドからも人気の高いのが春の京都です。桜、神社、仏閣などに加えて日本食なども楽しみにしている観光客が多く、さらに「都をどり」「京おどり」などの人気の高い祭りも数多く開催されます。そのような京都を訪日外国人観光客はどのように捉えているのかを、京都市がまとめている「平成27年度 京都観光総合調査」から2回に分けて見ていきます。1回目は「外国人観光客の満足度」について見ていきます。インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?訪日...

インバウンド満足度98.1%の京都 意外にも「着物・浴衣体験」は欧米圏に不人気・中華圏に人気:京都観光総合調査から見る京都のインバウンド

訪日外国人観光客からも人気が高い春の京都。前回は京都を訪れる訪日外国人観光客について、京都市がまとめている「平成27年度 京都観光総合調査」から「外国人観光客の満足度」について見ていきました。2回目の今回は訪日外国人観光客の実際の行動について「外国人観光客の実態調査」について見ていきます。<前編>インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?調査・リサーチについてより詳しい資料のダウンロードはこちらインバウンドデータについてより詳しい資料のダウンロ...

<参考>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!