スポーツツーリズムとは | ニセコ×スキー・さいたま×サイクリングの成功事例から学ぶケーススタディー

スポーツツーリズムとは | ニセコ×スキー・さいたま×サイクリングの成功事例から学ぶケーススタディー

2018年の訪日外国人数が史上初めて3,000万人を突破し、今後も訪日外国人観光客の増加が見込まれています。2020年の東京オリンピックに向けて日本の国際的注目度が高まると同時に、ここ数年は訪日外国人観光客のスポーツへの関心が高まっています。スポーツを目的とした旅行を「スポーツツーリズム」と呼びますが、それはどのようなものなのでしょうか。日本国内のスポーツツーリズム成功事例も合わせて見ていきましょう。


スポーツツーリズムとは?

「スポーツツーリズム」とは、プロスポーツの観戦者やスポーツイベントの参加者と開催地周辺の観光とを融合させ、交流人口の拡大や地域経済への波及効果などを目指す取り組みのことです。

観光庁「観光立国戦略」の一環としてスポーツツーリズムに着目しています。2012年4月には、産学官の連携組織の日本スポーツツーリズム推進機構が設立され、政府の成長戦略「日本再興戦略」でも「世界の多くの人々を地域に呼び込む社会」の重要施策の代表例として示されています。

スポーツツーリズムには参加型と観戦型の2種類あり、参加型の代表的なものはハイキング・登山・スキー・スノーボード・ゴルフなどです。一方観戦型は、プロ野球やサッカー・オリンピックスポーツなどです。

2020年には東京オリンピック・パラリンピックが予定されており、さらなるスポーツツーリズムの促進・インバウンド増加が見込めます。

スポーツツーリズムの成功事例

日本にはどのようなスポーツツーリズムがあるのでしょうか。成功事例を見ていきましょう。

国内初の国際リゾート:ニセコ

北海道ニセコ町は、スキー・スノーボードなどのウインタースポーツが盛んな町です。

ニセコアンヌプリ山の斜面には4つのスキー場があり、総称して「ニセコユナイテッド」と呼ばれています。ニセコの上質なパウダースノーを求め、シーズン中はオーストラリア人やフランス人などを中心に世界中からスキーヤー・スノーボーダーが訪れます

今ではニセコの雪を気に入って定住する外国人も少なくないといい、ニセコの町では英語表記の看板や案内がいたるところで見られるということです。

日本には国際的なリゾートがほとんどありませんが、ニセコは日本で初めて成功した国際リゾートといえます。

「ツール・ド・フランス」活躍選手招いたロードレース大会:さいたま市

フランスでは毎年、「ツール・ド・フランス」と呼ばれる世界最高峰の自転車ロードレース大会が開催されます。さいたま市では、この「ツール・ド・フランス」で活躍する選手を招き、「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」という自転車ロードレース大会を行っています。

「ツール・ド・フランス」で賞を受賞した選手たちが参加し、本場の「ツール・ド・フランス」さながらの雰囲気が楽しめます。このイベントの経済効果は約29億円とも言われています。

「NASPAスキーガーデン」

「NASPAスキーガーデン」は、子連れでスキーを楽しみたいファミリー層から人気のあるスキー場です。国内でも数少ないスキーヤー専用ゲレンデが用意されており、利用者の口コミでも「スノーボーダーと混同しないから子どもも安全」と高評価です。

斜面が緩やかな初心者コースからコブを施した非圧雪の上級者コースまで、バリエーションに富んだコースが用意されています。そのため、レベルを問わず誰もが思う存分スキーを楽しめます。

また、ソリ専用のキッズガーデンも完備され、子どものみならず大人からも大人気です。無料で利用できる休憩所のほか、ゲレンデの麓には日帰り入浴も可能な温泉も併設されています。

まとめ

日本では、ニセコや広島県など「スポーツツーリズム」を取り入れたインバウンドの呼び込みに成功している都道府県が数多くあります。「スポーツツーリズム」で訪日外国人観光客の獲得に成功したとはいえ、飽きられてしまう可能性も否定できません。長期的な視点を持つことで、スポーツを通したインバウンド需要を伸ばしていけるでしょう。


<参照>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!