インバウンド向けに広告を出したい…どうすればいい?ターゲット・媒体・戦略・デザインをおまかせできる広告運用サービス7選

インバウンド市場は年々伸びてきており、今年2019年のラグビーW杯、来年2020年のオリンピック・パラリンピックなどの国際的なスポーツ大会を控えており、今後さらに大きく成長していくことが期待されています。

世界的に人気のスポーツイベントが開催される日本に、世界各国から注目が集まっています。この注目を利用して、自社の商品やサービスを情報発信するチャンスです。

そのため、今回は広告運用のカテゴリを特集します。どの媒体向けにどのような広告を、どのような方針で出稿していくのか、そしてターゲットは?といった内容を含め、インバウンド向けに効果的な広告運用ができるおすすめの企業を7つ紹介します。

インバウンド向けに効果的な広告運用とは?

広告運用という業務は、広告を入稿・配信・レポートし、クリエイティブの変更や配信ターゲット先などのPDCAをまわしていくことがその役割です。広告運用業者によっては広告そのもののクリエイティブを作成もできる業者、オフラインの施策も併せて運用してくれる業者などもあります。どの媒体向けにどのような広告を、どのような方針で出稿していくのか、そしてターゲットは?といった内容を含め、インバウンド向けに効果的な広告運用をして、より多くの訪日外国人にPRすることが求められます。

カテゴリ別おすすめ広告運用企業 7選

訪日ラボにて提供している「2019年上半期最新版インバウンド業界カオスマップ」から広告運用のカテゴリにて棚卸しし、総合、中国向け、台湾・香港向け、韓国向け、英語圏向けにわけ、それぞれのおすすめ企業を紹介します。広告運用にお困りの企業様は、参考にしてみてください。

  • 広告運用(総合)1.アウンコンサルティング株式会社
  • 広告運用(中国向け)2.Baidu Japan Inc.
  • 広告運用(中国向け)3.株式会社ラテラ・インターナショナル
  • 広告運用(中国向け)4.インタセクト・コミュニケーションズ株式会社
  • 広告運用(台湾・香港向け)5.ホットモブ・ジャパン株式会社
  • 広告運用(韓国向け)6.株式会社ワイダープラネット
  • 広告運用(英語圏向け)7.GLOCALIZER株式会社


1.アウンコンサルティング株式会社


アウンコンサルティング株式会社は、Yahoo!JAPANの認定代理店、百度(Baidu)の基幹代理店、Google Adsの正規代理店(Googleプレミアムパートナー)です。アウンコンサルティングはアジアに8カ国9拠点を有しており、国内外合わせて過去2000社以上の支援実績があります。各拠点のネイティブメンバーのノウハウを活かし、現地のトレンドに合わせた顧客にとって最適な広告配信が可能です。

さらに国内だけではなく、Google Adsは配信可能な世界の国・地域すべてでサービス提供ができ、中国6億人超にアプローチが可能な百度、ロシアのYanex、韓国のNAVERなど各国の検索エンジンに対しての広告出稿も可能です。

広告運用(総合)の資料をDL

※資料請求には無料の会員登録が必要です

広告運用(総合)の詳細はこちら

2.Baidu Japan Inc.


百度(バイドゥ)は中国の検索シェア率1位のサービスです。中国インターネットユーザー6億人超にアプローチが可能です。中国向けのWebマーケティングを10年間続けてきた実績によって顧客を支援します。

百度リスティング広告で検索ユーザーにアプローチ:検索エンジンのマーケットシェア約90%を誇るBaidu.comの検索結果画面に表示される、検索結果連動型広告で、潜在顧客や見込み客に効果的なプロモーションができます。

百度アドネットワーク広告で百度以外のユーザーにアプローチ百度がネットワークしているPC、モバイル、アプリ(App)、動画サイトで広告掲載が可能です。

百度インフィード広告で百度アプリユーザーにアプローチ:60億PV/日、8億ダウンロードの「手机百度」をはじめとする、百度アプリ内にインフィード形式で広告掲載ができます。年齢、性別、興味、地域などのターゲティングを活用することで、潜在、見込みユーザーに効果的なプロモーションができます。

百度ブランドリンク広告:クライアントの企業名、ブランド名などを検索したユーザーの検索結果画面ファーストビューを占有する広告です。自社ブランドキーワードで検索したユーザーに対して、確実に広告訴求が可能です。

百度(バイドゥ)の資料をDL

※資料請求には無料の会員登録が必要です

百度(バイドゥ)の詳細はこちら

3.株式会社ラテラ・インターナショナル


株式会社ラテラ・インターナショナルは、中国現地の日本に特化したSNSと最大手のOTAを活用した訪日中国人誘客プロモーションを提供します。訪日中国人の誘客を目的とした中国現地におけるSNSプロモーションの多くは、情報発信だけで終わってしまいがちです。実際の効果を考えてみると、 その地域の「旅行情報」をSNS上で見た結果、 訪問先に選ばれるという例は殆どないのではないかと思われます。

むしろ、「旅行商品」としての出発日があり、料金があり、日程がある。 そういう現物に対して「行ってみたい」という欲望を抱くものではないでしょうか。「旅行商品」として情報発信 → ツアー販売 → 体験情報の拡散までトータルPRをサポートし、訪日中国人の実際の訪問に結びつけます。 中国最大のOTAであるCtrip(携程) 及び中国最大のE-コマースであるタオバオ(淘宝)の旅行部門fliggy(飛猪) にて、 顧客の地域をテーマとした具体的な旅行商品を造成し、販売し、集客し、 誘客を促進します。

4.インタセクト・コミュニケーションズ株式会社


インタセクト・コミュニケーションズの「中華圏訪日観光客 総合インバウンドサービス」は中国本土を中心とした中華圏からの訪日観光客に対しての一連の施策を、2002年から中国に事業拠点を持つインタセクト一社で完結対応が可能な総合サービスです。

具体的に、中国本土を中心とした中華圏からの訪日観光客の"旅マエ"の認知・浸透のための広告・口コミ施策や、"旅ナカ"までの集客・店舗体験の円滑化・Wechat Pay、AlipayなどのQRコード決済"旅アト"の越境EC・シェア施策までの一連の施策に一社完結対応できる"中華圏総合インバウンド事業"を展開します。

5.ホットモブ・ジャパン株式会社


Hotmob(ホットモブ)は、香港最大規模のハイブリッド・モバイルマーケットプレイスを運営するモバイルマーケティング企業です。 香港最大規模のプレミアム・モバイル広告ネットワークとブランドセーフ・ファーストのDSPを兼ね備えたハイブリッド・モバイル広告プラットフォームを運営しています。 

独自に蓄積した香港ユーザーのデータから訪日確度が高い香港人を特定し、特定したターゲットに対して旅マエの広告配信や、すでに訪日旅行中の旅ナカ香港人を対象とした広告配信を行います。 Hotmobが保有するデータとアドテクノロジー・AIテクノロジーを活用して、顧客のニーズに沿ったデータ・ドリブン・広告ソリューションを提供します。

Hotmob Inbound Promotionの資料をDL

※資料請求には無料の会員登録が必要です

Hotmob Inbound Promotionの詳細はこちら


6.株式会社ワイダープラネット


訪日韓国人への広告プロモーションで集客・認知拡大に活用できます。韓国最大の広告配信DSP「ワイダープラネット」ワイダープラネットの広告配信プラットフォームは、訪日韓国人プロモーションにおいて、最適なオーディエンス層への旅前・旅中・旅後のリーチが可能です。

独自のデータ分析技術とアルゴリズムによって、広告主の目的に合わせたオーディエンスの獲得・拡大を可能にし、広告キャンペーンの効果を自動で最適化することで、広告主のROI(費用対効果)最大化を支援します。現在までに35,000以上のパブリッシャーに5,000以上の広告主が広告を配信しています。

7.GLOCALIZER株式会社


世界初の成果報酬型海外マーケティングサービス「GET CHANCE!」は、フィリピンにおいて、良質なサンプリングを提供しますサービスです。具体的には、品質や人気の高い日本製の商品を、興味を持っている現地の方々に配り、実際に商品を使ってもらいます。

Facebookページ、Twitter、キャンペーンサイトを利用し多くの意識の高いユーザーを確保します。そのユーザーに対しリアルタイム性(開始 / 終了)をもってキャンペーンを告知・展開し、抽選・先着・全員などで応募を募る為、良質なサンプリングが提供できます。

GET CHANCE!の資料をDL

※資料請求には無料の会員登録が必要です

GET CHANCE!の詳細はこちら

まとめ:広告運用企業を活用して、自社の商品やサービスを広く発信しましょう。

今年2019年のラグビーW杯、来年2020年のオリンピック・パラリンピックなどの国際的なスポーツ大会を控えており、今後さらに大きく成長していくことが期待されています。この拡大するインバウンド需要を活用し、自社の商品やサービスを情報発信するチャンスです。

上記のおすすめ企業は、どれも訪日外国人向けに効果的な広告運用をしてくれます。どの媒体向けにどのような広告を、どのような方針で出稿していくのか、そしてターゲットは?といった相談をぶつけてみてください。きっとより良い広告運用を提案してくれるはずです。


関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!