インバウンドも視線は『マス』より『個』へ、多様化するニーズを読み解くために活用したい「インバウンド向け調査・リサーチ」サービス5選

インバウンドも視線は『マス』より『個』へ、多様化するニーズを読み解くために活用したい「インバウンド向け調査・リサーチ」サービス5選

来年2020年東京オリンピック・パラリンピックを目前に控え、インバウンドの市場規模は拡大し続けています。しかし、訪日観光客の消費動向をみてみると、徐々に多様化してきています。今までは、有名な商品だから買うという消費動向から、自分の好みに合った商品の消費に変わってきています。そのため、多様化する消費動向を読み解くために、まずターゲットの調査・リサーチが必要不可欠になっています。

そのため、今回はインバウンド向け調査・リサーチ企業を特集します。5つのおすすめ企業を紹介します。

多様化する消費動向を読み解くため、インバウンド向け調査・リサーチが必要不可欠に!【インバウンド業界トレンド】

今までのインバウンド施策の傾向として、海外にKOL施策を打ったり、デジタル広告を出稿したり、「マス(広範囲なターゲット)」に対して認知をあげる施策など行ってきました。しかし、消費動向が多様化している中、より「個(個人)」に近いプロモーションの戦略を組み立てる必要があると思われます。

そのために、まずターゲットとする国籍の消費動向を調査・リサーチする必要があります。旅マエにどのチャネルで日本の情報をゲットし、どのルートで訪日し、旅ナカの情報収集はどのようにして、どんな商品を買っていくのか調べることが、インバウンド施策の第一歩になっています。

【おすすめ】インバウンド向け調査・リサーチサービス・企業 特集!

訪日ラボにて提供している「2019年上半期最新版インバウンド業界カオスマップ」を調査・リサーチのカテゴリで棚卸しし、総合と中国分けて、それぞれのおすすめ企業を紹介します。調査・リサーチを検討している企業様は、是非参考にしてみて下さい。

  • 調査・リサーチ(総合)1.ソリッドインテリジェンス株式会社 
  • 調査・リサーチ(総合)2.株式会社iNTO
  • 調査・リサーチ(中国)3.株式会社トレンドExpress 
  • 調査・リサーチ(中国)4.株式会社ヴァリューズ
  • 調査・リサーチ(中国)5.Baidu Japan Inc.


1.ソリッドインテリジェンス株式会社


ソリッドインテリジェンスは、顧客の要望に応じたソーシャルメディア(SNS)調査・分析を行います。日本国内はもちろん、海外の国や地域・都市にフォーカスした分析も可能です。海外での分析を行う場合は、現地のアナリストがローカルなSNSのデータもかねて抽出します。ソーシャルリスニングでは、英語や中国語・インドネシア語など多くの言語に対応しています。様々な調査手法や希望価格・納期に合わせて提案します。


・マクロな分析から、ミクロな分析まで:全体の傾向を把握するマクロな分析から、限定された範囲の動きを見るミクロな分析まで、幅広く対応します。

・さまざまな範囲に絞って分析可能:日本全国、都道府県、地域、都市・街、観光施設・名所など、さまざまな範囲に絞って分析することができます。海外の国や地域、都市にフォーカスした分析も可能です。

・多言語に対応:ソリッドインテリジェンスの海外ソーシャルリスニングは、英語(US・UK)、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語の他、タイ語、ベトナム語、マレー語(マレーシア)、タガログ語(フィリピン)、インドネシア語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語などに対応しています。また、調査の目的によっては上記以外の言語でも対応できる場合があります。


2.株式会社iNTO


株式会社iNTO(イントゥ)は、台湾・香港市場専門PR・マーケティング会社として、自治体・観光関連事業者等のインバウンド誘致プロモーションを行なっています。また、台湾・香港現地で活動されている日系企業のプロモーション活動をサポートます。

具体的には、現地メディア、旅行会社についての豊富な知識とネットワークを利用した、メディアプランニング/バイイング、記者発表会、展示会、モールイベント等の各種イベント企画、運営、中国語でのSNS運用、ファムトリップコーディネート、インフルエンサーマーケティング、旅行商品造成コーディネート、運営スタッフの手配、など展開可能です。

3.株式会社トレンドExpress


株式会社トレンドExpressが提供する「トレンドPR」は、中国SNS調査・記事コンテンツ制作・メディア露出・効果測定までワンストップで行うサービスです。通常のリリース配信とは違い、SNS調査により発掘した消費者のインサイトを基にコンテンツを制作し、適切なメディアに露出することで中国での認知拡大と理解促進を加速させます。

具体的に市場調査の段階では、指定の商品についてSNSビックデータを分析します。1ブランド過去1年分、格上競合との比較あり。15スライド程度の市場調査レポートを納品します。この調査により、キーワードやターゲット、セールスポイント等を明らかにします。

トレンド PRの資料をDL

※資料請求には無料の会員登録が必要です

トレンド PRの詳細はこちら


4.株式会社ヴァリューズ


中国市場・訪日インバウンドの分析サービスを提供しています。アンケート調査を中心に中国人の現状を分析できる「中国ネットリサーチ+レポート販売」、各モールでの商品販売・キャンペーン状況が確認できる「中国8大ECモール分析」、さまざまなテーマについて主要SNS上の盛り上がりを分析できる「ソーシャルリスニング分析」、広告主毎の出稿状況を確認できる「広告出稿分析」など、様々な中国調査サービスを実施できます。

  • 中国ネットリサーチ+レポート販売:アンケート調査を中心に中国人の現状を分析可能です。
  • 中国8大ECモール分析:各モールでの商品販売・キャンペーン状況が確認可能です。
  • ソーシャルリスニング分析:さまざまなテーマについて主要SNS上の盛り上がりを分析することが出来ます。
  • 広告出稿分析:広告主毎の出稿状況を確認することが可能です。


5. Baidu Japan Inc.


百度(バイドゥ)は中国の検索シェア率1位のサービス中国インターネットユーザー6億人超にアプローチが可能です。中国向けのWebマーケティングを10年間続けてきた実績によってクライアント様を支援します。

百度アンケート調査で中国WEBマーケティングの課題解決をサポート:中国最大級の調査モニター会員数1700万を保有している百度アンケート調査で、中国ビジネスの課題解決をサポートします。

百度(バイドゥ)の資料をDL

※資料請求には無料の会員登録が必要です

百度(バイドゥ)の詳細はこちら


まとめ:インバウンド業界トレンドは『マス』から『個』へ!インバウンド向け調査・リサーチ企業を活用して『個』へのアプローチを始めましょう

インバウンドの市場規模は拡大し続けているが、消費傾向は多様化してきています。今までは、有名な商品だから買うという消費動向から、自分の好みに合った商品の消費に変わってきています。消費動向が多様化している中、「マス(広範囲なターゲット)」より「個(個人)」に近いプロモーションの戦略を組み立てる必要があると思われます。そのために、インバウンド向けの調査・リサーチ企業を活用してみてはいかがでしょうか?


関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!