iQIYI(アイチーイー)とは?動画ダウンロード方法、日本語字幕、インバウンドへの活用事例

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

近年、中国では動画を視聴する人が増えており、スマホやタブレットを使って映画やドラマを楽しんでいます。その中でもIQIYI(愛奇芸/アイチーイー。以下iQIYIと表記)は中国最大の動画サイトで、中国では1億人以上の有料会員がiQIYIを利用しています。 

iQIYIは、ユーザー数が多いことや、さまざまなジャンルの動画コンテンツ、またオリジナルの動画作品が視聴できることから、日本でも訪日中国人観光客に向けたインバウンド対策への活用が期待されています。

この記事では、iQIYIの基本情報と動画コンテンツを日本でダウンロードする方法、そしてインバウンド対策への応用事例について解説します。

新規メルマガ会員募集中!今なら限定で【インバウン丼が売れるワケ】が分かる

iQIYIとは

iQIYIとは、映画、ドラマ、アニメ、バラエティ、ドキュメンタリー、スポーツ、ゲームなど幅広いジャンルの動画が視聴できる中国の大手動画配信サイトです。2010年に設立された百度のグループ会社であり、中国国内最大シェアを誇る中国3大動画サイトの1つに数えられています。

▲iQIYIのサイトトップ

▲iQIYIのサイトトップ

iQIYIはNetflixとオリジナルコンテンツに関するライセンス契約を結んでいる

iQIYIは2017年、アメリカや日本をはじめ世界中で人気の動画配信サービスであるNetflixと提携しました。具体的にはオリジナルコンテンツに関するライセンス契約を行い、Netflixで配信している作品をiQIYIでも視聴できるようにしました。

上述のように世界的なインターネットサービスは、中国国内では利用できないことが多くなっています。Nextflixも中国での規制対象であり、中国では通常アクセスが遮断されるためサイトは閲覧できなくなっています。

会員であればNetflixの人気コンテンツが視聴できるという点も、iQIYIの人気を支えているといえるでしょう。

iQIYIの動画を日本で視聴するには

iQIYIはブラウザでサイトにアクセスするか、アプリをダウンロードすることで視聴できます。

公開されている動画の一部は、中国国内での視聴に対し放映が許可されたものであるため、中国以外の国では再生されません。これらの動画はVPNサービスを利用し、中国国内と同様のインターネット回線を利用することで視聴できるようになります。

iQIYIの動画を視聴・ダウンロードできない原因は?

日本のインターネット環境でiQIYIのアプリをスマホやタブレットといったデバイスにダウンロードするためには、以前は中国のAppleIDの取得や中国のアプリストア(Android)にアクセスする必要がありました。

現在iQIYIのアプリは、日本のAppleID・Google Playでも、中国のAppleID・アプリストアでも、どちらからでも手に入ります。

中国版のAppleIDの取得する際には、通常のAppleIDの作成と同様にメールアドレスを用いてすすめますが、地域の選択で「中国」を設定します。すでに日本のAppleIDを持っている場合は、別のメールアドレスが必要です。このIDを利用すれば中国版のApp Storeからアプリをダウンロードできます。

これまでに説明してきたように、中国では政府の規制によりGoogleの提供するサービスが利用できません。
Androidの中国アプリを入手する場合には、中国にいくつも存在するアプリストアにアクセスし、アプリをダウンロードする必要があります。
現在のiQIYIのアプリには当てはまりませんが、以前のiQIYIのように中国のみで展開するアプリの場合、それぞれ以下の手順でダウンロードが可能ということになります。
  • 中国版のAppleIDを取得し、それを用いてアプリをダウンロードする(iOS)
  • 中国のアプリストアを利用する(Android)

また、中国国内と同じようにすべての作品を視聴するためには、以下の点に注意が必要です。

  • iQIYIへアクセスする際には、中国のVPNサービスを利用する

オンライン動画ダウンロードフリーソフト「Apowersoft」

上述のように、iQIYIで公開されている動画作品のうち一部は中国でのみ視聴が許可されているため、日本では視聴できません。こうした動画のデータは「Apowersoft」というオンラインで利用できるフリーソフトを利用すれば日本でもダウンロードができ、デバイスで再生可能になります。

手順は非常に簡単です。まず、Apowersoftのサイトをひらき、iQIYIで視聴したい動画の公開されているURLを所定の枠内に入力して無料ダウンロードのボタンを押します。動画のフォーマットと画質を選択後、ダウンロードボタンを右クリックで「名前をつけてリンク先を保存」すれば、自分のパソンコンに動画がダウンロードされます。

初めて利用する場合は起動ツールのダウンロードが必要ですが、サイトのポップアップの指示があるので非常に容易です。ダウンロードすることで、中国国外では視聴不可の動画も再生できるようになります。

5KPlayerもおすすめ

Apowersoftとは別の動画ダウンロードソフトに「5KPlayer」があります。こちらはPCのOSに合わせて、ソフトをインストールして利用します。ソフトは無料で提供されています。

動画をダウンロードする手順は先ほどと同じで、動画共有サイトでダウンロードしたい動画のURLをコピーし、ソフトに入力します。このソフトではiQIYIの動画だけでなく、YouTubeやニコニコ動画といった日本の動画共有サイトの動画もダウンロードし、再生することができます。

iQIYIの動画広告をインバウンドに活用する事例

iQIYIではYouTubeと同じく動画広告を配信しています。この広告枠を利用することで、インバウンド市場の活性化や越境ECを利用する中国人消費者への訴求も可能です。

iQIYIは中国で人気の動画配信サービスではありますが、日本での認知度はあまり高くありません。そのため、広告を出している日本の企業や団体も現状あまり多くはありません。

しかしこのサービスを利用して動画を視聴する中国人はかなりの数に上ります。冒頭で紹介したように、会員数は2018年末で8,740万人を超えています。この他無料会員や、会員の家族などを含めるとさらに多くの視聴者が存在することになります。彼らに日本の魅力を訴求する広告を出すことで、訪日旅行中国人の増加や関連商品の売上増が期待できます。

最後にiQIYIのコンテンツや動画広告を活用した日本企業の事例を紹介します。

フジテレビ:iQIYIと共同でオリジナルネットドラマを制作、中国で配信

2014年、フジテレビはiQIYIと共同でオリジナルインターネットドラマ『不可思議的夏空』を制作しています。この共同制作は、フジテレビが連続ドラマ「僕のいた時間」などをiQIYIに配信したのがきっかけで実現しました。

演出・プロデューサーに『医龍』『東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~』を手がけた久保田哲司氏、さらに古川雄輝など日本人俳優も積極的に起用するなど日本のコンテンツを海外に輸出しようという姿勢がみられます。久保田氏は当時「既存の日本ドラマの輸出ではなく、共同制作という形で世界中のマーケットにより深く参入することを目指したい」とコメントしています。

こうした作品を通じて、中国人に日本の文化を伝達し関心を持ってもらうことができるようなことがあれば、コンテンツの配信による収益だけでなく、訪日中国人観光客の増加にまでつながることも考えられます。

フルスピード:訪日インバウンド動画PRを発売

2014年、株式会社フルスピードはiQIYIと提携し、中国をターゲットにした訪日インバウンド動画PRサービスを開始しています。

これは、企業がすでに保有している日本人向けのPR動画を、同社が中国に翻訳してiQIYIに配信し、日本旅行に興味のあるiQIYIユーザーの動画へのアクセスを誘導するという広告配信プランです。

中国企業との契約を結ぶためには、中国法人が必要であったり、商習慣が異なったりするため、心理的にも実際的にもハードルが高い場合が多くあります。このプランでは、日本法人である株式会社フルスピードが契約の仲介を行います。これにより、手続きを進行するうえでの不安や不便さが解消されるというメリットもあります。

エテュセ:動画サイトで、インフルエンサーとのコラボ動画を配信

日本でも人気のある化粧品ブランド「エテュセ」は、その品質の良さと手に入りやすい価格帯により中国でも人気のブランドです。2016年にはすでに中国のECサイトで商品を販売開始しました。

中国のECサイトでは11月に独身の日」のセールがあり、毎年巨額の取引額が記録されています。アリババの運営するTmall(天猫はじめとする中国のECサイトでは、独身の日だけで約2兆円の取引が記録され、昨年2018年には日本円で約4兆円を突破しました。

2018年までの「独身の日」セールにおける取引額の歴史をまとめた記事はこちら。

4兆円のカネが動く 11月11日は中国一大EC商戦「ダブルイレブン(独身の日)」とは?

11月第四金曜日の「ブラックフライデー」を真似て、2009年中国でIT企業のアリババが同社のECサイトであるタオバオ(現Tmall、中国語名は天猫)で開始した「ダブルイレブン(独身の日/11月11日)」。現在ではアリババだけでなく、競合のジンドン(JD.com、中国語名は京東)などでも同様のセールを開催しており、各社のECサイトには11月11日のセール当日めがけてさまざまな目玉商品が現れています。そんな中、アリババの発表するダブルイレブンの取引額は毎年大きく更新されており、この数年、セール...


エテュセは2017年のこの「独身の日」セールのタイミングを狙ってKOLインフルエンサー)を起用し、SNSや動画配信サイトで商品の販売促進を実施しました。

この動画はiQIYIを含む様々な動画、SNSプラットフォームで中国人ネットユーザーに視聴されました。エテュセの2017年一年間の売上は、同様の施策を打たなかった前年と比べ、約260億円もアップしています。

iQIYIを活用してインバウンド対策を

iQIYIとは、Netflixと同じく様々な動画コンテンツを配信している動画配信サイトです。配信されているコンテンツは、映画、ドラマ、アニメにはじまり、スポーツ、ファッション、音楽など多岐にわたります。現在も引き続き、中国でユーザー数を増やしています。

iQIYI動画広告や配信されるコンテンツを利用して中国のユーザーに日本の魅力を訴求することは、インバウンド需要の喚起や日本製品の販売促進として有効な手段です。観光業や小売業で訪日中国人のインバウンド需要を取り込みたい場合には、iQIYIでの動画広告や、iQIYIにチャンネルを持つKOLインフルエンサー)とのタイアップにより成果を得ることも可能となるでしょう。

訪日ラボオススメ記事

インバウンド市場の最新動向がわかるオススメの記事をご紹介します。

話題の「インバウン丼」強気な価格でも売れるワケ


SNSで話題を集める「インバウン丼」。1食約7,000円と、驚くような価格の海鮮丼が飛ぶように売れているといいます。

なぜ、これだけ強気な価格でも売れるのでしょうか。

今知っておきたい「インバウンド」情報について、専門家が解説するコンテンツをお届けします。

→ 記事を見てみる:話題の「インバウン丼」強気な価格でも売れるワケ

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに