JR高知駅「多言語表示 観光ウェルカムボード」設置

国内外の観光客に観光情報発信

表示灯株式会社と株式会社ジェイアール四国企画は、JR高知駅に「多言語表示 観光ウェルカムボード」を6月1日より設置します。

「多言語表示 観光ウェルカムボード」は、国内外の観光客に観光情報を提供するタッチパネル式デジタルサイネージです。両社は今後、JR高知駅・JR松山駅・JR徳島駅にも設置する予定です。

「多言語表示 観光ウェルカムボード」
▲「多言語表示 観光ウェルカムボード」

5か国語で観光情報を表示

「多言語表示 観光ウェルカムボード」の表示内容は、高知県内の主要観光地・観光施設、バス乗り場や地域の店舗・施設の情報です。

観光客がウェルカムボードにタッチすると、これらの情報をイラストや動画を多用してわかりやすく表示します。

なお対応言語は日本語・英語・中国語(繁体・簡体)・韓国語です。従って、外国人観光客もウェルカムボードから観光情報を入手できます。

坂本龍馬と高知城がお出迎え

「多言語表示 観光ウェルカムボード」の表面には幕末の英雄・坂本龍馬と、日本100名城にも数えられ国の重要文化財にも指定されている高知城がデザインされています。また裏面には2020年春運行開始の観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」が描かれています。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

表示灯株式会社 プレスリリース
https://www.hyojito.co.jp/?p=5710

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。