马蜂窝(MaFengWo)とは | 中国旅行サイト・活用事例

公開日:2019年06月03日

马蜂窝(MaFengWo)は、中国最大級の旅行サイトのひとつです。日本では「ヒトサラ」と马蜂窝(マーファンウォー)が提携し、両社のユーザーを連携するサービスの提供を開始しています。

近年、訪日中国人の個人旅行化がすすみ、訪日旅行を計画するのに马蜂窝の口コミや旅行ブログを参考にする中国人が増加しています。

このような傾向から、日本でも马蜂窝での集客やPRを行っている企業があります。

今回の記事では、马蜂窝(MaFengWo)の特徴や、インバウンド集客に马蜂窝を活用した事例を紹介します。


Googleマップによる集客、うまく活用できていますか?
口コミサイトで、もっと集客できるようにするサービス「口コミコム」でGoogleマップからの来店を約2倍に
詳しく見る >


马蜂窝とは

马蜂窝(マーファンウォー/MaFengWo)は、中国最大級の旅行サイトのひとつです。ユーザー数は1.3億人、口コミの数は2,100万件を超えます。

马蜂窝は、航空券やホテルを予約できるだけでなく、ユーザーがブログ形式で旅行の口コミを投稿したり、それを参考に旅の計画を立てることができることから人気となっています。

▲马蜂窝(マーファンウォー)トップページ
▲马蜂窝(マーファンウォー)トップページ


登録ユーザー1.3億人、MAUは8,000万人、口コミ数2,100万件

马蜂窝(マーフォンウォー)の登録ユーザー数は1.3億人、月間アクティブユーザー数は8,000万人です。 

中国国内、そして世界中の観光地の口コミが掲載されています。日本についての投稿ももちろんあります。

ユーザーによる旅行ブログの公開と閲覧のサービスだけでなく、サイトから航空券やホテルの予約ができるようになっています。

訪日中国人FIT層へリーチ!中国の旅行記サイト「Mafengwo」や「Ctrip」のユーザーのカキコミは大ボリューム&具体的で

こんにちは、クロスシー編集部です。前回は中国における旅行関連のオンラインサービスについてご紹介しました。今回はその中でも、旅行にオリジナルな体験を求めるFIT層の需要とマッチする「体験記」について、Mafengwo(馬蜂窩)の実際のコンテンツから紹介します。目次Mafengwo(馬蜂窩)の「游記」「攻略」のボリューム、Q&Aから見えてくる旅マエ(旅行準備中)のユーザー事情・ニーズQ&Aも活発:具体的&個別的な深掘り質問と回答が満載パワーブロガーの「游記」が実際の集客につなが...


中国市場は団体からFIT(個人手配の海外旅行)に変化

马蜂窝(マーファンウォー)を利用する訪日中国人のインバウンド市場の変化について確認してみましょう。

パッケージのツアーや団体旅行ではなく、個人で旅程を決め航空券や宿泊先を手配する海外旅行をFIT(Foreign Independent Tour、海外個人旅行)と呼びます。

以前の訪日中国人は、団体旅行で訪れることが多かったのですが、今では個人旅行が増えてきています。

中国では1964年に海外観光旅行自由化が行われました。当時は海外旅行は一部限られた層にのみ可能なものでしたが、中国の経済成長に伴い、徐々に団体旅行やパッケージツアーを利用し出国する人も増えてきました。

訪日旅行では、ビザの取得要件が年々緩和され、こうした個人手配の旅行も気軽に利用されるようになってきました。特に、団体旅行ではゆっくり観光ができないことや、買い物の場所を指定されてしまうことにデメリットを感じる旅行者もおり、訪日観光における個人旅行の機運は今後もますます高まると言えるでしょう。

SNSやブログだけじゃない!FIT中国人旅行者が

こんにちは、クロスシー編集部です。もう2か月もすれば夏本番ですが、実は中国人が日本に最も多く訪れているのは、春節のある初春でも、国慶節のある10月でもなく「夏」だというのはご存知でしょうか?(2017年の中国からの訪日外客数は7月約78万人、8月約82万人)学校、職場の夏休みがあり家族旅行シーズンであること、中国では6月が卒業の時期であり、卒業旅行として日本を訪れる層がいることが理由として考えられます。2017年の訪日外客数(国別:中国)参考:https://www.jnto.go.jp/...


马蜂窝(マーファンウォー)のコンテンツ「旅行記」(旅行ブログ)

こうした個人での旅行手配では訪問先や宿泊先を自分で決めなければなりません。こうした旅程の検討の際、滞在先に関する情報の収集に使われているのが马蜂窝(マーファンウォー)です。

马蜂窝(マーファンウォー)は旅行者自身の言葉で現地の感想が語られているだけでなく、まだ中国では有名になっていない観光名所や、広告ではない本当の口コミを見つけることができます。

写真をふんだんにつかったコンテンツは中国語で「旅行記」と呼ばれ、こうした言わば旅行ブログ马蜂窝(マーファンウォー)にはあふれています。中国人はこうした写真付きのコンテンツで、現地の詳細なレポートを確認し、滞在先への理解を深めたり訪問先を選定します。

旅行記にはBGMも設定でき、筆者の色を強く出したコンテンツを公開できます。ユーザーは気に入った投稿をシェアしたり、お気に入り登録できます。旅行の時期、滞在日数、同行者の情報が一目でわかるようになっています。

▲ハリーポッターをテーマにした12日の旅行記
▲ハリーポッターをテーマにした12日の旅行記

马蜂窝(マーファンウォー/Mafengwo)を活用した事例2選

马蜂窝(マーファンウォー)をインバウンド対策に活用する企業が徐々に増えてきています。次は、马蜂窝(マーファンウォー)をインバウンド対策に活用した事例について見ていきます。

1. ヒトサラと「马蜂窝」が連携し集客アップをはかる

今後日本には、2020年の東京オリンピックや2025年の大阪万博など世界的なイベントの開催が控えています。こうしたイベントにより、訪日外国人の増加が期待されています。

こうした時勢により訪日中国人の増加も見込めることから、今年2019年1月、飲食店情報を提供するインターネットサイト「ヒトサラ」と马蜂窝(マーファンウォー)が提携し、両社のユーザーを連携するサービスの提供を開始しました。

「ヒトサラ」のインバウンド版となる訪日外国人向けグルメサイト「SAVOR JAPAN」掲載店の中から飲食店情報約1,000店舗を马蜂窝(マーファンウォー)にコンテンツとして提供します。中国から日本の飲食店を予約できるようになり、中国人ユーザーの利便性を高めます。

温かいものが食べたい、訪問先の名物が食べたい、また大切な友人をもてなしたいなど、日常的に食事を非常に大切にする傾向のある中国人にとって、飲食店の情報は非常に需要の高いものです。1.3億ユーザーを有する马蜂窝(マーファンウォー)との提携により、集客効果が期待できます。

2. 一般社団法人アニメツーリズム協会と「马蜂窝」が提携し日本のアニメ文化を発信

今年2019年1月、一般社団法人アニメツーリズム協会は、日本のアニメツーリズムに関する情報を中国へ発信しインバウンド誘客を行うため马蜂窝(マーファンウォー)と提携しました。

日本アニメは世界中で評価されていますが、中国でも非常に人気です。ファンの中には、アニメのセリフから日本語を覚えるような熱心な人もいます。

アニメツーリズム協会が選定した「訪れてみたい日本のアニメ 聖地 88」を中心に、旅行とアニメを愛する中国人に対し作品の舞台となった土地を訪れる「聖地巡礼」などの観光情報サービスを提供します。

▲[マーファンウォーアカウント]:プレスリリース
▲[マーファンウォーアカウント]:プレスリリース


马蜂窝(マーファンウォー)を活用して訪日中国人観光客FITにアプローチ

団体旅行や爆買いのイメージが強い訪日中国人ですが、近年は個人旅行の形式で日本旅行をしたいという人も多くなっています。実際に、ビザの緩和や航空便の増加により、こうしたFIT旅行客も増えつつあります。

団体旅行では行先を自分で決めることはできませんが、個人旅行の場合は自分で情報収集し、行先を決めます。こうした際、马蜂窝(マーファンウォー)に掲載されている口コミや観光地の情報が行先を決定する一つの要因となります。

马蜂窝(マーファンウォー)は日本ではWeChatWeiboといったSNSほど知名度はありませんが、すでに1.3億ユーザーを有するメジャーなサービスです。こうしたプラットフォームは、訪日中国人に対するインバウンドプロモーションに活用したり、あるいはマーケティング施策立案の際の参考にできるでしょう。


口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に


関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!