ミエトランスレーションサービスが「東京ゲームショウ」でローカライズ品質管理を紹介

ミエトランスレーションサービスが「東京ゲームショウ」でローカライズ品質管理を紹介

9月開催の「東京ゲームショウ 2019」に出展へ

ミエトランスレーションサービス(Mie Translation Services Co.,Ltd.)が、「東京ゲームショウ 2019」に出展すると、8月に発表しました。

ミエトランスレーションサービスは、ゲームの中国語ローカライズを専門に事業展開している会社です。今回、9月に開催される「東京ゲームショウ 2019」で、「文化の違いと中国語ローカライズ」をテーマにした展示ブースを設け、同社の中国語ローカライズの品質管理などを紹介します。

「文化の違いと中国語ローカライズ」

「文化の違いと中国語ローカライズ」

CAT(翻訳支援ツール)の導入方法なども動画で紹介

同社のブースにおいては、QA ツール(品質チェックツール)の中国語翻訳への取り入れ方や、CAT(翻訳支援ツール)の導入方法が分かる動画も放映する予定です。ゲーム開発会社や海外事業担当者、多言語化の担当者など、中国語及び台湾語に関しての知識などを深めたい方向けのブースとなります。

イベントへの同社の出展日時は9月12日から13日、各日10時から17時(ビジネスデイのみ)。会場は千葉県千葉市美浜区 にある「幕張メッセ国際展示場」で、展示ブース場所は「ホール4 ビジネスソリューションエリア」です。

(画像はミエトランスレーションサービス ホームページより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

ミエトランスレーションサービス
https://www.mietranslation.com/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。