レベニューマネジメントとは?ホテルの利益最大化につながる手法と事例

公開日:2019年08月29日

レベニューマネジメントは、宿泊業における代表的な経営マネジメント手法の一つです。

レベニューマネジメントとは、需要予測に合わせて価格設定を変更する手法のことで、自社の利益を最大化させるために不可欠の概念です。レベニューマネジメントは、オンライン旅行代理店を通じた宿泊予約の普及をきっかけに、ホテルや旅館といった宿泊業者にも広がっています。日々、需要が大きく変動する宿泊業において、適切な価格を設定することが重要です。

この記事では、レベニューマネジメントの手法、導入する上で必要なポイント、さらにはビッグデータ・AIを活用したレベニューマネジメントの実践事例を紹介します。

レベニューマネジメントとは?

レベニューマネジメントとは、需要予測に合わせて価格設定を変更することで、収益拡大を図る手法です。

レベニューマネジメントの始まりは、1970年代のアメリカの航空業界の規制緩和です。当時のアメリカ航空業界は、アメリカン航空など大手航空会社のみで構成されていましたが、この規制緩和をきっかけに、格安航空会社の参入が始まりました。

航空事業は、空席が発生しても、サービスを翌日に繰り越すことはできないため、収益を最大化するためには、運航日までに空席を最大限減らす必要があります。

規制緩和による競争の激化により、空席の増加を危惧したアメリカの各航空会社は、需要が少ない日を予測し、一定期間以上前に予約をすれば、正規料金と比較し格安のチケットが購入できる価格制度を導入しました。

OTAでホテル業界へ広まったレベニューマネジメント

需要による価格変動制度は、航空業界同様にサービスを翌日に繰り越すことができないホテル業界にも広まりました。

特に、オンライン旅行代理店=OTA(Online Travel Agent)の存在が、ホテル業界のレベニューマネジメントの普及に大きく影響しました

OTAを通じた宿泊予約の普及により、ホテル会社側は、予約状況をリアルタイムで確認し、他社の価格とも比較しながら自社サービスの価格を設定できる様になりました。

しかし、消費者側も宿泊価格をリアルタイムで比較できる様になり、消費者が予約完了後も周辺ホテルの価格動向を確認、値下げが行われると予約をキャンセルし、安いホテルに乗り換えるケースも発生しています。各宿泊業者はこういったキャンセルリスクも考慮した上で、適切な戦略を立てることが必要となってきています。

OTA(Online Travel Agent)とは

OTA(Online Travel Agent |オンライン・トラベル・エージェント)とは、インターネット上で航空券や宿泊施設の予約をとる旅行予約仲介業者を指します。FITと呼ばれる個人旅行客の割合増加やインバウンド誘致に伴い、急成長を遂げています。この記事ではホテルなどの宿泊施設側の概要や登録方法、メリット・デメリットをご紹介します。目次OTA(Online Travel Agent |オンライン・トラベル・エージェント)とは?具体的にどんなものがある?FIT(=個人旅行)増加傾向→OT...


レベニューマネジメントの手法

宿泊業界では、季節やイベントなどに伴う繁忙期が存在します。

繁忙期に合わせて客室数といったホテル規模を設定すると、売上は増加しますが、閑散期などの不需要期にも固定費は発生し続けるため、年間での収益は減少します。

企業活動の目的は、「売上」でなく「収益」を拡大することであり、繁忙期のみに合わせてビジネス規模を設定することはありません。そのため、宿泊施設の規模はある「標準的な需要」をもとに決定されています。

レベニューマネジメントでは、この標準的な需要をもとに設定された部屋数を、適切な価格で、満室に近づけることで、収益の最大化を図ります

売上を決めるのは「一室当たりの価格(単価)」と「予約部屋数(稼働率)」です。

繁忙期は、供給可能部屋数は限られているため「一室当たりの価格(単価)」を上げることで売上を最大化します。

一方、閑散期は、値下げによる「予約部屋数(稼働率)」を増やすことで収益拡大を目指します。

もちろん、顧客は「価格」だけでなく、「サービス」も加味した上で予約を行います。どの様な客層をターゲットにした「価格」と「サービス」を設定していくか、また、需要に応じた価格の上げ幅、下げ幅をどれほど大きくするかは、企業側の長期的なレベニューマネジメント戦略といえるでしょう。

レベニューマネジメントのポイント

レベニューマネジメントにおいて、何よりも重要なものは予測の正確性です。

一般的なレベニューマネジメントでは、前月末に立てた計画との実績差が3%以内となることを基準としています。全ての価格戦略はこの需要予測から始まるため、それぐらいの正確性が求められます。

経営者は、計画と実績差をこの3%以内に収めるべく、過去のデータや、周辺イベント等あらゆる情報を確認し、より正確な需要予測を立てる必要があります。

中国の旅行会社Ctrip(携程/シエチェン)とは |

中国では年々海外旅行に出かける人が増えており、長距離ではアメリカやヨーロッパ、近距離では日本やタイ、ベトナムや韓国が人気目的地となっています。特にアメリカは世界の中心ともいえる国際連合の本部事務所や、雄大な国立公園など見どころも多く、中国人にとってあこがれの旅行先でもあります。ところが、5月末の報道によれば、米中貿易摩擦が影響し、中国人の訪米旅行者数はなんと15年ぶりに減少に転じました。アメリカファンの中国人は今後、異なる地域への興味関心を高めていく可能性もあるでしょう。中国人が国内・海外...


レベニューマネジメントの事例

続いて、ここでレベニューマネジメントを用いた事例を紹介します。

レベニューマネジメントを、どの程度、どの様な手法で実施していくかは、会社の経営方針が大きく反映されます。ここでは、アパホテルとソラシドエアの例を紹介します。

1. アパホテル:徹底した価格戦略

アパホテルでは、その徹底的なレベニューマネジメントを用いた価格戦略により、ホテル業界の中でもかなりの高収益を出している会社です。

経営側は、価格の決定権を各店舗に委ねており、店舗の支配人が、各々の手腕で需要動向を見極めながら価格を決定します。中には、繁忙期には閑散期の3倍の価格に設定される場合もあり、その極端な価格設定に、一部の消費者は納得ができず不満を頂いているのも実情です。

2. ソラシドエア:ビッグデータ・AIを活用

ソラシドエアでは、従来は社員の経験に基づき需要を予測し、航空券価格を決定していました。しかし、同社が運航路線を拡大していく中、従来の社員による計画策定では作業が追いつかなくなったため、需要予測にビッグデータやAI技術を導入しました。

この技術導入は、俗人的な業務を削減しただけでなく、結果として予測の正確性を上げ、より最適な価格設定を可能としました

レベニューマネジメントの手法を学び、実践を

今回は、レベニューマネジメントの概念や手法を、実例とともに紹介しました。

宿泊業において利益を最大化するためには、この概念を如何に詳しく学び、実践に落とし込むかがカギとなります。

最後に紹介したソラシドエアでの実例の様に、レベニューマネジメントにおけるビッグデータやAI技術の発展が、より一層加速していくとみられます。こういった最新技術や手法を、積極的に学び取り入れる姿勢が、今後の経営に求められていくでしょう。


関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!