【中国】大人気「ドラえもん」やっぱりパクリ続出、中国式”著作権”といかに戦うか?

公開日:2019年10月04日

漫画は1969年から連載、アニメは1973年から放映されている日本の国民的アニメ「ドラえもん」は世界中でアニメが放映されるなど、国内外に多くのファンを抱えています。

特にアジア圏での人気が高く、中国、台湾、香港、マカオ、韓国などの国々には小さい頃からドラえもんを観て育ってきた若者が大勢います。そして中国ではこうした人気を受け、「パクリ作品」も生み出され、近年では裁判で争われるといった事態にまで発展しています。

関連記事
【韓国の反応】デモ飛び火で「ドラえもん」上映、無期限延期へ
『千と千尋』の舞台は台湾?聖地巡礼スポット「九份」紹介
最新!中国人に人気の聖地巡礼スポットは「東京」新曲MVロケ地


中国でもドラえもんは大人気

中国では漫画やアニメなどの出版物も政権による管理を受けていますが、1980年代にはこうした規制をかいくぐり「ドラえもん」のコピー漫画が数多く出版されたと言います。

1990年代になると中国の出版社が正式に小学館と契約を結び、「ドラえもん」の漫画が出版されています。また、1989年には廣東電視台(広東テレビ)で、1991年には中国中央電視台(CCTV)にてアニメが放映され、その後も多くのテレビ局で次々と放映が始まりました。

現在では映画も上映されています。作品そのものへのひょかも高く、「STAND BY ME ドラえもん」や「ドラえもん のび太の宝島」などの作品は中国でも大人気となっています。

中国で様々な愛称をつけられた「ドラえもん」

1980年代、まだ正式にライセンスされた漫画が流通していなかった頃、中国国内ではドラえもんに「小叮噹(シャオディンダン、ディンダンは銅鑼の音を表す)」「機器貓(ジーチーマオ、猫型ロボットの意)」といった愛称がつけられていました。

1990年代に正式版の漫画が流通しはじめると、日本と中国でドラえもんの読み方を統一することとなり、中国語でも「哆啦A夢(ドラエモン)」という字が当てられました。現在では中国だけでなく香港、マカオ、台湾でも同じ読み方がされており、「ドラえもん」という音はアジア共通のものとなっています。

関連記事
台湾:看板にひらがな、日本文化大好き

上海ではドラえもん展も開催、若者に大人気

2019年3月15日には、上海で「愛のひみつ道具楽園」が開催され話題を呼びました。館内にはドラえもんのひみつ道具が展示され、巨大なドラえもんも登場し、公式グッズショップも設置されたことで多くの若者が来場しました。

このように現在でもドラえもんの人気は衰えるところを知らず、中国国内では大手IT企業のアリババが経営するECサイトのタオバオ(Taobao)ではドラえもん公式グッズやDVDなどが正規販売されています。

アジア5か国の人気キャラクターランキング やっぱり「ドラえもん」が1位に/Fun Japan Communications調査

目次アジア5か国における人気のキャラクターグッズを調査「よく買うキャラクター」が「好きなキャラクター」と比例もアジア5か国における人気のキャラクターグッズを調査インターネット等のネットワークを利用した情報提供サービス事業や、市場調査事業などを展開する株式会社Fun Japan Communications(以下、Fun Japan Communications)が、アジアにおけるキャラクターグッズの調査を実施し、その結果を9月18日に発表しました。同社は今回、香港・インドネシア・マレーシア...


「ドラえもん」はなぜ中国で大人気なのか

「ドラえもん」の放映が始まった1990年代の初め頃、中国国内で制作されたアニメは技術的に日本のアニメに及んでおらず、その物語も勧善懲悪、主人公が正義を貫くようなものが多かったため、主人公に感情移入できるようなアニメは多くありませんでした。

その中で「ドラえもん」は、登場人物誰もが完璧ではなく、ドラえもんですら万能ではないことで、のび太に感情移入する視聴者が多かったという背景があったようです。

中国の抱える社会問題と「ドラえもん」

中国では人口増加を抑えるべく、1979年から2015年まで一人っ子政策が実施され、兄弟姉妹のいない一人っ子が多く誕生しました。彼らの両親は共働きの場合が多く、テレビ番組を観て過ごす子供もいました。

そういった環境の中で「ドラえもん」に触れた一人っ子世代は、ドラえもんと共に成長してきたように感じたり、自分の子供時代を支えてくれた存在として愛着を形成したりしています。

また中国の学校では宿題や受験のプレッシャーが大きく、受かった大学でも日々レポートや試験に追われます。こうして学業で良い成績を収め、ようやく就職できたと思ったら今度は会社内、業界内での競争に巻き込まれ疲弊するという人も少なくありません。

競争に次ぐ競争を駆け抜けてなお心の安らぎを得られない社会に生きる中国人の中には、幼いころ観たドラえもんの世界に慰めを感じるという人もいるようです。

一人っ子政策、1年前に撤廃されていたの知ってました? インバウンド視点で見る中国一人っ子政策[前編]

インバウンド市場において主要顧客である訪日中国人観光客。昨年2016年の訪日外客数2403.9万人のうち、訪日中国人観光客は26.5%で1/4以上を占める637.3万人で、圧倒的なシェア率を誇ります。その中国で有名な政策「一人っ子政策」。昨年2016年1月1日に撤廃され、1年が経ちました。そもそも一人っ子政策とは何だったのか、そして一人っ子政策撤廃の流れ、一人っ子政策が及ぼした影響、また撤廃による影響、そして中国の妊娠・出産に関する文化や風習などをインバウンドにからめて見ていきましょう。目...


パクリ問題も勃発、裁判所は著作権侵害を認定

中国では多くの「パクリ作品」が量産されていますが、ドラえもんも例に漏れず模倣されています。

2012年、福建省の企業が「ドラえもん」そっくりのキャラクターを商標登録しました。これに対し、2016年にはドラえもんのキャラクター使用権を持つ別の企業が商標の無効を求めて提訴しました。

中国の商標審議委員会は商標登録を無効としましたが、これを不服として前者は北京市の知的財産権裁判所へ上訴しました。

このケースでは知的財産権裁判所でも商標の無効が認められましたが、この他にもドラえもんをはじめとする有名な作品のいわゆる「パクリ」商品は、実際のところいまだに数多く存在します。

著作権、中国では商標登録だけでは守れない

通常、オリジナルのキャラクターなどは商標登録をすることでそこから生み出される利益を保護できますが、中国では多くの企業が明らかに著作権を侵害しているにもかかわらず商品を企画、仕入れ、販売するケースも少なくないようです。

中国では近年知的財産権裁判所が設けられるなど、政府は著作権侵害に対しての規制を強化しています。しかし中国のビジネスの現場では、実際のところ模倣を「悪」とは考えない場合もあります。こうした問題の即時解決は難しいと見られています。

関連記事
無印のパクリ?中国雑貨「MINISO」とは
日本より先にオープン、中国のMUJIホテル

インバウンドでも注意が必要な著作権問題

著作権侵害問題は中国だけでなく世界中で起こっており、もちろん日本国内でも多くの事例が存在します。

例えば秋葉原などの路上をカートで走行する体験を提供する「公道カート」は、任天堂のレースゲーム「マリオカート」に酷似したものであるとして任天堂が提訴していました。この例では裁判所は任天堂の訴えを認めています。

インバウンド業界でも関係することの多い著作権問題は、業界に関わる一人ひとりの意識向上が課題であることと同時に、政府による周知の徹底や規制の強化など国全体での対策が必要でしょう。

任天堂「マリカー」に勝訴 損害賠償&衣装レンタル禁止を命じる判決/外国人観光客に大人気の公道カートアクティビティに波紋

「日本の公道をカートで走行するサービス」が訪日外国人に人気だということはインバウンド担当者ならご存知でしょう。この中で最も良く知られているサービス企業が株式会社 MARI モビリティ開発(旧社名:株式会社マリカー)です。このビジネスモデル自体が、任天堂の人気ゲームである「マリオカート」を連想させるものであること、そして「マリオカート」の略称を社名に用いていたこと、当初は任天堂のキャラクターである「マリオ」のコスプレ衣装を貸し出すなどしていたことなどで、任天堂株式会社が訴訟開始したことを覚え...


関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!