【韓国の反応】デモ飛び火で「ドラえもん」上映、無期限延期へ:「日本隠し」されながら愛されたキャラクターたち

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

日韓関係の悪化に伴い、韓国では8月14日からの上映が決定していた映画作品、劇場版「ドラえもん のび太の月面探査記」の公開が事実上の無期限延期を決定されています。

関係者によると、韓国での日本製品の不買運動や訪日旅行のキャンセルなど高まる反日感情のなかで、日本映画を公開するのは適切でないという判断を下したというもので、社会の空気や国民の感情を考慮したことが説明されています。

韓国においてドラえもんはどのような立ち位置にあるのでしょうか?韓国での日本のコンテンツの受容のいきさつと、SNS上の口コミを紹介します。(訳は全て訪日ラボ編集部によるもの)

関連記事
訪日韓国人が半減、未曽有の「コリアショック」が日本を襲う
【中国】大人気「ドラえもん」やっぱりパクリ続出
なぜ起きた?韓国のボイコットジャパン


「訪日ラボ」の最新インバウンドノウハウが配信されるメルマガに登録する

ボイコットジャパンで映画「ドラえもん」上映、無期限延期

劇場版「ドラえもん」の公開は、事実上、無期限の延期となってしまいました。

こうした現象からも、日韓関係が冷え込んでいることがはっきりと読み取れます。

実際に「ボイコットジャパン運動」として日本製品の不買運動や、訪日旅行のキャンセルが目立っています。

訪日旅行のキャンセルが相次いでいる影響で、韓国LCC株価は6月末から7月上旬までに軒並み下落しており、チェジュ航空15.5%、ジンエアー17.5%、ティーウェイ航空8.9%と大きな痛手を受けています。

また、8月22日には韓国政府が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄すると発表しました。

韓国政府は、今回の日韓悪化の発火点ともなっている輸出規制強化措置を日本政府が撤回すればGOSMIA破棄についても見直すとしていましたが、日本政府は「全く別問題」として今まで通りの方針を示しています。

JNTOが発表した資料によると、8月の訪日韓国人客の数は前年同月比48.0%減と、大幅に減少しました。

長期化する冷え込みに、反日感情を抱いている人以外にも、この時期の訪日が不安で行き先を変更する人も増えるといった悪循環が起こっているようです。

収まらないボイコットジャパンの波で自国が窮地に?韓国LCC各社の株価が下落した理由

7月4日に日本政府が韓国に対する輸出規制強化の措置を発動したことにより、韓国では反日感情が高まっています。韓国国内では、日本製品の不買や日本旅行をキャンセルするなどの反発運動「ボイコットジャパン運動」が激化しています。こうした事態について日本国内で実施されたあるアンケートでは、今回の日本の措置に納得している人が80%を超えるという結果も見られました。 また28日には北朝鮮が日韓対立を好機とみて、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を韓国側に要求し始めまるに至っています。 今回の日韓...

韓国で日本人女性が暴行被害、日韓関係の悪化が旅行者にも影響:韓国ネットでは「反日が犯罪という形になってはいけない」との声

先月から韓国で高まる反日ムードの中、韓国人男性が旅行中の日本人女性を暴行するという痛ましい事件が起きました。ネット上で動画が拡散され、韓国内では「反日感情からの犯罪を許してはいけない」と批判する声が上がっています。目次8月23日に起きた暴行事件、ひどい罵りの言葉も韓国メディア等に男性に批判高まる事件に便乗したデマ、日本右翼による陰謀論を唱える人も韓国政府はGSOMIA破棄まで…日韓関係の悪化は進むまだまだ続きそうな政治葛藤まとめ8月23日に起きた暴行事件、ひどい罵りの言葉も8月23日早朝、...

【韓国の反応】日本旅行を計画していた韓国人「69.3%」キャンセルの衝撃:韓国シンクタンク最新調査で判明

9月12日から9月14日は韓国のお盆、「秋夕(チュソク)」です。 本来ならこの時期に日本旅行に来る韓国人も多いですが、今年は日韓関係の悪化に伴い、双国への旅行者減のニュースが目立ちます。 韓国の文化観光研究院はこれに先立ち、韓国人の日本旅行に関するアンケート調査を実施しました。 [com_category_dl_btn name="インバウンドコンサル(総合)" slug="consulting"] ※Twitterの日本語訳は特に断りのない場合、訪日ラボ編集部による。 ...

市民の声は意外にも冷静

しかし、反日的な意見や行動が目立つ一方で、全員がそうではないということを伝えてくれる韓国人もいます。

8月の頭には、日韓関係の冷え込みを受けて日本人がTwitter上で「#好きです_韓国」のハッシュタグをつくり、国民の声を届けようと企画しました。

これに応えるように韓国人が「#好きです_日本」のハッシュタグをつけて、日本旅行に行った際の日本人の優しさなどをツイートしました。

この動きは韓国のニュースでも取り上げられています。日韓の間の悪感情は外交上に限られたもので、国民全員が反日や反韓であるわけではない、ということが伝わる機会となったようです。

「#好きです韓国」「#好きです日本」SNSで拡散:日韓関係、意外な市民の声とは

日本政府の韓国に対する輸出管理強化措置が始まっています。韓国の文大統領は、日本の対応は経済報復だとして非難しています。不買運動や旅行者の減少など、日韓関係の冷え込みが進む中、Twitter上で2つのハッシュタグが注目を集めています。目次冷え込む日韓関係に声を届けたい韓国のニュースSBSでも話題に「好きです日本」には複雑な気持ちを示す人も#좋아요_한국(#好きです_韓国)まとめ#좋아요_일본(#好きです_日本)まとめ冷え込む日韓関係に声を届けたい1つ目のハッシュタグは、「#좋아요_한국(チョ...

コンテンツは日韓関係の悪化を食い止めることができるのか

一方でTwitterでは、ドラえもん好きな韓国人の利用者からの意見が多く見られました。

あるユーザーはドラえもんのアイスクリームケーキ、本と塗り絵を友達から貰ったことについて「とても嬉しかった」とツイートしており、またあるユーザーは「ドラえもんはとってもかわいい」と写真とともにツイートしています。

ほかにも「#皆さん小さい頃オタクのとき何を観ていましたか」という韓国語のハッシュタグでは、あるユーザーが「自分は4歳の頃からドラえもんを観ていた」とツイートしているなど、韓国人にとってもドラえもんは身近な存在であることがいくつものツイートからわかります。

80~90年代には「トンチャモン」の名前で海賊版が流行

80年代は歴史的背景から、日本文化の流入規制がかけられていましたが、こうした規制をかいくぐり海賊版の作品が韓国には存在していました。

作品や登場人物の名称は、ドラえもんではなく「トンチャモン(동짜몽)」と変更されています。

「トンチャモン」は丸くて背が低いという意味の言葉「トングルチャリモンタン(동글짜리몽땅)」の略です。

ドラえもんが正式に韓国の雑誌で連載を開始したのは1994年12月で、今でもコミック本が販売されています。

2001年からテレビアニメが放送され、2015年には初の3D映画「STAND BY MEドラえもん」も上映されました。

この作品は公開1か月で累計観客動員数は40万人を記録しています。韓国の市場規模からすると非常にインパクトのある数字と言えるでしょう。

「日本隠し」が招く韓国人の勘違い…反日感情の引き金にも

「日本隠し」とは、元のアニメの中にある日本の要素を韓国に書き換えることで一切の日本要素をなくすことを指します。

例えば、現在韓国で販売されているドラえもんの漫画には、作者である藤子不二雄の名前があるものの、トンチャモンでは韓国語への翻訳者の名前があるのみでした。

また、同じく韓国で人気の「名探偵コナン」の映画の中でも、新聞記事が韓国語に変わっていたり、お札がばら撒かれているシーンではすべてのお札が韓国のお札に変わっており、韓国人がみて自国のアニメと認識するような調整が施されています。

こうした「日本隠し」は、アニメ作品の原作は韓国で作られたものだという誤解も招いています。

実際に、韓国の女優が「日本に来るまでドラえもんは韓国のアニメだと思っていた」と発言したことがあり、一時話題になりました。

「日本隠し」はまた、自国の文化と思っていたものを日本が真似した、という誤解にもつながり、こうした誤解に基づき反日感情を引き起こする一因になっているとも言われています。

日韓関係に左右されないコンテンツ作り

キャラクターは日本のアニメ産業やサブカルチャーにおいて重要な役割を果たしており、インバウンドにも欠かせない要素です。

製品や映画公開など、産業として日本のアニメが遠慮されている傾向はあるものの、キャラクター自体を嫌いになる人は少ないと考えられ、実際Twitterでもキャラクターそのものを日本政府への悪感情と結びつけて評価するユーザーはほとんど見られません。

今後の日韓関係は、こうしたソフトパワーの一つである「コンテンツ」を推進力に、少しずつ関係を取り戻していくことも可能ではないでしょうか。

関連記事
韓国9月の連休も「日本旅行9割キャンセル」の衝撃
なぜ?反日"自己"批判本『反日種族主義』韓国でベストセラー

訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介

インバウンド市場の最新動向がわかる訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介します。

2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

昨年12月、JTBが2024年の旅行動向見通しを発表し、 訪日外国人旅行者がコロナ前の2019年を上回る過去最多の3,310万人に達するとの予測を立てました。

インバウンド市場が回復の動きを見せる中、訪日外国人を集客するために、どのような対策をすべきかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで本セミナーでは、訪日外国人の集客支援を行う2社にて、 2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション成功のポイントを独自の視点から紐解いていきます。

【訪日外国人の行動データと口コミデータで紐解く】2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに