カジノ解禁で特設ブースも!旅行業界の”最新”が集まるツーリズム EXPOジャパン2019[大阪・関西]閉幕、一般客にも大好評

公開日:2019年11月01日

10月27日、大阪で開かれていた「ツーリズムEXPOジャパン2019」が閉幕しました。4日間に渡り開かれていた本会は日本全国、世界100ヵ国と地域から1,475企業・団体を迎え来場者数も15万人を記録しました。

この記事では今年の会の様子と、今後注目すべき内容について触れていきます。

関連記事
今インバウンドに人気の”ニューツーリズム”とは?

ツーリズム EXPOジャパン2019

大阪を舞台にし初めて開催された今回は、想定来場者数の13万人を大きく上回る15万人を記録しました。

同会場で行われたシンポジウムでは「観光デジタルマーケティング」「インバウンド4000万人時代の海外旅行市場はどうなる」や観光エンターテイメントについて取り上げられ、業界に精通しているパネリストと共にツーリズム業界の将来を考えました。

開催に伴い、基調講演には国連世界観光機関(UNWTO)事務局長のズラブ・ポロリカシュヴィリ氏と建築家の安藤忠雄氏を迎えています。さらに一般公開日オープニングイベントにはジャニーズの「関ジャニ∞」が登場するなど年々注目度が上がっています。

ツーリズムEXPOジャパンとは?

今回が6回目の開催となる本展示会は「世界のツーリズムをリードする」総合観光イベントとして、観光業を中心とし幅広い業界から参加者を集めています。

今、大注目を集めている「訪日観光」だけではなく、海外・国内観光の振興に貢献するイベントです。

<開催情報>
開催名 ツーリズムEXPOジャパン2019 大阪・関西 (英文): Tourism EXPO Japan 2019

会期

10月24日(木) 12:00~18:00 
10月25日(金) 10:00~18:00
10月26日(土) 10:00~18:00
10月27日(日) 10:00~17:00
※10月24日(木)、25日(金)は業界関係者の商談会のために一般の方は入場できません
主催

公益社団法人 日本観光振興協会
一般社団法人 日本旅行業協会(JATA)
日本政府観光局(JNTO)
場所 

インテックス大阪

公式サイトより

商業的要素が強い展示会が多い中、ツーリズム全体を盛り上げるための本会は一般の来場者も楽しめる内容となっていました。

今年の展示・企画内容は?

今回は1,800近い企業・団体が参加しています。その展示内容はTwitterにも多くシェアされていました。

各国観光局や大使館が、ブースで観光資源のPRを行います。日本国内の観光地も「ゆるキャラ」やオリジナルアイテムの配布、地域のミス◯◯を抜擢した広報や、VR体験など様々な工夫をこらしていたようです。

IR実施法が成立で「IR GAMING EXPO 2019」特設ブースも

2018年7月の「特定複合観光施設区域整備法(IR実施法)」成立により、日本でもIRビジネスが始まることになりました。

政府は2030年に訪日外国人旅行者数6,000万人、訪日外国人旅行消費額15兆円、GDP600兆円を達成することを目標に掲げており、成長戦略の一つとして大いに期待されている業界の一つです。

本展示会でも今年より「IR GAMING EXPO2019」特設ブースが設けられています。

特設会場ではカジノスクールによるゲーム体験ブース、海外のカジノ事業者による本格的な「ショー」などを楽しむことができました。

初回となる今回は「ラスベガス・サンズ」や「ゲンティンシンガポール」など世界からの参加が目立ち、本会場で行われたPRプログラムでは各社の日本市場戦略や展望について語られました。

▲[IR GAMING EXPO 2019]:公式資料
▲[IR GAMING EXPO 2019]:公式資料

2020年は「沖縄」で開催決定

年々盛り上がりを見せる本展示会は、次回は「沖縄」で開催すると発表されました。

<開催情報>

開催名  ツーリズムEXPOジャパン2020沖縄リゾート展

会期
2020年10月29日(木)~11月1日(日)
10月29日(木) 開会式、フォーラム、交流会など
10月30日(金) 展示商談会
10月31日(土)・11月1日(日) 一般日

主催

日本観光振興協会、日本旅行業協会、日本政府観光局

場所

沖縄コンベンションセンターならびに周辺施設


2020年の開催地沖縄は日本でも観光業で成功している地域の一つとあり、シナジー効果も期待されます。来場者数は2018年の東京開催が過去最高となっていますが、この記録を破るかどうかにも注目するべきでしょう。

▲[2018年の実績]:公式サイトより
▲[2018年の実績]:公式サイトより

【沖縄】訪日外国人に人気の観光スポットランキングTOP5!2018年インバウンド300万人突破もレンタカー事故の増加が心配事項

日本人にも人気の観光地である沖縄には、近年多くの訪日外国人が訪れています。日本国内でも人気の旅行先であり、2018年度の入域観光客数は1,000万に迫りました。インバウンドで最大の市場を形成する中国でも沖縄は人気旅行先で、昨日から始まった国慶節でも訪れる人が多くなっているようです。観光地としての沖縄には一体どのような魅力があるのか、 観光スポットの人気ランキングとその一方で存在する課題について、また沖縄が取り組んでいるインバウンド対策や高い満足度の理由について解説します。目次2018年度に...


まとめ

展示会は、訪れるだけで世界各地の旅を味わえるイベントとなっています。今回は食の都「大阪」開催ということもあり、会場では「関西うまいものコーナー」を楽しむことができました。

ビジネス的側面からも最新の情報や取り組みが見られ、各地域の業界の最前線にキャッチアップできる貴重な機会となったようです。来年の動向にも期待が高まります。

大阪の最新グルメスポット「座ウラ」がインバウンドを引き寄せるワケ

インバウンド誘客が好調な大阪では、「ウラ難波」に続く人気のグルメスポット「座ウラ」が訪日外国人観光客にも注目されています。今後も新規ホテルの開業が予定されており、インバウンドの受け入れ態勢がさらに進むことが期待されるエリアです。今回は、大阪のインバウンド事情をふまえ、「座ウラ」のインバウンド人気と今後の展望について考えていきます。目次大阪のインバウンド拡大は好調「ウラなんば」に続く「座ウラ」のインバウンド人気12月には新たにホテル開業、インバウンド対応を強化へまとめ:大阪・関西万博に向けて...

<参照>

https://www.t-expo.jp/_shared/pdf/tej2019-irgmapguide_ja.pdf

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!