外国人向け剣道体験のSAMURAI TRIP(サムライトリップ)とは | 作法&対戦&製作所見学&ランチを体験・認定事業・武道ツーリズムの最前線

公開日:2019年11月12日

ここ数年、日本文化に対する海外からの関心が高まっています。「サムライ」を中心として日本の伝統的な武士文化に関心を持つ人は多く、それらの文化に触れたいと考えて日本を訪れる訪日外国人も少なくありません。

彼らが求めているのは、モノ消費よりも、現地での体験を目的としたコト消費であると言えます。

本格剣道体験ツアー「SAMURAI TRIP(サムライトリップ)」

日本の武士(侍)に興味を持つ外国人に最適な体験ができる場があります。

「SAMURAI TRIP(サムライトリップ)」は剣道を通じて日本文化や礼儀作法を学ぶことができます

今回は、SAMURAI TRIPがどのようなツアーなのか、何ができるのか詳しく説明していきます。

見落としがちな「サムライ」も強力なコト消費コンテンツ 海外では認知率98%と調査で判明 武術体験、城見学などが人気

愛知県は徳川家康、織田信長、豊臣秀吉など、戦国時代に活躍した武将のイメージが強い県ですが、愛知県では、「武将のふるさと愛知」 を更に盛り上げるため、日本を代表する観光資源である「サムライ」&「忍者」を活用した観光の活性化 に取り組んでいます。先日、日本忍者協議会による「忍者」に関する海外調査で、海外での忍者の認知率98.7%であることをご紹介しましたが、愛知県では「忍者」に加え、「侍(サムライ)」に関するイメージ調査を実施しました。愛知県の武将観光の施策に活用することを目的としており、対象...

SAMURAI TRIPとは?

SAMURAI TRIPとは、外国人を対象に開かれている本格剣道体験ツアーのことです。

東京・JR「鶯谷駅」にある施設にて剣道の指導を受けることができます。

講師は剣道歴20年の日本人剣道家や、マレーシア代表の外国人剣士などで、約2~3時間15,000円から指導を受けることが可能です。

剣道を体験してみたいと思っている訪日外国人にとって、気軽に本格指導が受けられることから人気を集めています。

初心者であっても実際に剣道具を使用し安全に戦うことができます。

インバウンド向けのツアー

このツアーは、2018年4月から2019年1月までの10か月間で利用者がすでに1,000名を超えるほどの盛況ぶりです。

この本格剣道体験ができるSAMURAI TRIPについて、海外メディアでも紹介されることが多くなり、世界中から様々な国の人がこの体験を求めて訪れてきます。

主な国籍は中国、アメリカ、香港、シンガポール、オーストラリア等などで、これまで世界約30か国以上の人が訪れています

「正しく伝える」ことを重視

SAMURAI TRIPでは、実際に剣道具一式を身に着け、試合形式の体験をすることのできる「剣道体験」の他に、「剣道防具職人工房の見学」「剣道レストランでの和食体験」なども用意されています。

剣道具の歴史や製作技法を学べたり、剣道具を身につけての写真撮影、和食体験も含まれています。

このアクティビティツアーは、スポーツ庁・外務省主宰のスポーツ海外貢献事業「Sport for Tomorrow」にも認定された事業であり、全日本道場連盟と協力しながら運営されています。

偏った日本文化へのイメージではなく、「正しく伝える」ことを重視し、今後は全国的な展開も視野に入れています。

SAMURAI TRIP(サムライトリップ)の体験の流れを紹介

SAMURAI TRIPは単なるスポーツとしての「剣道体験ツアー」ではなく、訪日外国人に対し、より正しく深い日本文化への理解を促すことを目的としてプログラムが組まれています。

中には、日本の食文化や礼儀作法に関する体験も含まれます。

まずは着付けから

「剣道体験」における最初のステップは、剣道具の着付けです。

剣道具は複雑な構造になっており、道着と胴部の防具など、何層にもわたって身に着ける必要があります。

初めて着る人には難しいですが、先生の助けを借りながら着付けを行います。

作法も学ぶ

他にも、剣道の試合では礼のタイミング、相手に対する敬意を表す作法など、細かい礼儀作法が多く存在します。

それらをなるべく実際の作法に則り、自らも実際に体験することで、リアルな日本文化に触れる機会となります。

剣道に必要な基本動作や、道具の扱いなども、実践を通して学んでいきます。

最後はゲーム方式の試合

剣道具を身に着けても立ち振る舞いに慣れたら、実際に試合を行います

参加者は、面、胴、小手の三か所に紙風船を身に着け、相手の紙風船を割ることを目的として戦います。

それまでの練習で会得した技などを実践で試し、剣道の楽しさを体感してもらえるようになっています。

剣道具製作所見学やランチも楽しめる

新宿にある剣道具製作所見学では、剣道や剣道具に関する解説や、職人によるデモンストレーションや質疑応答、剣道グッズの販売なども行われています。

また、池袋にある「剣道居酒屋」では、オリジナルメニューである「サムライ飯」を楽しめるほか、店内ビューイングでの試合鑑賞や、記念撮影のできるコーナーもあります。

これらの体験を通して、剣道への理解をより深めることができます。

参加者からも高評価

日本を訪れる外国人の多くは、日本の観光スポットだけでなく、様々な伝統文化に触れたいと考えています。

それらの需要を的確にキャッチし、体験と学びを体験するこのSAMURAI TRIPは、実際にこのアクティビティを体験した人たちからも高評価を得ています。

実際に参加した人の口コミは?

旅行に関する口コミの掲載、比較ができるウェブサイト「トリップアドバイザー」でも、このツアーは高い評価を得ています。

合計11件の口コミ投稿のうち、9件の「とても良い」、2件の「良い」となっています。実際に投稿された口コミは以下のような内容です。

We had a wonderful time! It was really fun to spar and the instructors were great! We will definitely go again next time we are in Tokyo.
(私たちはとても素晴らしい時間を過ごしました!練習試合をするのはとても面白く、インストラクターもよかったです!私たちは次に東京に来た時、絶対にまたここに行きます。)

近年の消費活動の特徴であるコト消費

近年では、モノを購入する消費活動よりも体験を重視するコト消費が重要視されているという消費傾向があります。

旅行業界でもその傾向は如実に現れており、この「SAMURAI TRIP」という剣道をテーマにした体験ツアーは、まさにその消費マッチしていると言えます。

ただ楽しい体験として届けるのではなく、正しい日本文化理解の手助けにもなり、満足度の高いアクティビティとなっていることがうかがえます。

外国人観光客に人気の体験ツアーランキングTOP5、1位は「マリカー」/日本の体験型観光は地方創生にこそ活用を

2015年に流行語大賞を受賞した「爆買い」と言う言葉に代表されるように、以前は日本で大量のモノを購入し帰国することが多かった訪日外国人ですが、最近では日本食を食べるなど、コト=体験を行うことへのニーズが高くなっています。TripAdviser(トリップアドバイザー)調べによれば、2018年に外国人に人気の体験ツアーランキング1位は「マリカー」だったとのことです。「マリカー(公道カート)」といえば、先日外国人らしき公道カート利用者が高速道路に侵入してしまった様子がSNS上で拡散、話題となった...

日本独自の文化体験が注目を集めている

日本の伝統文化に関する関心の高まりは、外国人の日本への渡航の大きなモチベーションの一つとなっています。

しかし日本の観光地を巡るだけでは、伝統文化に直接触れ、深く学ぶことは難しい可能性があります。

インバウンド消費を促し、満足度の高い訪日観光をしてもらうためには、SAMURAI TRIPのような、体験型アクティビティとそれを通じた文化学習が今後一層注目されると考えられます。

日本の伝統文化を訪日外国人の誘客に活かすには?コト消費ブーム・人気ランキング・事例を紹介

日本の伝統文化の魅力は海外においても広く認知されており、訪日外国人の中には旅行を通して日本の伝統文化について深く知りたいという人々も少なくありません。また、日本全国の伝統文化を海外に向けて発信することや、おもてなしの一環として文化体験サービスを提供することはインバウンド集客に有効な手段として注目されています。この記事では、近年のインバウンド消費傾向や日本の伝統文化の魅力を活かしたインバウンド対策について解説します。 目次訪日外国人が年々増加している2018年も記録更新外国人観光客が日本を選...

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!