韓国人の特徴は?日本との国民性の違いや独自のマナーに注意

公開日:2019年11月25日

訪日外国人客数の割合が中国についで2番目に多い韓国は、インバウンド消費も期待できる国の1つです。2018年度には、およそ753.9万人が日本を訪れています。しかし、今年は政治や経済関係に端緒を発した反日感情の高まりがはなはだしく、訪日旅行市場にも大きなマイナスの影響を与えています。

こうした訪日旅行動向や、韓国旅行、あるいはドラマなどのコンテンツといった切り口でメディアで取り上げられることが多いものの、韓国人の特徴や日本人との国民性の違い、独特のマナーなど、まだまだ知られていない一面もあります。

今回は韓国人の特徴についてまとめます。お互いの国民性を理解してコミュニケーションを図ることで、今後のインバウンド消費の増加につなげることもできるでしょう。

関連記事
【韓国】反日”自己”批判本がヒット、韓国人は何を思う?
Amazon KOREAがない3つの理由
韓国のネット常識「NAVER Korea」とは?


韓国の文化・韓国人の国民性とは?

韓国人の国民性は、ニュースや韓流ドラマ、スポーツなどを通して垣間見ることができます。しかし同じアジア圏であっても、文化や風習は異なる点が多いです。

なかでも美容整形・韓国風メイク・ファッションの文化、伝統的な儒教の教え、世界の中でもイベントが多い国といった点が特徴的です。

1. 美容大国の韓国

韓国は非常に美意識が高く、学歴とともにルックスが重視される国です。

韓国人にとって美容整形は、性別や年齢にかかわらず特別なことではなく、自分をよく見せる手段のひとつとされています。そのため美容整形大国と言われるほど、美容整形が普通のこととして取り入れられています。

肌の白さやキメの細かさをいかした韓国風メイク(オルチャンメイク)や、韓流アイドルや女性グループのファッションを参考にする日本人も多く、若者の韓流人気を牽引しています。

2. 人間関係の繋がりを大切にする

韓国人は上下関係がはっきりしており、年功序列を重んじます。これは、儒教の教え「長幼の序」からきています。

初対面のときに、最初に年齢を聞かれるのはこのためです。

日頃の言葉遣いも年上の人には必ず敬語をつかいます。

年長者の言うことは絶対ですが、その分年長者は年下の人の面倒をよく見ます。

また親族や家族の間の絆はとても強く、韓国では一種の美徳とされています。そして韓国人は男性でも女性でも相手に尽くす傾向があります。

3. イベントが好き

韓国では、日本以上に家族や恋人と一緒に楽しむ記念日が多いと言われています。

家族同士だと、11月のキムジャン(キムチ作り)や、子どもの満1歳の誕生日を祝う「トルジャンチ」は伝統的なイベントです。

恋人同士だと、おつきあいを始めてから100日目、200日目、300日目といった節目を記念日として、男性が女性に対してプレゼントを贈ります。

また毎月14日は恋人の日といわれていて、シルバーデー、ダイアリーデーなど1年を通してイベントがあります。

日本にはない韓国のルールとは?

お隣の国といっても、日本と韓国では見た目は似ていますが、様々な点でマナーが異なります。

特に年長者へのマナーや食事・お酒の席でのマナー、礼節のマナーには注意をはらう必要があります。 

日本にはないルールなので、韓国人とおつきあいするときは意識して配慮したいポイントになります。

年上の人に対するマナー

韓国では年上の人に対するマナーが徹底しています。年上の人と会話をするときには、相手がパンマル(ため口、対等な言葉遣い)を許さない限り、敬語を使い続けます

年長者や年上の人の前では、タバコを吸うことはできません。どうしても吸いたいときは許可をもらいますが、背を向けて吸うなど配慮が必要です。女性の場合は、特に嫌がられてしまうため、外にでて人目をしのんで吸うことになります。

年長者や年上の人の発言は絶対と考えられているので、反論は禁止です。 

食事のマナー:箸やお酒のつぎたしに注意

食事の席では、いちばん目上の人が食べ始めるのを待ってから、自分も箸をつけます。

日本では、お茶碗やお味噌汁の器は手で持って食べるよう教わりますが、韓国ではテーブルの上に置いたまま食べるのがマナーです。

また日本では、ごはんもおかずも箸を使いますが、韓国ではご飯を食べるときはスプーンを使い、箸はおかずを食べるときだけ使います。食べ終わった後は、スプーンや箸は元の位置に戻します。

お酒の席では、乾杯のときには目上の人よりも少し下げてグラスを合わせます。お酌は必ず両手で注ぎ、お酒を飲むときは少し顔を横に向け、口元を隠すように飲みます。

また、お酒を途中でつぎたすのはマナー違反です。必ずグラスが空になっていることを確認してからお酌をしましょう。

そのほかのマナー

韓国では、あいさつ代わりに握手をすることが多いです。握手をするときは、握手しない方の手を自分の胸にあてるか、右ひじに軽く添えるのがマナーです。片手を添えることで尊敬の念を表します。

韓国では基本的に割り勘で支払うことは少なく、誰かひとりが全員分を支払います。お金を支払うのは一番の年長者で、カップルの場合は男性です。

訪日韓国人の特徴を紹介

訪日外国人客数に占める訪日韓国人の割合は年々増加しています。2019年度の8ヶ月間では、およそ470万人が日本を訪れています。

訪日韓国人のインバウンド消費の傾向を滞在期間、訪日目的、買物場所別にみていきます。

滞在期間と訪日回数

2018年の観光目的の訪日韓国人の滞在期間は、3日間以内が約30%、4~6日以内が約60%と短い日数の傾向にあります。

2011年から2017年の推移を見てみても大きな変化はありません。これは比較的移動距離が近いため、一度の滞在で長期間過ごすことへの動機づけが弱いためと考えられます。

訪日韓国人の訪日回数では、1回目が28.8%、2~5回目が48.8%となっており、2回目以上の訪日客が年々微増傾向にあります。

旅行情報はどこで仕入れる?

出発前は個人のブログが54.5%、SNSが36.1%、旅行ガイドブックが13.5%と、自国内で手軽に手に入る情報を頼りにしていることがわかります。

訪日旅行のプロモーションを行う際は韓国人のインフルエンサーなどを起用すると多くの人の目にふれることがでるでしょう。

買い物をする場所は?

観光目的の訪日韓国人の買物をする場所は、コンビニエンスストアが71.0%、空港の免税店が62.9%、ドラッグストアが46.4%、百貨店・デパートが32.5%となっています。

店舗数の多いコンビニエンスストアやドラッグストアは立ち寄りやすいこともあり、年々増加傾向にあります。

購入品目は、比較的購入しやすい菓子類や食料品、化粧品、医薬品・健康グッズなどが人気で、高額なカメラや時計、電気製品などは消費が少ない傾向です。

【ランキング】韓国人に人気の日本のお土産、1位は「招き猫」:韓国人が検索する日本のレストラン・化粧品・お土産TOP20調査より

ブルームストリート株式会社は6月25日、『韓国人が検索する日本のレストラン・化粧品・お土産TOP20』を発表しました。調査では韓国人が日本の製品について、どのような検索をしているのかが明らかになっており、今後のインバウンドの韓国市場対策において、重要なデータと言えるでしょう。韓国では、一連の日本商品の不買運動に伴い、日本旅行熱の低下も一部では伝えられていますが、SNSでは公開しないものの、日本ファンは引き続き旅行に訪れているとの情報もあります。今週12日~15日は韓国では中秋節の祝日もあり...


特徴を理解し、相手を尊重したおもてなしを

お隣の国である韓国は、見た目は似ているものの、文化、風習、マナーなどは全然違っています。

ニュースなどの一部の情報で、韓国の国民性などを知らずにマナーが悪いなどと決めつけてしまうのは悲しいことです。

年々増加する訪日韓国人に対し、お互いがそれぞれ違いをしっかり理解していれば、トラブルも回避できるでしょう。相手を理解することで親睦を深めるきっかけにもなり、ひいては今後のインバウンド消費の増加にもつなげることができるはずです。

8月の韓国人客「半減」の急降下…未曾有の「コリア・ショック」どう乗り切る?

観光庁の18日の発表によれば、8月に日本を訪れた韓国人旅行者数は、前年同月より48.0%減の30万8,700人にとどまりました。この数年は中国に続き市場2位であるインバウンド韓国市場ですが、今年7月からの対韓輸出規制強化により反日感情の高まりが実際に数字として表れたとも見られ、業界に驚きと不安を与えています。目次訪日外客数、11ヶ月ぶりに前年同月割れ訪日韓国人48.0%減が大きく影響「コリアショック」 「影響は9月から」と言われていたが…ボイコットジャパンが向かい風に「コリアショック」どう...

【韓国の反応】日本旅行を計画していた韓国人「69.3%」キャンセルの衝撃:韓国シンクタンク最新調査で判明

9月12日から9月14日は韓国のお盆、「秋夕(チュソク)」です。本来ならこの時期に日本旅行に来る韓国人も多いですが、今年は日韓関係の悪化に伴い、双国への旅行者減のニュースが目立ちます。韓国の文化観光研究院はこれに先立ち、韓国人の日本旅行に関するアンケート調査を実施しました。※Twitterの日本語訳は特に断りのない場合、訪日ラボ編集部による。目次日本旅行キャンセルの9割原因は「日韓関係悪化」なぜ韓国人は日本を旅行先に選ぶのか実際に中止・変更した韓国人の反応は?今後の日韓旅行にも影響…?日本...



関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!