白川郷に押し寄せる観光客「完全予約制」で解決:居住者の3,000倍になる年間180万人「美しい景色」「文化体験」に期待

公開日:2020年01月14日

居住者の3,000倍もの観光客が押し寄せる白川郷は課題が山積

合掌ホールディングス株式会社は、12月29日、観光公害オーバーツーリズム問題に直面している「白川郷に関するアンケート調査」の結果を発表しました。

今回の調査対象となった白川郷の集落の居住者は600人弱ですが、年間観光客の推計は約180万人です。プロモーションよりもマネジメントが最優先課題となっている現状です。

なお、調査期間は、2019年8~9月、国籍は問わず、2020年の来村予定者、FITを対象として、オンラインにて実施。有効回答数は、2,752人にのぼりました。

白川郷に関するアンケート調査

白川郷に関するアンケート調査

2019年の完全予約制導入と実行は観光客に評価

今回の調査によると、国籍の回答者比率は、台湾が35.6%、日本が18.0%、タイが14.2%、香港が13.1%、中国が5.1%。インバウンドの来日回数は、5回以上と回答した人が、51%と半数以上で、来村予定のほとんどが来日経験があることがわかりました。

また、白川郷に期待することとして、「美しい景色」と回答した人は39%。一方、「文化体験」と答えた人も25%にのぼり、体験プログラムを実施することが必須であることが判明。

お土産に関しては、中華圏からのインバウンドニーズが多かったのが日本のお菓子や和菓子で、合掌造りならではの商品が好まれることが明らかになりました。

さらに、「冬季ライトアップ」に関して尋ねたところ、2019年に「完全予約制」となったことを知っている人が、90%。この取り組みは、地域住民への理解、世界遺産保持、観光品質の向上のために「必要」といった意見が多数寄せられました。

イベント入場料を徴収することについては、89%が入場料を支払うことに賛成している一方、現在の1日券は1台当たり4,000円となっており、FITのような少人数の場合には、不公平感が否めず、入場料は1人当たりの料金が妥当であることが、今回の調査で明らかになりました。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

合掌ホールディングス株式会社 プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000047734.html

合掌トラベル ホームページ
https://gassho-travel.com/jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。