日本の銀行は外国人にとって利用しやすい?「手続き」「言語サポート」に不満、ATMや窓口に評価

公開日:2020年03月26日

日本の銀行に対する意識調査

ソニー銀行株式会社は、在留外国人を対象に「日本の銀行に対する意識調査」を実施。3月23日の発表によると、ATMや窓口への評価は高いものの、複雑な手続きに不満を感じている人も多いことが分かりました。

日本の銀行に対する意識調査

日本の銀行に対する意識調査

日本で銀行口座を持った人はほぼ100%

同調査は、日本に住んでいる外国人500名に行っています。銀行口座開設経験は99.6%。理由は「給与などの振込先」82.9%、「家賃、光熱費等の引き落としのため」が51.4%です。

日本の銀行に対するイメージを聞いたところ、「ATMなどの端末が便利」と回答した人が50.4%、「窓口の対応が良い」は40.4%、「セキュリティがしっかりしている」は33.8%でした。

ほかにも店舗数が多い、安心して利用できるなどの回答があり、高い評価を受けています。

窓口とセキュリティで高評価、一方で不満も?

一方で、日本の銀行手続きに不満を感じたことがあると回答した人は61.0%。

内容は「手続きに必要なものが多すぎる」で47.6%、「言語サポートが不足」43.6%、「手続きに時間がかかる」36.3%、「できる時間・日にちが限られている」36.3%などがあげられています。

あったらいいなと思う日本のサービスの上位は、「窓口なしで手続きが完了できるWEBサービス」64.8%、「多言語サポート体制」57.4%、「海外送金が簡単にできるシステム」40.2%など。

店舗とネットのどちらかで手続きを行いたいか聞いたところ、「ネット」の回答が66.6%、「店舗」は33.4%でした。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

ソニー銀行のプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000360.000000157.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。