日本のIR(統合型リゾート)はどうなる?コロナの影響・観光業との関係・懸念事項

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

観光による消費金額の増加を目指す日本にとって、どのような宿泊施設に観光客を誘導するかは、重要なポイントの一つとなっています。

中でもIR(統合型リゾート)と呼ばれる、ホテルにカジノやショッピングモールなどを備えた複合施設が近年注目を集めていました。ところが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、新規投資案件でもあるこのIR事業は議論を先送りにされてしまってもいます。

3月にアメリカ国内で新型コロナウイルスの感染が拡大すると、IRの街ラスベガスでも順次関連施設が閉鎖となりました。同月末にはアメリカのほぼすべてのカジノIR施設が閉鎖されました。

日本では東京都知事選で小池百合子氏が再選を果たしたことで、東京IRの可能性に注目が集まります。

今回の記事では、IRの概要とその問題点、日本がIRを誘致しようとしている候補地について紹介します。

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

統合型リゾート(IR)とは?

IRは、Integrated Resortの略称で、日本語では「統合型リゾート」と呼ばれます。

IR施設の特徴について解説します。

ホテルにカジノやショッピングモールなどが一体化した複合観光集客施設

従来の日本の観光地の宿泊施設には温泉、レストランなどを備えている以外は、ちょっとした遊び場や休憩室程度の設備のみが備わっているのが一般的です。

IR(統合型リゾート)では、その範囲を大きく飛び越え、カジノや劇場、国際会議場や展示会場などのMICE施設、ショッピングモールなどを建設し、このリゾート一体で休暇をすべて過ごすことのできるような施設の集合体となることが目指されています。

IR導入で訪日外国人の満足度向上を目指す

日本政府は、訪日外国人観光客数の目標人数を2020年までに4,000万人、2030年までに6,000万人と掲げています。

IRの建設により、さらなる外国人観光客の誘致を目指し、日本経済の活性化を図ります。さらに、集客力の高い大型集客施設ができることによる地方創生にも期待されています。

アジアのトレンド産業である

このIR産業は、アジアではトレンド産業となっており、マカオやシンガポール、フィリピン、韓国、極東ロシアなどでは、このIRの誘致が相次いでいます。

このような集合型の施設を作ることによる消費金額の増加は、地域活性化のみならず、税収の増にもつながります。

国際的にも注目されているIR建設ですが、その代表的な例には、シンガポールにある「マリーナ・ベイ・サンズ」が挙げられます。この「マリーナ・ベイ・サンズ」の建設により、シンガポールの観光業界は、大きく好転したことで知られています。

IR誘致で懸念されること

このように、雇用創出や観光客による消費金額の増加など、良い効果ばかりが注目されるIR建設ですが、問題点もあります。この項目では、IRによる弊害の例について紹介します。

IRの中に建設されることになるカジノ」によるギャンブルの問題がその一つです。

ギャンブル依存症

ラスベガスのあるネバダ州では、地元に住んでいる人の半分近くがギャンブル依存症とも言われており、カジノのように大きな金額を左右するギャンブルは、依存に繋がりやすいと言われています。

これに対し、日本政府は「ギャンブル等依存症対策基本法」を定め、各自治体に十分な対策を講じることを義務付けています。具体的には、「週3回・月10回までの入場制限」「クレジットカードによるチップ購入を禁止」といった依存できない環境づくりを検討しています。

治安の悪化

カジノを設置することで、治安の悪化や、犯罪率の上昇を懸念する声もあります。

大金が日常的に取引されることや、外国人観光客を始めとした多くの人が集まることから、犯罪が起こりやすくなる可能性があると指摘されています。

韓国にあるカジノ「カンウォンランド」周辺では、現在はギャンブル依存症者で溢れ、質屋や、消費者金融などが並び、お金を無くした人が住みつく「カジノホームレス」ができるなど、社会問題となっています。

一方で、カジノを2010年に開設したシンガポールでは、人口全体に対する犯罪率の変動は見られない他、カジノ訪問者はオープン時と比べ半分にまで減少しました。ギャンブル依存症の率も2011年の2.6%から2017年には0.9%まで減少しています。

韓国とシンガポールのカジノに関する規制で大きな違いは「自国民の入場料」です。シンガポールは約8,000円(約100SGD)であるのに対し、韓国は約700円(7,500ウォン)です。物価の違いもあるため一概に比較はできませんが、金額の手軽さが犯罪率やギャンブル依存症の増加につながる一因といえるでしょう。

日本では入場料が6,000円に設定される見込みです。この金額が、正常な治安の維持やギャンブル依存症を増やさないことにどのくらい寄与するかは今後も観察が必要です。

マネーロンダリング

また、カジノマネーロンダリングに利用される可能性があることも、問題の一つとして挙げられます。マネーロンダリングとは、麻薬密売など、不法に得たお金を、足がつかないように他の紙幣に差し替えることを指します。

カジノでは、「違法な手段で入手した資金をゲームに賭けて負けることで一旦カジノ側に移し、その後勝利し綺麗なお金として取り戻す」という常套手段があり、これらの対策として、身分証提示や本人確認、取引記録の作成・保存を義務付ける必要があります。

日本へのIR誘致、有力候補地3箇所

このようにメリット、デメリットの両面があるIRの建設ですが、具体的な候補地はどこが挙げられるのでしょうか。この項目では、有力とされている3つの候補地について紹介します。

万博に合わせて開業したい!「大阪」

まず一つ目の候補地は、大阪です。万博開催が決定している大阪では、その開催年である2025年に合わせてIR施設の開業を希望しています。

大阪には、十分は規模の土地がある上、都市としての立地に恵まれているため、外国人観光客の流入も見込めます。また、IR誘致に向けた各団体、住民の意見が比較的まとまっていることも有力な候補地としての理由の一つです。

しかし、新型コロナウイルスの影響を受けて、大阪では先行して進んでいた提案書の提出期限を当初の計画から3か月遅らせることが2020年3月27日に発表されました。

このような状況下において、IRへの数百から数千億規模の投資を決定することは現実的ではないという判断が伺えます。

大阪インバウンド事情、客層に変化アリ:欧米豪市場をAI解析、さらなる成長目指す

東京に次ぐインバウンド市場を形成する大阪は、毎年数多くの訪日外国人を受け入れています。また、2025年には万博こと日本国際博覧会が大阪で開催されるため、今後も大阪のインバウンド市場は盛り上がるとみられています。一方で2019年上半期には、大阪インバウンド市場の客層に変化が見られました。そこで今回は、2019年上半期の大阪におけるインバウンド事情を改めて紹介するとともに、2019年上半期に観測された客層の変化を分析し、今後の大阪インバウンド市場を展望します。サンプル版ダウンロードはこちら調査...

政府お墨付きの「神奈川」

政府の「お墨付き」と言われる神奈川県は、みなとみらいエリアの「山下ふ頭の再開発」としてIR誘致が掲げられています。東京からのアクセスもよく、もともと国際的な都市のイメージのある横浜では、これらの複合リゾートの建設による大きな収益が望めます。

問題点としては、ギャンブル依存症や治安悪化を懸念する地元住民からの反対意見が多く、それぞれの意見がまとまり切れていない点が挙げられます。

茅ヶ崎市で、マザー・テレサの生まれ故郷「北マケドニア」の食文化に触れられるワケ:神奈川県のホストタウンまとめ

神奈川県の温泉地として有名な湯河原では、28品種約4,000本の梅が見頃を迎え、連日多くの観光客が訪れています。来月上旬まで、園内では「梅の宴」と題して、寄席やコンサートなどのイベントの開催を予定しています。1日まではライトアップも行われます。2020東京オリンピック・パラリンピックに向け、外国人の受け入れを始めとした様々な取り組みが行われています。そのうちの一つで、地方自治体が中心となって行うものに、「ホストタウン」があります。今回の記事では、神奈川県における「ホストタウン」への取り組み...


中国・韓国などのアジア地域から好アクセス「長崎」

三つ目の有力候補地は、ハウステンボスのある長崎県です。

このIR事業では、ハウステンボスの一部をIR整備候補地とされています。ここにIRを開業するメリットとしては、すでに完成されたリゾート地の基礎とインフラがあることから、初期費用が少なくて済む点です。

また、近隣の地元住民の賛成意見が比較的多いことも、追い風となっています。長崎県の立地上、中国や、韓国、台湾からの外国人観光客の流入も期待されます。

「城泊」富裕層が夢中にならないわけがない?!長崎県平戸城、宮城県白石城の取り組み:サンマリノ駐日大使も日本の伝統文化を体験

インバウンド向けのユニークな宿泊コンテンツとして「城泊」が注目されています。2020年夏までに、長崎県平戸市にある平戸城の「城泊」開業と、宮城県白石市にある白石城の「城泊」旅行商品化が予定され、地域の歴史的資源や重要文化財を活用した地域活性化が期待されています。今回は、新たなインバウンド誘客コンテンツとしての「城泊」について、狙いやこれまでの取り組みを解説します。目次「城泊」で欧米豪観光客の富裕層を取り込み平戸城が日本初の常設「城泊」へ白石城でサンマリノ駐日大使が「城泊」体験まとめ:インバ...


実現にあたって課題は残る

このように、IR(統合型リゾート)の建設にあたっては、大きな経済効果が見込まれる一方で、いくつかのデメリットも想定されます。

これらのデメリットは、他の国の事例などを参考にしながら、慎重に事前の対策を講じることが、建設による悪影響を最小限に抑える鍵になると言えます。シンガポールの「マリーナ・ベイ・サンズ」の例のように、国内の観光客だけでなく、外国人観光客への集客が見込めるため、観光立国を目指す日本では、このIRの建設が日本観光の大きな見どころとなる可能性が期待されています。

しかし、新型コロナウイルスが世界的に感染が拡大し、観光業界のみならず世界経済に大きなダメージを与えている現在、このような大型の新規投資案件を進めることは決して容易ではないようです。

日本の観光産業への大きな貢献が期待されるだけに、今後とも実現に向け慎重な議論を重ねることが望まれます。


インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

4月までに学んでおきたい!【基礎から始めるインバウンド対策】 〜ラーチーゴー & ジャパンガイドが教える市場別最新データ〜


4月から観光・インバウンドに関わる仕事に就いたり、関連部署へ異動となり、知識のインプットに追われていませんか?また、より一層事業を推進するために必要な学び直しの機会を設ける担当者も増えてきております。

このセミナーでは、

  • 新担当になって、インバウンドの何から始めたらいいか分からない
  • インバウンド推進が本格化し、改めて情報やノウハウを学び直したい
  • そもそもインバウンドに興味があるが、情報を収集できていない

方にとって必要な基礎情報と、知っておきたい新情報をお届けする機会となっております!

詳しくはこちらをご覧ください。

4月までに学んでおきたい!【基礎から始めるインバウンド対策】 〜ラーチーゴー & ジャパンガイドが教える市場別最新データ〜

【インバウンド情報まとめ 2024年4月】3月訪日外国人数「300万人」突破 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年4月版レポートから、3月〜4月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
3月訪日外国人数「300万人」突破 / 2月の世界航空需要、コロナ前から完全回復【インバウンド情報まとめ 2024年4月】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる4月から観光・インバウンドに関わる仕事に就いたり、関連部署へ異動となり、知識のインプットに追われていませんか? また、より一層事業を推進するために必要な学び直しの機会を設ける担当者も増えてきております。
このセミナーでは、
新担当になって、インバウンドの何から始めたらいいか分からない
インバウンド推進が本格化し、改めて情報やノウハウを学び直したい
そもそもインバウンドに興味があるが、情報を収集できていない
方にとって必要な基礎情報と、知っておきたい新情報をお届けする機会となっております!
詳しくはこちらをご覧ください。
→4月までに学んでおきたい!【基礎から始めるインバウンド対策】 〜ラーチーゴー & ジャパンガイドが教える市場別最新データ〜

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに