中国人ママが韓国より「日本製」選ぶ理由:コロナで越境EC需要増、口コミ重要に【Onedot株式会社:中国人ママ100名「越境EC意識・行動調査」】

公開日:2020年06月03日

新型コロナウイルスの影響で外出制限が続いたことで、中国国内では越境ECでの消費が拡大しています。

Onedot株式会社が中国・上海のママ100名を対象に行った越境ECに関するアンケート調査によると、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う入国制限で中国からのインバウンド消費が大きく影響を受ける中、中国本土では国内で消費する傾向が顕著にみられました。

日本へ旅行ができず、「代理購入」による並行輸入品の販路も断たれたことで、越境ECの公式チャネルを通じて日本製品を購買する動きとなっています。

新型コロナウイルスの影響で中国国内の購買行動も変化しており、これからインバウンド消費にも影響が出てくると思われます。越境ECで日本製品が人気を得る秘密を紐解いていくことで、今後の中国向けインバウンド対策のヒントになるかもしれません。

関連記事
中国人「感動して涙が止まらない」…コロナ禍、中国SNSで"バズった"3つのエピソードからみる中国人の心の琴線に触れるPRとは
リベンジ消費とは|中国ではすでに消費拡大!アフターコロナに向けたインバウンド対策

国別比較では日本製品の購入増1位、2位の韓国引き離す

新型コロナウイルスの影響で、中国では多くの地域で外出制限などの厳しい制限を余儀なくされました。

今回のアンケートは中国・上海のママ100名を対象に越境ECに関する意識・行動についてたずねたもので、約6割が日本製品の購入が増加したと回答しています。

国別に比較すると、2位の韓国を大きく引き離して日本の購入増が1位となり、日本製品は中国人ママ向けの越境ECにおいてきわめて優位なポジションにあるといえます。

越境ECでの日本製品購入額が増えた理由としては、「日本に行って買い物ができない」が1位となっています。

▲[越境 EC での購⼊増 国別比較]:Onedot株式会社 越境ECに関する意識・行動調査
▲[越境 EC での購⼊増 国別比較]:Onedot株式会社 越境ECに関する意識・行動調査

化粧品類の需要増

越境ECで購入が増えた日本製品のTOP3はスキンケア、メイク、ボディ・ヘアケアと化粧品類が独占しています。

▲[越境 EC で購⼊が増えた⽇本製品]:Onedot株式会社 越境ECに関する意識・行動調査
▲[越境 EC で購⼊が増えた⽇本製品]:Onedot株式会社 越境ECに関する意識・行動調査

中国全体としては外出減によりアニメ関連製品の需要が増えている一方、今回のアンケート対象者は育児で趣味に使う時間が少ないためか、本、雑誌、CD、DVDの需要は他の項目ほど伸びていませんでした。

「日本製」の化粧品人気の理由

日本製品の化粧品が人気である理由としては、日本製品全体に対し、質が高く「安全・安心」という印象があるためだと考えられます。

また、中国国内で日本製品の口コミが投稿されていることも一因として考えられます。口コミには一般消費者だけでなく、インフルエンサーソーシャルバイヤーらも製品の口コミを投稿しており、越境ECの消費に影響を与えています。

【中国】新EC法で爆買いに「待った」の中でも化粧品が勝ち抜ける理由とは?

中国人観光客による一度に大量購買する行為「爆買い」が広まった時期の購買対象は、主に高級ブランド品や電化製品などでした。現在は化粧品や医薬品、ベビー用品、お菓子などの日用品に変化しています。一部では中国人観光客の爆買いが終わったと言われていましたが、実は消費対象がかわり以前よりも単価の低いものが爆買いの主流になっています。このような中国人爆買い消費には、日本で購入した商品をSNSなどを通じて中国人向けに販売する人々「ソーシャルバイヤー」が大きく影響を与えてきました。しかし、今年1月1日に中国...

越境EC需要増、口コミの重要性増す

日本製品が越境ECで人気となった理由として、渡航制限で日本に行って買い物ができなかったためという回答が多数を占めています。

また、今後も日本製品を越境ECで購入することが増えるという回答が7割以上あることから、アフターコロナには越境ECでの日本製品の需要が伸びることが予想されます。

訪日して購入する理由として「買う前にその場で試せる」という点が大きかったため、越境ECでの購入が増えれば今まで以上に実際に使用した人による口コミの重要性が高まると考えられます。

中国国内で化粧品の口コミを見られるサービスとして、最近は小紅書(RED)や抖音(TikTok)が注目されています。影響力のあるインフルエンサーソーシャルバイヤーを活用した取り組みも行われており、アフターコロナのインバウンド施策としてさらなる注目を集めることになるでしょう。

中国ECアプリの小紅書(RED)とは

中国ではあらゆるサービスがオンライン化しており、ショッピングもスマホで完結するECが人気です。ECの2大巨頭はアリババの「タオバオ」「Tmall」そして京東の「JD.com」ですが、その他にも多様化する消費者のニーズにこたえるECプラットフォームが存在します。こうした細分化されたECサービスのうちの一つが、小紅書(RED/シャオホンシュ)です。情報収集チャネルとしても活用されているこのECは、スマートフォンのアプリでサービスを展開しています。そしてその人気は日本でも徐々に知られつつあり、日...

<参照>

観光経済新聞:【データ】中国人ママ100名「越境EC意識・行動調査」

Onedot株式会社プレスリリース:中国⼈ママ 100 名、越境 EC 意識・⾏動調査

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!